「 夏ノ空ニ、降ル雪ハ 」

「 21:25 東京発、プラハ行き 」

24時間OPENのクリーニング屋さんでくり広げられる不思議な物語。

  • 「このワンピースのシミ、取れませんか?急ぎなんです」
  • 「この世に、まっ白にならないものはありません」

24時間OPENのクリーニング屋さんでくり広げられる不思議な物語。

  • 「そんなことをしたら、あなたが過去に囚われてしまいます」
  • 「僕は…あなたに囚われたいんです」

CAST

店主高橋一生

クリーニング屋 “Laundry Snow”の店主。

武井咲

ある悩みを抱えて “Laundry Snow”にやってくる女性。

店主高橋一生

クリーニング屋 “Laundry Snow”の店主。

椿武井咲

“Laundry Snow”の客。いつも黒い服を着ている。

ITEM

ハッピーエンドを連れてくる「魔法の粉」

店主が彼女に渡した「魔法の粉」は
朝も夜も使える薬用美白スキンケアパウダー
スノービューティー。
24時間、美しく透き通る肌で、
あなたにも幸せが訪れますように。

商品について詳しくはこちら
コンパクトに閉じ込めたのは
「プラハの夕光に包まれた雪」

毎年「美しい雪の瞬間」をテーマにデザインされているスノービューティー。
今年は、劇中でも重要な役割を果たす街、
プラハの夕陽に照らされて輝く雪をイメージしています。

商品について詳しくはこちら
朝も夜も、美しくいられますように

朝はメークのしあげに、夜は素肌ケアに。
24時間どの瞬間も、あなたの素肌に寄り添います。

商品について詳しくはこちら

MUSIC

never young beach

2014年結成。本作品の主題歌「SURELY」を収録した、メジャーデビューアルバム『A GOOD TIME』が7月19日発売。また9月から11都市をまわる全国ワンマンツアーも決定。

never young beach 公式アカウント
@neveryoungbeach
オフィシャルサイト
http://neveryoungbeach.jp

主題歌
「 SURELY 」

Song by never young beach
Music & Lyrics by Yuma Abe

名前を呼ぶから こっちへ来てくれよ
涙が溢れて前が見えなくなってしまった
恥ずかしいほど君を愛してる

明日また会えたら 嬉しくて笑うんだ
僕達が出会ったことは奇跡なんだって思うから

全歌詞はこちら

DIALOGUE

監督・脚本 タナダユキ × 主題歌 never young beach 安部勇磨(Vo&Gt)
スペシャル対談

DIRECTOR

タナダユキ

福岡県出身。2001年『モル』で監督デビュー。2013年『四十九日のレシピ』で中国金鶏百花映画祭国際部門監督賞、2015年『ロマンス』でASIAN POP-UP CINEMA 観客賞など数多くの賞を受賞。またCM、テレビも手がける。小説に『復讐』、『ロマンスドール』など。映画最新作は『お父さんと伊藤さん』(2017年5月DVD発売)。

INTERVIEW

「願い続けることが、いつか魔法のように何かを起こす」というのが、最初にいただいたお題でした。とても自由にやらせていただいたのですが、結果として、自然に「願い続けること」に繋がるお話になりました。願い続けること、想い続けることは、裏を返せば執着でもあり、恋に落ちることは、他人に翻弄されているようでその実、自分自身の想いに囚われ、がんじがらめになることと表裏一体です。けれどその執着や囚われるということを、苦く甘やかで美しい、大人のファンタジーに仕立てられたら、と思いました。

構成としては、朝篇をご覧になっていただき、続いて夜篇をご覧になっていただくと、朝篇でなぜ店主さんがああいう表情だったのか、なぜああいう台詞を言ったのか、同じ映像なのに初見の時とは印象が異なるよう、試行錯誤しました。

欲を言えばもう少しだけ撮影時間が欲しくはありましたが、でも限られた時間の中、キャスト、スタッフ一丸となって良いものを作ろうと邁進できたのではないかと思います。私はスタッフ側の人間なので、キャストのお二人に助けられている部分が本当に大きいと感じます。高橋一生さん、武井咲さんだからこそ出来た作品です。そしてそんな二人を最高の形で捉えようと試行錯誤してくれたスタッフ全員に感謝です。衣装はスズキタカユキさんが全て作ってくださり、過去に囚われたものは黒、まだ何にも囚われていないものは白、という風に作っています。また、去年、一昨年の2作品もとても素敵だったので、過去作にまつわる小物もさりげなく配置していたりします。そしてエンディングのnever young beachの曲により、哀しいだけの物語にならず、どこか救われたような気持ちになれました。細かいところにまで拘ることができ、幸せでした。

これはもう、高橋一生さんと武井咲さんのお芝居全てです。花ちゃんの等身大の瑞々しさ、椿さんの儚げな美しさ。そしてそんな花ちゃんや椿さんと出会い、店主さんは何を感じ、何を選択したのか。

何を選んでも後悔のない人生はない。どんな後悔だったら良しと思えるのか。それは自分自身で決めなければいけないことですが、自分の奥底にある心模様を知るには、結局は他者と関わらなければ見えてこないことがあるんだということを表現できればと思っていました。ファンタジーでありながら、リアルな感情を説得力を持って体現してくれた一生さんと咲さんの全てを、余すところなくご覧になっていただきたいです。

COSTUME DESIGNER

スズキタカユキ

大学在学中に友人と開いた展示会をきっかけに映画、ダンス、ミュージシャンなどの衣裳を手掛けるようになる。
2016年よりインドネシアなど、アセアン諸国への展開を開始。

近年では、様々な企業とのコラボレーションや、BUMP OF CHICKEN、ゆずのツアーなど様々なアーティストへの衣装提供、劇団マームとジプシーなど、舞台での衣装製作も行っている。
また、パフォーマンスプロジェクトの 「仕立て屋のサーカス」を立ち上げ、国内外で多数の公演を行っている。

オフィシャルサイト http://suzukitakayuki.com

INTERVIEW

監督からのご要望もあり、脚本の雰囲気、空気感を表現するため、モノトーンの世界観で表現出来ればと考えました。儚くも美しい、Snow Beauty の世界観を、限られた表現方法の中でいかに見てくださる方に感じていただくか、そこに集中をしました。

非常にうまく着こなしていただいて、自然に脚本の世界に溶け込んでいくお二人を見て、ただただ感動しました。本当に素晴らしい役者の方なのだなと、改めて感じました。

使用する色を絞り込むことにより、強いイメージを作り上げることを意識しましたが、それは逆に言えば、単調でつまらないものになってしまう危険性もあると感じていました。

その為、素材の風合いやパーツの使い方に強くこだわり、動いた時の布の広がりや、シルエットの美しさを追求し、深みのある面白いものになるように努力しました。

MAKING

高橋一生×武井咲
“Laundry Snow” 特別メイキング映像

SNS限定キャンペーン

あなたはクリーニング屋さんに何を相談する?
「#一生さんからあなたへ」キャンペーン

フォロー&リツイートで
高橋一生さんからあなただけの応援メッセージが届きます。
さらに10名さまには素敵なプレゼントが…

キャンペーンについて詳しくはこちら