美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2015/02/13

肌荒れしがちな腕や脚!プロがカサカサボディさんに教えたい理想の洗い方って?

肌荒れしがちな腕や脚!プロがカサカサボディさんに教えたい理想の洗い方って?

冬は、肌の乾燥が特に気になる季節ですよね。カサカサ肌に悩んでいる方も多いのでは? その悩みの原因は、もしかしたらあなたの入浴方法にあるのかもしれません! 正しい身体の洗い方&保湿の方法をマスターすれば、乾燥を防ぐだけでなく、代謝アップも狙えちゃう!? 
まずは身体の洗い方をレクチャー! 教えてくれたのは資生堂Webビューティーコンサルタントの高橋さんです。

◎身体の正しい洗い方

  • ボディシャンプーや石けんをしっかりと泡立てて、身体を包み込むように洗う!
    ゴシゴシと洗い過ぎたり、肌をこすり過ぎると乾燥やかゆみにつながるので、優しく丁寧に洗うのが大切です。ボディシャンプーやせっけんは保湿成分配合のものを選び、すすぎも十分におこないます。
  • 手の先や足から心臓に向かって丸く円を描きながら、マッサージするように洗う!
    洗う順番は心臓から遠い脚や手の先から。そうすることで、心臓に負担をかけずに、全体の血液循環をよくして新陳代謝も高めることができますよ。
  • 皮脂分泌の多い、背中や胸は丁寧に洗い流す!
    身体の中心部分である背中や胸は、あぶらっぽくニキビができやすい箇所。優しく洗ったら、特に丁寧に洗い流すことを心がけましょう!

また、入浴後はすぐに乾燥がはじまってしまうため、身体を拭いたらすぐに、ボディクリームや乳液を塗ることが大切です! 特に気をつけたい、乾燥しやすいパーツの保湿方法をご紹介します。

◎パーツ別保湿方法

  • 腕や脚は身体の中でも荒れがち!
    腕や脚は皮脂分泌が少なく、身体の中でも特に乾燥しがち。放っておくとひび割れたり、かゆみが発生するなどトラブルが起こりやすくなります。クリームや乳液を手のひらにとり、乾燥の気になる部分から、軽くすりこむようになじませましょう。
  • コチコチになりやすいひじ・ひざ・かかとは尿素入りクリームで
    皮脂腺や汗腺が少なく乾燥しやすい、ひじ・ひざ・かかと。ほおづえや立てひざなど、日常の動作の中でも刺激をうけやすいため、角質が厚くなりやすく、カサカサしたり、黒ずみやすいパーツです。尿素入りクリームを使うと、角質が柔らかくなり、なめらかな肌になりますよ。

いかがでしたか? ぜひ今日のバスタイムから実践して、うるおいあるボディを目指してくださいね♪

【参照】「資生堂リスナーズカフェ

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webを通してお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。お肌の悩みや商品の使い方から今さら聞けない悩みまで、LINEを通じて気軽にご相談いただけます。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/lc/index.html

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 肌荒れしがちな腕や脚!プロがカサカサボディさんに教えたい理想の洗い方って?