なぜなに紫外線!自由研究ヒント集

どうして「紫外線」っていう名前?

紫外線しがいせんは、むらさきの外の線、と書くよね。
むらさき」って何のことなんだろう?
太陽の光は、実はいろんな性質せいしつの光がざり合ってできています。
いつもはそれがざっているから「光」としか思わないけれど、
その光が分解ぶんかいされて見えることがあります。

それが、にじ。赤や黄色、青など、光線の性質せいしつ(波長という)ごとに色が分かれて見える。
それに、この目で見ることができる光線のほかに、目に見えない光もあります。
地球にとどく太陽の光を分解ぶんかいすると…
波長が短いものから長い順に。紫外線(UV):日やけ。目に見える光線(むらさき、あい、あお、みどり、きい。、だいだい、あか)。赤外線:温かさ・暑さ。

目に見えない光で、にじむらさきよりも波長が短い性質せいしつのものを、
むらさきをこえて外にあるという意味で紫外線しがいせん」、
にじの赤よりももっと波長が長い性質せいしつのものを「赤外線」と呼びます。
英語では、「超」「紫」「光線」という単語を組み合わせて
Ultra Violet RayりゃくしてUVユー・ブイと呼びます。

日やけするのは肌だけ?

紫外線しがいせんのえいきょうがでるのは、はだだけじゃない。
たとえば、かみの毛。無防備むぼうびに太陽にさらしていると、ごわごわしたり、ぱさぱさしたりします。
目も、なるべく直接ちょくせつ紫外線しがいせんを浴びないようにしたほうがよいですね。

かみや目を紫外線しがいせんから守るために役に立つのが、ぼうしです。
つばの広いぼうしをかふればかみも目も同時に、
しかもおしゃれに守れますね(最近では、かみの毛用の日やけ止めスプレーなどもあります)。
あとは、くちびるも。
くちびるには、うるおいをつくる機能きのうがないから、特に守ったほうがよいです。
紫外線しがいせんのカット効果こうかのあるリップクリームもあるよ。

朝や夕方より昼間日やけしやすいのはなぜ?

日やけするのは、太陽光線にふくまれる紫外線しがいせんのため。
だから、紫外線しがいせんが多くふりそそぐ時間ほど、日やけしやすいのです。
では、なぜ昼間に紫外線しがいせんが多くなるのかな?

太陽の光は、オゾンそうなどの大気のそうを通り、大気中のチリや雲、雨のしずくなどに
少しずつ吸収きゅうしゅうされ、拡散かくさんしながら地表にとどきます。
フィルターを通ってくるようなものですね。
だから、そのフィルターがあつければあついほど、とど紫外線しがいせんの量は少なくなります。

太陽の位置と大気のそうの関係は…

明け方や夕方の太陽の位置を思い出してみると、低い位置にあるよね。
低いということは、地表にとどくまでに通らなければならないフィルターがあつい、ということ。

だから紫外線しがいせんの力が弱まって、日やけもしにくいのです。
反対に太陽が高くのぼるお昼などは、フィルターがうすくなるから日やけしやすいというわけ。

スキー選手の顔が日やけしているのはなぜ?

冬はあまり日やけしないと思ってない?
でも、テレビなどでスキー選手を見ると、ゴーグルのあとがばっちりついていたりするよね。
なぜでしょう?

それは雪の反射はんしゃのため。
紫外線しがいせんは、上からふりそそぐだけではなく、かべや地面に当たって反射はんしゃします。
特にスキー場のように白くて平らな部分は、とてもたくさんの紫外線しがいせん反射はんしゃさせます。
両面からやけるトースターみたいな感じ?

いろいろな場所で反射率はんしゃりつを調べてみると…

だから上からふってくる分が少ない冬でも、たくさんの紫外線しがいせんを浴びてしまうのです
(夏、海に行くと日やけしやすいのも、海面で紫外線しがいせんがたくさん反射はんしゃするから)。

黒くなる人と、赤くなる人がいるのはなぜ?

お友だちと遊んでいて日やけしてしまったとき。赤くなっている人と、
赤くならずにしばらくしてから黒くなる人がいるのに気がついたことはないかな?

黒くなるのは、紫外線しがいせんを浴びて、はだがメラニンを作るから。
赤くなるのは、メラニンを作るより前にはだ紫外線しがいせんの刺激で炎症を起こしてしまうから。
これは、色が白めのはだの子に多いです。
赤くならずにしばらくしてから黒くなるタイプのはだよりも紫外線しがいせんに対して弱いはだなので、きちんと
紫外線対策しがいせんたいさくをしたほうがよいです。

「しばらくしたら黒くなるからだいじょうぶ」?
そんなことはない!
紫外線しがいせんのダメージは知らないうちにたまっていくから、注意してね。

洋服と日やけの関係は?

たくさん外で遊ぶときは、できるだけ自分のはだ紫外線しがいせんから守ることが大切。
でも着る洋服は、何色がいちばんよいのでしょう?

調べてみると、こい色の洋服のほうが、紫外線しがいせんをたくさんカットしてくれることがわかります。
つまり、黒がいちばん紫外線しがいせんを通しにくく、ぎゃくに白はいちばん通してしまう。
水色や黄色などの明るい色も注意が必要で、同じ色でもできるだけ、
こい色の服をえらぶようにしたほうがよいです。

洋服の素材そざい厚地あつじのほうがふせ効果こうかが高くなるし、
また、水にぬれると紫外線しがいせんをカットする効果こうかうすれるから、
色だけではなく、いろんなことに注意してね。

外国の子どもたちは、どんな紫外線対策をしているの?

特にふガンの発生率はっせいりつの高いオーストラリアでは、
国がいっしょうけんめいに紫外線対策しがいせんたいさくを進めています。
もちろん子どものためにも。

「長そでシャツを着よう、日やけ止めクリームをぬろう、つばの広いぼうしをかぶろう、
サングラスをかけよう」という意味のスローガンが有名。
子どもたちも、サングラスで目を守ったり徹底てっていしています。
アメリカ、カナダ、フランスなどでも、同じような教育が行われています。

お父さんお母さんが子どものこるは、紫外線対策していたの?

まず、お父さんお母さんにきいてみよう。
「日やけどめ、ぬってた?」
「日やけに気をつけてた?」
小さいころの夏休みの写真を見せてもらうのもよいかも。

多分、お父さんお母さんが子どものころ、
男の子も女の子も子どもの多くは真っ黒に日やけして、
それが元気のあかしのように言われていたはずです(ぼうしは、かぶっていたかもね) 。
そのころは大人も、やせて見えたりかっこよく見えたりするという理由で、
サンオイルというキレイに日やけするためのオイルをぬって、
いっしょうけんめい日やけをしていました。

実は、紫外線しがいせんの害がはっきりとわかってきたのは、最近のことなんですね。
だから、今の小学生のみんなは、しっかりした知識ちしきをもって、紫外線対策しがいせんたいさくができます。

日やけ止めに書いてある数字って何?

紫外線しがいせんには、ふが赤くなる(炎症)B紫外線しがいせん(UVB)と、
ふが黒くなるA紫外線しがいせん(UVA)があります。
日やけ止めに書いてあるSPFというのは、
このうちのB紫外線しがいせん(UVB)を防止ぼうしする効果こうかを表すものです。
ちなみにSPFとは、Sunサン Protectionプロテクション Factorファクターりゃく

みんながクラブ活動の時に使う日やけ止めの目安は、
SFP20~30で十分だけれど、ときどきぬりなおすことが大切です。
紫外線しがいせんを受ける場所やケースに合わせてSPFの数字を選ぶこともわすれないでね。

日やけは、おしゃれ?

「おしゃれ」とか、「かっこいい」の感じ方には、人それぞれにいろんな考え方があります。
はだが日やけしているほうがかっこいい、と考える人ももちろんいる。
白いはだがステキだと思う人もいる。
絶対ぜったいっていうことはないですね。

だけど、無意識むいしきに太陽の光を浴びてガンガンに日やけするのは、危険きけん
紫外線しがいせんの害については、「日やけはどうして起こる?」を見てね)。
紫外線しがいせんからしっかりはだを守ったうえで、おしゃれを楽しむことを身につけたいもの。
たとえば、日差しを浴びなくても、
はだを自然に日やけしたように見せるクリームなどを利用することもできますね。
おしゃれを楽しむことと、自分を守ること。
両方を大切に考えてほしいのです。

太陽とからだの仕組み、そして紫外線しがいせんからからだを守る方法、きちんとわかったかなあ?
外で楽しく遊ぶための、そして将来しょうらいの健康でキレイな自分のための、
太陽とのじょうずなつきあい方をおとどけしました!