メイクアップ化粧品の基本的な使い方

マスカラ

まつげを濃く、ながく見せ、目もとに深みを与えます。
マスカラには、カールタイプ、ロングラッシュタイプ、ボリュームタイプ、透明タイプがあります。どのタイプも使い方は同じです。はじめは透明タイプから使い、慣れてから色がつくタイプにチャレンジしてみてください。
マスカラをつける前に、アイラッシュカーラーを使って、まつげをカールさせると、きれいに仕上がります。アイラッシュカーラーがうまく使えない場合は、透明タイプやカール効果の高いマスカラで、まつげを上げるように使うだけでも、目もとの印象はかなり違います。

使い方

アイラッシュカーラーの使い方

アイラッシュカーラーを使って、まつげをカールします。まず、利き手でない方の手で上まぶたを軽く引き上げます。そして、アイラッシュカーラーのカーブ面をまぶたに合わせて、まつげの生え際、ぎりぎりのところをはさみます。この時、きちんとまつげをはさめているかを確認してください。アイラッシュカーラーの間からまつげに触れることができれば大丈夫です。まつげをはさんだら毛先に向かって、少しずつずらしながらカールしていきます。

マスカラの使い方

利き手でないほうの人さし指をマスカラをつけるほうの眉毛の中央において、軽くまぶたを引き上げます。マスカラを、利き手に鉛筆を持つようにし、目の形と平行になるようにします。上まつげの下から、マスカラのブラシ全体で、まつげを持ち上げるようにつけていきます。そのとき、まつげの根もとから毛先にむかって、4~5回つけていきます。

注意点
はじめて使うときは透明タイプをおすすめします。
マスカラの軸の長さや、ブラシの大きさなどを事前によく確認してから使いましょう。
ティッシュペーパーなどで包んで確認すると、手が汚れないので、工夫してみてください。
誤って、まつげ以外の部分にマスカラがついてしまったときは、コットンに、手持ちの乳液やアイメーキャップリムーバーを軽く含ませ、すぐにふきとりましょう。
目に入らないように気をつけてください。万が一、目に入った場合は、すぐに目を洗ってください。違和感を感じたら専門医にみていただいてください。