キレイのQ&A

肌のこと、髪のことなど、キレイにかんする疑問、質問をあつめました。

紫外線のこと

日やけ止め(サンスクリーン)は、プールの水を汚さないの?

日やけ止め(サンスクリーン)をつけてプールで泳いだ後に、プールの水をよごさないかどうか実験してみました。すると、ふ科の先生たちが調べたはんいでは、プールの水が、決められた基準きじゅんで、よごれていないことがわかりました。

くちびるも日やけするの?

からだとちがって、くちびるにはメラニン色素しきそがとても少なく、紫外線しがいせん防止ぼうしすることができません。それに、くちびるには、うるおいをつくるあぶらのせんやあせをだすせんがないので、乾燥かんそうしやすくあれやすい部分。だから、ふだんからリップクリームで保護ほごしたほうがよいです。日やけ止め効果こうかのあるリップクリームもあります。

くもりや雨の日は日やけしないの?

晴れていないときでも紫外線しがいせんはふりそそいでいますから、くもりや雨の日でも日やけします。だから、太陽が見えないからといって安心してはいけません。晴れの日の紫外線しがいせんの量を100とすると、くもりの日で約65%、雨の日でも約20%は地表にとどくといわれています。特に4月~9月はくもりや雨の日も紫外線しがいせん予防よぼうを心がけましょうね。

洗顔のこと

洗顔はすればするほどいいの?

いいえ。顔をあらいすぎると、よごれといっしょに必要なうるおいなども取りのぞいてしまうよ。1日1~2回が基本きほん

洗顔フォームを顔の上で泡立てちゃだめ?

ダメー。手と顔のあいだにふんわりしたあわがないと、手と顔がこすれてしまうよ。あまりこするといたいし、はだがあれたりもします。

泡立てがめんどくさい!

いそがしいときは、最初からあわで出てくる洗顔料せんがんりょうがあるよ。おためしあれ。

泡立てがうまくできない…

手の形がポイントだよ。手をちょっと丸めてうつわのようにして、あわ立てるほうの手は少し立ててかきぜるようにするときっとうまくいきます。

洗顔フォームを使ったら、肌がむずむずしたよ

もしかして、すすぎ残しかもしれません。あわが落ちずにそのままはだに残るとまれに刺激しげきを感じたりするよ。すみずみまできちんと流してね。それでもなおらない場合は、体調などで一時的にはだに合わないということもあるから、使わないでようすを見てください。

洗顔後、肌がつっぱった感じがするのはなぜ?

洗顔せんがんしたあと、はだのうるおいが少なくなっているからですね。あまり熱いお湯であらうと刺激しげきが強すぎたり、はだに必要なうるおいまであらい流してしまうことがあるから、ぬるま湯であらいましょう。また、はだのあぶら分を取りすぎないマイルドな洗顔料せんがんりょうを使ってみるのも効果的こうかてきあらったあとは、はだがつっばる前に化粧水けしょうすいやクリームをつけてケアしてね。

にきびのこと

夏になるとにきびがふえるような気が…

夏は気温が上がってあせやあぶらがたくさんでますね。はだの表面があぶらっぽくべたつきやすくなると、ほこりなどのよごれがつきやすくなります。それが毛穴けあなにつまったりすると、にきびの原因げんいんになることがあります。だから、あぶらっぽくなる部分をマメに水あらいしたりして、いつも清潔せいけつたもつことが大切。あらうことができないときは、あぶらとり紙であぶらをとるのもひとつの方法かも。

顔をマメにあらうとにきびをふせぐことができるの?

にきびは、はだのあぶら分が多くなる時期にはだがべたついてよごれやすくなり毛穴けあなをつまらせたりすることが原因げんいんのひとつなので、よごれたり、あぶらが気になったらマメに顔をあらって清潔せいけつにすることは大切です。けれども、あらいすぎははだをしげきしてはだのあぶら分をやしたりするから、1日3回(朝・昼・夜)くらいを目安にやさしくあらってあげてね。また、不規則ふきそくな生活やあまい物、油っぽい食べ物を食べすぎないことも予防よぼうになります。指でさわったり、つぶしたりするとひどくなったり、あとが残ったりするから気をつけてください。

かさかさ肌のこと

かさかさしているときも、洗ったほうがいいの?

きちんとよごれを落としたほうが、はだはちからがはっきできるよ。しっとりタイプの洗顔料せんがんりょうを使ってやさしくあらいましょう。熱いお湯はうるおいをうばってしまうので、ぬるま湯で。

冬になると肌がかさかさになっちゃう…

冬は、低い気温や乾燥かんそうした空気、冷たい風、部屋の暖房だんぼうなどのために、はだの表面のうるおいがなくなり、はだを外界から守る力が弱くなってしまいます。乾燥かんそうした状態じょうたいが続くと、はだの内部でもはだをよい状態じょうたいたもつはたらきが弱くなります。そして、はだのうるおいをたもつ水分とあぶら分が少なくなってしまうから、かさかさになりやすいのです。顔をあらったあとは、化粧水けしょうすいやクリームをつけて、うるおいをたもつようにしましょう。

手や足が白くかさかさになる

寒くなると手や足は、寒さや乾燥かんそうなどの刺激しげきにとても敏感びんかんになります。あまり熱すぎないお風呂ふろに入って、十分に温まり血行をよくしましょう。お風呂ふろからあがったら、ボディーローションやクリームをぬって、うるおい補給ほきゅうを。冬は手をあらったあと、ハンドクリームをつけて乾燥かんそうから守ることもおすすめ。

夏は肌が乾燥するの?

夏のはだはうるおっているように感じるけれど、あせをたくさんかいてふの表面をおおっているうるおいのまくが流されてしまうから、実は乾燥かんそうしやすいのです。それに、冷房れいぼうで部屋の温度や湿度しつどが低くなり、からだの血行が悪くなるのでうるおいのまくができにくく、またふの表面の水分もうばわれてしまいます。冷房れいぼうのきいた部屋にあまり長くいないように気をつけようね。

髪のこと

1日に髪の毛は何本くらいぬけるの?

人のかみの毛は個人差こじんさがあるけど約10万本といわれていて、1日あたり70~120本くらいが自然にぬけ落ちます。だから1日にそのくらいぬけても、心配しなくてだいじょうぶ。それにかみの毛は1本1本にヘアサイクルがあって、ある期間成長を続けると、その後ぬけ落ち、そこからまた新しい毛が生まれてくるというくり返しをしているから、いつも一定の量にたもたれています。

髪はドライヤーでかわかすより、ぬれたままねたほうがいたまない?

かみがぬれた状態じょうたいかみの表面にあるキューティクルというかみの内側を守ったり、つやを与えている部分がやわらかくなって、はがれやすくなっているから、ぬれたままねるのは禁物きんもつです。シャンプーのあと、かみをこすらないようにていねいにタオルで水分をとったら、あまり熱すぎない程度ていどのヘアドライヤーでよくかわかしてからねて、美しいかみを守ってあげてね。

フケの原因は何?

フケの原因げんいん頭皮とうひについたあぶら分やよごれに細菌さいきんがついて、それが原因げんいんでかゆみやフケ、ときには炎症えんしょうにつながることもあります。とにかく頭皮とうひ清潔せいけつにすることがいちばん大切ですから、シャンプーを毎日ちゃんとして頭皮とうひ清潔せいけつたもつことと、つめを立ててかいたりしないようにしましょうね。

髪がパサパサになって、とかすと静電気が・・・

かみはだと同じように冬場は乾燥かんそうしてしまいます。水分の少なくなったかみの毛は、ブラシとこすれあい静電気がおきやすい状態じょうたいになります。シャンプーやリンスをしっとりタイプにしたり、トリートメント効果こうかの高いものを使ってかみにもうるおいをあたえてください。無理なブラッシング、ドライヤーのかけすぎ、シャンプーのときのかみの毛のもみあらいなども、パサパサの原因げんいんになるので気をつけましょう。

髪の毛も日やけするって本当?

かみも知らずしらずのうちに紫外線しがいせんのダメージを受けています。たとえば、かみがパサパサしたり、茶色くなったり…。だから、たくさん外で遊ぶ時や海・プールでは、ぼうしをかぶって紫外線しがいせんから守りましょう。かみの毛専用せんようの日やけ止めもあります。

その他のこと

毛穴の黒ずみ、どうしたらいいの?

毛穴けあなの黒ずみが気になるのは、小鼻などのあぶらが多いところだったりしない?あぶらの分泌ぶんぴが多くなると、スムーズに排出はいしゅつされずに毛穴けあながせまくなってつまりやすくなります。その毛穴けあなにつまったあぶらやふのよごれがざりあって固まり、毛穴けあなをふさぐのが黒ずみの原因げんいんのひとつ。だから、毛穴けあなにつまったあぶらやよごれを取りのぞくために、ていねいに洗顔せんがんしてはだ清潔せいけつたもつことが大切です。

汗のニオイが気になる

実は、あせはもともとニオイがありません。ニオイの原因げんいんは、あせふの表面に常にある菌に分解ぶんかいされてニオイに変化してしまうから。だから、毎日お風呂ふろに入ってからだを清潔せいけつたもつことが大切です。特にニオイが気になる時には、あせのニオイをおさえる効果こうかのあるスプレーを使うのもよいかも。

足のニオイになやんでいます

足はとてもあせをかきます。あせそのものにはニオイはないのだけれど、くつやくつしたでおおわれているので、とてもムレやすい。ムレたあせ微生物びせいぶつの栄養になって分解ぶんかいされ変質へんしつするから、ニオイになってしまうのです。だから、特に夏はマメに足をあらうことと、あらったあと水気をとって十分に乾燥かんそうさせることが大切。それでも気になる時は、足専用せんようのニオイをおさえるスプレーもありますよ。

ストレスって肌にもえいきょうするの?

心とからだはとっても密接みっせつな関係だから、強いストレス状態じょうたいがつづくと、はだあれやにきびができたり健康までもそこないます。ストレスが高まりすぎてからだに悪い影響えいきょうがおよぶ前に、ストレスをやわらげて解消かいしょうすることが大切です。食事やすいみん、運動はもちろん、友人関係やおしゃれもプラスに作用します。音楽などもうまく生活に取り入れてじょうずにストレスを解消かいしょうしてくださいね。

うぶ毛をそるとこくなるの?

うぶ毛がとても気になる場合はそってもこくなったりすることはありません。ただ、そる前には乳液にゅうえきやマッサージクリームなどをつけてはだを守ってあげて、必ず上から下の方向になぞるようにそります。そった後はマイルドな化粧水けしょうすいやカーマインローション粉末ふんまつ入りの化粧水けしょうすい)や乳液にゅうえきなどをつけてはだをいたわってあげましょう。

すいみん不足は肌に悪いの?

美しく健康なはだをたもつためにはすいみんはとても大切です。だから、すいみん不足ははだによくありません。特に夜の10時から夜中の2時までは“黄金のねむり”といわれ、成長ホルモンがつくられて、ふの再生活動がさかんに行われるはだのための大事な時間。この時間帯のねむりを大切にしてください。すいみん不足にならないよう規則きそく正しい生活を心がけてね。

冬にほおが赤くなるのが気になる

冬にほおが赤くなるのは、寒い外からあたたかい部屋に入ったときの急な温度変化で、血液けつえきの流れがとどこおってしまうのが原因げんいん。だから、少しでも血行をよくすることが大切です。寒い外からあたたかい部屋に入る前に、ほおを手でおさえて温度の変化にはだがなれるように準備じゅんびしてください。ほおがほてっているときは、はだを守るバリア機能が低くなって乾燥かんそうしがちになるから、はだにうるおいを補給ほきゅうすることもわすれずに。

くちびるがあれてつっぱっちゃう…

くちびるははだよりうすくて、水分をためておく力が少なく、水分とあぶら分をつくりだすはたらきがないので、乾燥かんそうしやすくデリケートな部分。それにメラニン色素しきそふにくらべてとても少ないから、紫外線しがいせん影響えいきょうを受けやすいです。くちびるが乾燥かんそうしがちなときは、つっばらないように、リップクリームをつけてしっかり保護ほごしましょう。