SHISEIDO GINZA TOKYO

Beauty philosophy

資生堂は、140年以上の長きにわたって美の概念をうちだし、
美の知識とパワーを世界に広めながら、多くのファンを獲得してきました。
私たちは、美しさは共感を呼びおこすことで世界をより良くし、
次世代を未来にしっかり導く前向きな力になると確信しています。

私たちは美を見いだし、それを共有したいと考えています。美は目に見えるものだけではありません──五感のすべてを研ぎすませて、自然や気候、光と色を鋭く感じとり、人生のさりげないことにもていねいに気を配ることが美だと思います。

美は世界のあらゆる場所に存在します。私たちは研究開発を通じてさまざまな美を発見しています。美は、科学やアートに見いだすことができます。人間どうしの関係や、資生堂が送りだす製品の数々、資生堂と世界との関わりにも美は存在します。

資生堂にとって、美は見た目ではなく感覚です。美に貢献することで、世界をもっとより良くすることができると信じています。人類の誰もが、多彩な美を持っています。世界には不愉快なものも存在しますが、美はその解毒剤になり、避難場所になってくれます。美を通じて分かちあうことを知れば、人はひとつになることができるのです。

資生堂は1872年から美に貢献して
きました。

Beauty from the beginning