メイクアップ化粧品の基本的な使い方

ほお紅

血色を良くし、顔に立体感を与え、肌色を、より美しく見せます。
ほお紅の色は、レッド系、ピンク系、ブラウン系、ローズ系、オレンジ系などがあります。
色やつけ方で、顔をすっきり見せたり、ふんわりやさしく見せたり、仕上がりのイメージも変わります。そのため、メークの最後に、全体のバランスをとりながらつけていきます。
色味やつけ方は、顔型や、仕上げたいイメージで違ってきます。店頭で相談してお選びください。

使用量と使い方

ほお紅を、ブラシの両面に1回づつ軽くなでるようにしてとります。ブラシ全体に、ほお紅を均一に含ませるために、一度ティッシュペーパーの上でブラシをはらいます。ほお骨の、一番高い位置よりやや下を中心に、内側から外側に向けてブラシを動かします。つける時は、ブラシをやや寝かせ気味にし、やや上の方向に動かします。最後に、指やパフで顔全体をなじませると、メーク全体が落ち着きます。ほお紅をつけたあと、ブラシでおしろいを重ねると、ふんわりと、やわらかい印象に仕上がります。
ブラシは、ほお紅に添付されているものでも構いませんが、自宅用に毛の量が多い大きめのブラシを用意して使うと、よりきれいにぼかせます。

注意点
つけすぎたかな?と思ったら、ファンデーションをつけたスポンジで、一度、肌をおさえるか、パフでおしろいを重ねましょう。