ブログ
ブログ
エリアTopへ戻る
過去の情報一覧
  • 大阪府
【ブログ】 DailyBeautyNavi

ギネス認定!ご当地野菜 なにわ・守口大根VS鹿児島・桜島大根

※この記事は「Daily Beauty Navi」の記事からセレクトしています。

  • ギネス認定・桜島大根<鹿児島県観光連盟提供画像> ギネス認定・桜島大根<鹿児島県観光連盟提供画像>
  • 「ご当地ならではの味」で忘れてはいけないのが、その土地独特の野菜。
    いわゆる伝統野菜です。
    伝統野菜をフィーチャーした山形県のイタリアン「アル・ケッチャーノ」が大人気になるなど、いま、伝統野菜が見直されつつあります!

    戦後は品種改良や食生活の洋風化で、段々と食卓から消えていった伝統野菜。
    たとえば江戸時代には「天下の台所」と呼ばれた大阪でその独特の食文化を支えたのが「なにわ伝統野菜」です。
    その中でもユニークなのが「守口大根(もりぐちだいこん)」。
    太さ数センチメートルに対して、長さが約1メートルもある長い大根で、世界最長の大根と言われています!
    なお2013年11月23日には、191.7センチメートルの守口大根が“世界最長”と認定されました。

    「守口大根」に並ぶユニークな伝統野菜が九州・鹿児島の「桜島大根」!
    錦江湾に浮かぶ火山・桜島で古くから栽培されてきた「桜島大根」は一本あたり10~20キロにもなる巨大な大根。
    こちらは世界一大きな大根としてギネスブックにも認定されています(31.1kg・2014年現在)。
    不恰好だけど、味はぴかいち。

    もちろん大根なのでビタミンCが豊富で、辛み成分のイソチオシアネートに血液サラサラ効果もあるとか!?
    伝統野菜は独特の風味はもちろん、抗酸化作用など栄養価が高い点も見逃せません。
    ユニークな伝統野菜には、キレイのもともいっぱいつまっている!?

  • ※掲載内容は、2014年10月23日現在のものです。

  • 関連リンク

2014年10月23日(木) 更新
その他の情報
エリアTOPへ戻る
現在、該当コンテンツが存在しません。
ほかコンテンツをお楽しみください。