ブログ
ブログ
エリアTopへ戻る
過去の情報一覧
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 滋賀県
【ブログ】 Beauty&Co.

驚くほど仕上がりに差が出る!ヘアアレンジ前のアイロンテク

※この記事は「Daily Beauty Navi」からセレクトしています。

  • トップはしっかりボリュームを出して!/アイロンテク トップはしっかりボリュームを出して!/アイロンテク
  • サイドはヘアアレンジに合わせて変化を/アイロンテク サイドはヘアアレンジに合わせて変化を/アイロンテク
  • 後ろの髪は手前に持ってくると巻き易い/アイロンテク 後ろの髪は手前に持ってくると巻き易い/アイロンテク
  • せっかくヘアアレンジをしたのに、しっくりこなかったり、オシャレに見えなかったりすること、ありませんか?
    その原因、「こなれ感」不足かもしれません。
    実は、髪の毛がストレートのままだと、雰囲気やニュアンスといった「こなれ感」が出にくく、野暮ったく見えてしまうんです。
    簡単にこなれ感が出せるヘアアイロンテクを身につけて、ヘアアレンジをもっとかわいく仕上げましょう♪

    【全アレンジ共通】トップはしっかりボリュームを出して!

    まずはトップの髪から巻いていきます。
    ヘアアイロンの太さは32mmくらいが◎。
    毛束を縦横3~4cmの幅ですくい取り、髪の毛の中間部分から巻きはじめ、毛束を前に倒しながら根もとまで巻きつけます。
    こうすることでトップにボリュームが生まれます。
    毛先は巻かずに外しておきましょう。

    サイドはヘアアレンジに合わせて変化を

    トップの髪を巻き終えたら、つぎはサイド。
    サイドの髪はこの後のアレンジに合わせて巻く向きを変えます。
    まとめ髪なら外巻き、ダウンスタイルなら内巻きと外巻きをミックスさせるのがオススメです。

    トップの巻き方と同様、髪の毛の中間部分から巻きはじめ、根もとまで巻きます。
    毛先は反対の手で軽くつまんでおくと、巻きやすくなります。

    毛先はアイロンに巻きつけず、そのままスーッとすべらせてアイロンを引き抜いていく程度でOK。
    ヘアアレンジの仕上がりをキレイに見せる下準備として巻く場合は、毛先は巻きすぎず、軽くクセをつける程度にすると、よりこなれ感がUPします。

    後ろの髪は、手前に持ってくると巻きやすい!

    自分では見えない後ろの髪の毛は、手前に持ってきて巻くと、巻きやすくなるだけでなく、ヘアアイロンが耳にあたって「熱っ!」となるのも防げます。
    巻き方はサイドのときと同じ。
    中間~根もとを巻いて、毛先はアイロンをすべらせる感じで軽くクセづけしたら完成です。

    軽くカールをつけておくだけで、ヘアアレンジの完成度は見違えるくらいにUP。
    やるとやらないとじゃ大きな差が出るので、やっておいて損はありませんよ~!

    ●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

  • ※掲載内容は、2015年3月7日現在のものです。

  • 記事プレゼンター

    伊藤礼子
    (資生堂ヘア&メーキャップアーティスト)
    ※アーティスト詳細は「関連リンク」から

  • 関連リンク

2015年03月07日(土) 更新
その他の情報
エリアTOPへ戻る
現在、該当コンテンツが存在しません。
ほかコンテンツをお楽しみください。