ブログ
ブログ
エリアTopへ戻る
過去の情報一覧
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 滋賀県
【ブログ】 Beauty&Co.

【非常時に備える】シート1枚でできるボディ&頭皮ケア

※この記事は「Daily Beauty Navi」からセレクトしています。

  • 意外と知らない「もしものときのボディ&頭皮ケア」 意外と知らない「もしものときのボディ&頭皮ケア」
  • 皮脂腺が多く存在する部位を意識して拭き取りましょう 皮脂腺が多く存在する部位を意識して拭き取りましょう
  • アウトドアでも使える!頭皮の効果的な拭き方 アウトドアでも使える!頭皮の効果的な拭き方
  • 東日本大震災が起きてから4年。
    多くの方が非常時の備えを今一度見直す時期ですよね。
    非常袋などの備えも、もちろん大事ですが、じつは意外と知られていないのが「もしものときのボディ&頭皮ケア」。
    水が使えない、シャワーを使うことができない場面で役立つケア方法について、資生堂ビューティースペシャリスト生駒広子さんにお聞きしました。

    ◆シート1枚で全身を拭くコツを覚えておこう!◆
    非常時は、お風呂やトイレといった衛生面の悩みが多くなりがち。
    そこで活躍するのがウェットシートやボディシートなどのシート類。
    汗でベタついた身体や頭皮を拭いたり、臭いケアにも使えるので、ぜひ備えておきましょう。
    そして、合わせて知っておきたいのが、「シートを使った効果的な拭き方」。
    非常時には、シート類さえも大変貴重になるので、1枚で効率的に全身を拭き取ることが重要になります。

    ◆シート1枚で全身を拭くときのポイント◆
    (1)上から下へ。拭く順番が大事!
    最初に顔、次に首やワキの下などを拭きます。
    さらに、身体の汚れやすい部分を拭き、最後に足という順番で使いましょう。
    途中で汚れが気になりだしたら、シートを裏返すサインです。

    (2)身体の中心部分を意識して拭く!
    胸の中央、背中の上部、ワキの下、陰部など身体の中心部分には、臭いを発する皮脂腺が多く存在するので、そこを意識しながら拭き取りましょう。
    臭いをより効果的に軽減させることが出来ます。
    その他にも、耳の後ろ部分は汚れや汗が溜まりやすい箇所なので、しっかり拭き取ることをオススメします。
    ちなみにアルコールやメントールなどの冷感を伴う成分が含まれるシート類を利用する時は、目のまわりなど皮ふの敏感な部分を拭くことは避けましょう。
    また、シート類がない場合は、タオルやティッシュに少量の水を含ませても代用できます。

    ◆アウトドアでも使える!頭皮の効果的な拭き方◆
    頭皮の臭いは、自分でも感じやすく、日常生活でも気になりやすいところ。
    頭を洗えない状況でもシートを使って頭皮を拭き取ることができます。
    1.人差し指などを使って、髪に分け目を入れ、頭皮が見える状態にします。
    2.次にシートを人差し指にぐるりと巻き付けます。拭き取る側面は拭きやすいように平らに整えると更に効果的!
    3.分け目部分に、シートを巻き付けた人差し指を当て、頭皮に沿わせながら拭き取って行きます。分け目を変え、さらに拭き取ります。シートが汚れてきたら、清潔な面に変え、人差し指に巻き直しましょう。これを繰り返し、頭皮全体の汚れを落とします。

    ご紹介した衛生ケアは、病気でお風呂に入れないときや、アウトドア時にも活用できるので、日常生活にもぜひ取り入れてみてください。
    また非常用持ち出し袋に、「水のいらないタイプのシャンプー」や、ボディシートを入れておくと、もしもの時に役立ちますよ。

    ●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

    【参照】資生堂資生堂ニュースリリース
    photo:thinkstock

  • ※掲載内容は、2015年3月21日現在のものです。

  • 関連リンク

2015年03月21日(土) 更新
その他の情報
エリアTOPへ戻る