Q.子供が化粧品を口に入れてしまったのですが、大丈夫でしょうか?

A

化粧品のほとんどは食べたり飲んだりしても安全で、お子さまの様子が普通であれば心配はいりません。周囲にこぼしたりして体内に入っている量はごくわずかということがほとんどだからです。クリーム、乳液、ファンデーション、口紅、固形パウダーは毒性が低いため、ほとんどの場合中毒のおそれはありませんが、油分が入っていると下痢をおこすことがあります。

ただし、様子に異常が見られたり、下表の注意を要する化粧品を多量(体重10kgあたり、およそ50ml以上)に飲んだ場合は、ただちに医師の診察を受けることをお勧めしています。

注意を要する化粧品

化粧品 対処法
ヘアカラー(1剤)
脱色剤(1剤、またはA剤)
アンモニア水を含有。アルカリ性なので、吐かせずに牛乳などを飲ませます。なお、2剤は過酸化水素水で毒性は低いものです。
パーマネントウェーブ(1剤) チオグリコール酸などの還元剤を使用。アルカリ性なので対処法は同上。
パーマネントウェーブ(2剤) 臭素酸塩、過ホウ素酸塩などの酸化剤。1剤と反対に水か牛乳を飲ませて吐かせます。
ネールエナメル
エナメルリムーバー
エナメルうすめ液
アセトン、酢酸ブチルなどの有機溶剤が配合されています。はかせると気管に入りやすく、肺炎を起こすこともあるので、何も飲ませず、吐かせません。
ヘアトニック
アフターシェーブローション
香水 オーデコロン
エタノール(エチルアルコール)が配合されているので、大量に飲むと急性アルコール中毒になるおそれがあります。水が牛乳を飲ませ、内容物を薄めます。

Page Top


ホーム > ワタシプラストップ > お客さまサポート > 誤って口に入れてしまった場合