美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2015/12/16

「首のばしポーズ」ですっきり。首&デコルテの簡単ケア

「首のばしポーズ」ですっきり。首&デコルテの簡単ケア

「首元で年齢が分かる」といわれるほど、意外と人から見られている重要なパーツが首とデコルテ。年齢とともに横ジワやたるみなどが目立ってきたら老けて見られてしまうかも!? 胸元が開いた服を素敵に着こなすには、ハリのあるキレイな首とデコルテを手に入れたいですよね。ということで、ケア方法を資生堂Webビューティーコンサルタントの大塚真央さんに教えてもらいました!

首のシワやたるみはどうしてできるの?

一枚の皮でつながっている首と顔、でも皮ふの特性は違うんです。首と顔の特性をよく知り、首に合わせた対策とケアが必要です。

1.首は顔より横方向のきめが深く、シワとなって見えやすい
首は顔よりうるおいがあり、きめが深いのが特徴です。でも首の激しい動きと加齢によって、きめが横方向に流れてシワとなり目立つようになります。

2.首は顔より皮ふがのびやすく、ハリがある
首の皮ふは上下左右に動きやすくするため、のびやすくてハリがあります。しかしのびやすい一方で、ハリや弾力を保つコラーゲンの変性などで、たるみやすいのも特徴。また、表情筋と直接つながっている顔の皮ふと違って、首の皮ふは筋肉との間にすき間があり、つながりが弱いため、たるみが現れやすいのです。

3.ストレートネックで血行不良
ストレートネックは、パソコンやスマホで長時間うつむき姿勢を続けると、首の正常なカーブが失われて真っ直ぐになってしまう症状のこと。肩・首のコリや頭痛のほか、血行不良から首のたるみやシワにつながるともいわれています。

4.お手入れ不足
顔のスキンケアは念入りでも、首とデコルテは無防備になりがちでは? 身体の他の部位と比べて、紫外線や乾燥の影響を受けやすいため、肌にダメージが蓄積しやすい傾向にあります。

今日からできる首とデコルテのケア方法

毎日欠かさない顔のスキンケアと一緒に首とデコルテもケアしましょう♪

化粧水や乳液をコットンに含ませて、顔になじませたら、そのまま続けて首とデコルテにもなじませましょう。首、デコルテは下から上に軽く引き上げるようにします。化粧水や乳液が足りない場合は、もう1度足して行います。気になる人は、専用アイテムをプラスしましょう。

顔だけになってない? 首&デコルテもUVケアが大事

顔と同様に首とデコルテも、紫外線から守ることが大事。肌の黄ぐすみ防止にもなりますよ。特に首の後ろは見落としがちなので、日焼け止めを忘れずにしっかりと塗りましょう。

スキンケアの後は「首のばしポーズ」でスッキリ?

STEP1. 口を閉じたまま顔を上に向け、首をのばして10秒間キープ。

STEP2. 顔を上に向けたまま唇をすぼめて上に突き出し10秒間キープ。

STEP3. 顔を正面に戻し、口角を強く横に引いて笑顔のポーズを10秒間キープ。

女性はいくつになっても若く、美しく見られたいものです。そのためにも、年齢が出やすい首とデコルテのケアは怠らないようにしましょう♪

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webを通してお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。お肌の悩みや商品の使い方から今さら聞けない悩みまで、LINEを通じて気軽にご相談いただけます。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/lc/index.html

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 「首のばしポーズ」ですっきり。首&デコルテの簡単ケア