ブログ
ブログ
エリアTopへ戻る
過去の情報一覧
  • 京都府
【ブログ】 DailyBeautyNavi

古都の雅な「中秋の名月」イベント 十五夜のお月見で女子力向上

※この記事は「Daily Beauty Navi」の記事からセレクトしています。

  • 写真提供:大覚寺(旧嵯峨御所大覚寺門跡) 写真提供:大覚寺(旧嵯峨御所大覚寺門跡)
  • 秋はお月見の季節。
    とりわけ月が明るく美しく映るとされる旧暦8月15日(十五夜)の「中秋の名月」には、古来より宴が催されてきました。
    月は自然や人の心身にさまざまな影響を及ぼすことが知られていますが、中秋の名月の頃は、この月のパワーが一年で最も強まるとも。
    新暦で今年は9月8日が十五夜。
    せっかくなら最強のパワーチャージを期待して、雅な古都でお月見を堪能してみませんか?

    まずは京都市内。
    大覚寺では9月6日(土)~8日(月)に「観月の夕べ」を開催。
    風雅な舟から月を愛でたり、月下でお茶をいただくなど神秘的な催しが(すべて有料)。
    下鴨神社でも9月8日(月)の夜に、神事や篝火で照らされた舞台での舞楽、十二単の平安貴族舞など「名月管絃祭」が無料で見学できます。

    石川県金沢市では9月6日(土)~8日(月)、金沢城公園と兼六園が夜間開園に(無料)。
    十五夜の月光に浮かぶ名城・名庭が堪能できます。
    また、神奈川県鎌倉市の松岡山東慶寺では10月6日(月)に"十五夜に並ぶ美しさ"とされる十三夜のお月見の会が。

    秋の夜長、日常を忘れて中秋の名月パワーで美を磨く特別な夜をぜひ!

  • ※掲載内容は、2014年8月30日現在のものです。

  • 関連リンク

2014年08月30日(土) 更新
その他の情報
エリアTOPへ戻る
現在、該当コンテンツが存在しません。
ほかコンテンツをお楽しみください。