さまざまな肌悩みと向き合い、肌のことを知りつくした皮ふ科医が、毎日のスキンケアに役立つポイントや肌トラブルへの心がまえについてアドバイスします。※d プログラムは、敏感肌の方のご協力によるパッチテスト等を行いながら開発されています。

今こそ気になる大気汚染
私たちの肌にはどんな影響があるの?

私たちの生活空間には、燃焼で生じた煤煙や排気ガスなどの様々な大気汚染物質が浮遊しています。最近では、気象庁が黄砂の飛来状況について情報発信を行うなど、大気汚染への関心が社会的にも高まっています。近年特に問題視されているのがPM2.5。粒子径が2.5μm(2.5mm の1/1000、毛髪の直径の約1/30 程度)以下の非常に小さな大気汚染物質を指し、肺の奥深くまで入りやすいため、呼吸器系や循環器系への影響が懸念されています。健康への影響がクローズアップされやすい大気汚染ですが、実はこれらがアレルゲンとなり、肌にも悪影響を与えます。大気汚染によるアレルゲンが肌機能を低下させ、特に「敏感肌」の人にとっては大きなリスク要因となりがちです。

大気汚染物質(アレルゲン)の種類

燃焼で生じた煤煙 自動車の排気ガス 建設作業や自動車のタイヤから巻き上げられる粉じん 黄砂 タバコの煙

肌が大気汚染物質にさらされると、肌トラブルの原因「活性酸素」が過剰発生

バリア機能(角質層)が低下した敏感肌は、紫外線や大気汚染(外部刺激)によるダメージを受けやすい状態になっていますが、加えてそれらの外部刺激によって、『活性酸素(フリーラジカル)』が肌内部に発生しやすい状態になります。活性酸素は酸化力が強力な酸素のことで、本来は私たちの体を外部の刺激(細菌やウイルス)から体細胞を守ってくれる大切な役割を担っています。ところがその防衛力が強すぎるため、増えすぎると活性酸素の作用で肌細胞が酸化を引き起こし、細胞やDNA を傷つけてしまうのです。そのため、肌が大気汚染にさらされ続けると、肌を守るために活性酸素が過剰発生して酸化による肌ダメージが起こりやすくなります。

活性酸素が与える肌への影響

活性酸素は細胞膜に含まれる不飽和脂肪酸と結びついて酸化させ、過酸化脂質という有害な物質を作りだします。過酸化脂質は細胞内部に浸透する性質があり、体内にとどまる時間も長いため体に害を与えやすく、細胞や組織を破壊したり、老化色素であるリポフスチンを作り、細胞の動きを止めてしまうと言われています。結果として、メラニン色素を誘発させてシミの原因となったり、皮脂の酸化による刺激でニキビの炎症を招いて悪化させたり、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンを破壊し、シワ、たるみ、肌の老化を促進します。

大気汚染物質から肌を守るためには?

まずは活性酸素を作らせないこと、つまりアレルゲンである大気汚染物質から肌をしっかりと守ることが重要です。最近では空気中のアレルゲンから肌をブロックしてくれる機能性コスメも発売されているので上手に活用しましょう。食品の中に含まれるビタミンC やビタミンE などの抗酸化物質を摂取することも活性酸素をおさえるのに有効です。さらに、肌荒れやしみが目立つ、風邪をひきやすくなった、疲れがとれないといった症状がみられたら要注意。タバコやアルコールを控える、運動する、ストレスをためないなど、活性酸素を減らす生活術を心がけましょう。

教えてくださったのは

今こそ気になる大気汚染。私たちの肌にはどんな影響があるの?|神奈川県 横浜市 しらゆり皮フ科・整形外科 院長 池田麻純 先生

神奈川県 横浜市

しらゆり皮フ科・整形外科 院長 池田麻純 先生

患者様ひとりひとりにとってベストな治療を選択しひとつずつ親切・丁寧に対応していきたいと思っております。なかなか周りには打ち明けられないようなお肌のトラブルなどどんな些細なことでもお気軽にご相談ください。優しい雰囲気と空間の中でリラックスして治療を受けて頂けるよう、スタッフ共々努力してまいります。