美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2014/11/27

コンシーラーをハイライト代わりに!ツヤ肌づくり5つの鉄則

コンシーラーをハイライト代わりに!ツヤ肌づくり5つの鉄則

結婚式や女子会、夜デートなど、イベント時は、メイクも少しだけドレッシーに仕上げて、ツヤ肌を演出して女らしさを強調したいところ。そこで今回は、手持ちのベースメイクアイテムをフル活用させてつくる「ツヤ肌テク」をご紹介します。

ツヤ肌には、「リキッドファンデーション」をチョイス!

素肌のキレイなツヤ感を残したいので、ファンデーションは薄づきでツヤ感のあるリキッドファンデーションがおすすめ。色は顔と首の中間ぐらいの色を目安に選びましょう。シミや色むらといった肌トラブルは、下地である程度コントロールしてから、ファンデーションの重ねづけやコンシーラーできちんとカバーするのがポイント。

リキッドファンデーションは、のばさずに「たたく」が◎

リキッドファンデーションを両ほお・額・鼻先・あごの5点に置きます。指を使ってほおから顔の外側に向け、軽くトントンとたたき込むように伸ばしていきます。しっかりカバーしたい気になる目の下やほおの部分を最初に仕上げて、その後に額や小鼻、あごなどにもファンデーションを薄くすべらせるように伸ばしていきましょう。こうすることで自然な立体感がうまれ、小顔効果も期待できますよ。ファンデーションは、少量にとどめて、足りなくなったら、その都度足していくようにすると厚塗りになりません。

ハイライト代わりに、明るめのリキッドコンシーラーをオン!

顔全体にファンデーションを塗り終えたら、明るめの、リキッドコンシーラーを、ほお骨の高い位置に、今度は筋状に乗せます。指で軽くトントンとなじませ、肌にフィットさせることでツヤ感と明るさを与えます。このコンシーラーはトラブルカバーではなく、骨格を強調するハイライト的な役割なので、広範囲にのばしすぎないことがポイントです。ハイライトのメリハリ効果で、まるでライトアップされたような雰囲気に。

パウダーは必要なところだけでOK!

パウダーは、パフなどで顔全体につけると、せっかくのツヤが消えてしまいます。小さめのブラシを使って、崩れやすい小鼻や額など中心につけるのがポイント。また、アイシャドウのよれを防ぐために、目の周りにもひとはけしておきましょう。

チークにも輝きをプラスして立体感アップ

ほおの高い位置にチークを入れたら、チークの周りを囲むように明るめのハイライトパウダーをひとはけ。こうすることでツヤ感とさらに立体感が生まれ、自然な丸みと輝き感を演出できます。

肌づくりにひと手間加えるだけで、一気に華やかな雰囲気に仕上がります。人目を引く「ツヤフェイス」は万能テクだからベースメイクアイテムの見直し時にも参考にしてみてくださいね。

photo:丹下浩輔(Kosuke Tange)

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメイクを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > コンシーラーをハイライト代わりに!ツヤ肌づくり5つの鉄則