ブログ
ブログ
エリアTopへ戻る
過去の情報一覧
  • 京都府
【ブログ】 DailyBeautyNavi

12月22日は19年ぶりの朔旦冬至 太陽と月のコラボで運気↑

※この記事は「Daily Beauty Navi」の記事からセレクトしています。

  • 月が最も欠けた新月と冬至の日が重なる「朔旦冬至」 月が最も欠けた新月と冬至の日が重なる「朔旦冬至」
  • 朔旦冬至の今年、「かぼちゃ供養」が行われる矢田寺 朔旦冬至の今年、「かぼちゃ供養」が行われる矢田寺
  • 2014年12月22日(月)は、19年に1度しか訪れない、とってもおめでたい「朔旦冬至(さくたんとうじ)」の年なんです。でも「朔旦冬至」という言葉を聞いたことがない人も多いかもしれません。

    そもそも「冬至」とは、1年の間で昼の時間が最も短くなる日。昔の中国や日本では冬至の日を「太陽が復活する1年の始まりの日」と考えました。一方の「朔旦」とは、満ち欠けを繰り返す月が最も欠けている新月の日、「月が復活する日」です。つまり、月と太陽のサイクルから考えて、19年に1度しかない月と太陽の復活が重なる日のことを「朔旦冬至」と言います。

    そんなとってもおめでたい今年の冬至。日本各地で様々なイベントが行われます。京都の「矢田寺」では、12月23日(火・祝)に、冬至のイベントである「かぼちゃ供養」が行われる予定です。1年間の無病息災を願ってお供えされた、京野菜の鹿ケ谷かぼちゃなど、たくさんのかぼちゃのお供え物が楽しめます。

    また、三重県伊勢市にある「おかげ横丁」では、12月22日(月)の朝11時から、冬至に食べると病除けになる小豆とカボチャの煮物が約300人の方に振る舞われる予定です。まるで江戸時代にタイムスリップしたかのよな、風情ある町並みも魅力的!

    運気アップも期待できるという、19年に1度のスペシャルな「朔旦冬至」に、来年の幸せを祈りましょう!

  • ※掲載内容は、2014年12月7日現在のものです。

  • 関連リンク

2014年12月07日(日) 更新
その他の情報
エリアTOPへ戻る