リスナーズカフェトップ

5.用語集

5-2.ヘアスタイル、ヘアカット、パーマ


ウエットヘア

ぬれているようなつやのある質感に仕上げた髪のことです。
一般的にはジェルを使います。


ベリーショート

髪が立ち上がる程度までに短くカットしたヘアスタイルのことです。
角刈りや、五分刈り(ごぶがり)、スポーツ刈りなどを称していいます。


レイヤーカット

髪に段を入れて動きを出しやすくするカットテクニックです。グラデーションより幅が広く、主にロングヘアに使われます。髪の上部が短く、下になるにつれて長くなるようにカットし、髪に流れをつけたり、立体感を出すときに使います。


シャギーカット

毛先をすきばさみやカミソリなどで、細くそいでギザギザにカットする方法です。カットラインがふぞろいになり、髪に軽さや動きが出るので、主に髪の量が多い人の毛量の調節に使います。


グラデーションカット

髪の毛の長さに細かい段差をつけてカットする方法です。主にショートヘアに使われ、切り口につながりができるように段をいれていきます。アウトラインに丸みをつけるのに、多く使われます。


セニングカット

均一に間引くことができる、セニングシザーというハサミを使ってカットすることです。
髪をすくときや、量や質感の調節をしたいときに多く使われます。


レザーカット

カミソリを使ってそぐようにカットする方法です。ボリューム感を調整しながら、毛先に不ぞろいな質感を出すことができます。


スライドカット

髪の中間から毛先に向かって、はさみの刃を開いたまま、刃を滑らせるようにしてカットしていくテクニックです。毛先が細くカットされるので、スタイルに動きが出しやすい方法です。


ピンパーマ

ロッドを使わずに、指先でカールさせた毛束をコットンで包み、ピンでとめてつくるパーマのことをいいます。ゆるいくせをつけるときに使われます。


ボディーパーマ

太いロッドでゆるくかけたパーマのことをいいます。ボリューム感を出したり、やわらかいくせ毛風(くせげふう)な質感を出すのに使われています。

ページの先頭へ

[ 次のページへ ] [ 前のページへ ] [ 「メンズ商品の基本的な使い方」トップページへ ]
[ 「資生堂リスナーズカフェ」のトップページに戻る ]
[ 「おしゃれなひととき」のトップページへ ]
[ 「スキンケア化粧品の基本的な使い方」のトップページへ ]
[ 「メーキャップ化粧品の基本的な使い方」のトップページへ ]
[ 「ヘア商品の基本的な使い方」のトップページへ ]
[ 「ボディー商品の基本的な使い方」のトップページへ ]
[ 「化粧品を正しく使っていただくために」のトップページへ ]