美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2016/05/19

その化粧崩れ、下地が問題かも!?肌悩み別化粧下地の選び方

その化粧崩れ、下地が問題かも!?肌悩み別化粧下地の選び方

ベースメイクのカギともいわれる化粧下地はファンデーションのつきを良くし、メイクを長持ちさせてくれるもの。ファンデーションやパウダーは慎重に選んでいても、化粧下地は何となく選んでしまっていませんか? 今回は、資生堂Webビューティーコンサルタントの大塚真央さんに肌質&肌悩み別、化粧下地の選び方をアドバイスしていただきました。

ベースメイクが生きるのは化粧下地のおかげ!

化粧下地は紫外線やほこり、チリなどの微粒子汚れから肌を守ってくれたり、皮脂を吸着して化粧崩れを防いだり、また、肌の色や質感をコントロールします。ファンデーションの仕上がりを左右する化粧下地は、自分の肌質や肌悩みに合ったものをチョイスすることがとても重要なんです。

肌の状態に合わせたテクスチャーを!

乾燥肌や、オイリー肌、または乾燥するのにベタつく混合肌だったり...。自分の肌質に合わせて下地を選ぶことが大切。肌質がわからない方は、化粧品カウンターで水分量を測ってみたり、肌測定アプリを活用するのがおすすめ。それぞれの肌質に合わせたスキンケアを意識すれば、さらに理想のベースメイクに近づけますよ。

◆乾燥肌
スキンケアでしっかり丁寧に保湿することはもちろん、保湿効果の高いしっとりした化粧下地を選びましょう。さらに、細かなパールも入っている下地だと、ツヤを演出して、うるおいのある肌に見せてくれますよ。
下地効果も! 夕方まできれいが続く美容乳液

◆混合肌
サラっとした化粧下地で皮脂を吸着してくれる機能があるものを選びましょう。混合肌さんは肌の乾燥も気になりますよね。化粧水や乳液など、丁寧な保湿を心がけスキンケアから念入りに。
素肌ケアまで叶える 崩れ防止 美肌センサー化粧下地

肌悩み別で選ぶ化粧下地

肌質に合わせて化粧下地のテクスチャーを選びつつ、さらにそれぞれの肌悩みをカバーできる下地のタイプを決めましょう。

◆毛穴
毛穴の開きが気になる人は、下地をくるくると円を描きながらつけましょう。凹凸を埋めてつるんと仕上げます。毛穴の黒ずみが気になる人は、肌色の下地を使えば色むらもカバーしやすいですよ。
凹凸を自然にカバー

◆シミ
シミが広範囲の場合にはカバー力の高いBBクリームを使用するのがおすすめ。シミが気になるところはトントンと重ねづけをします。ピンポイントの濃いシミにはコンシーラーを使いましょう。
マルチなBBベース

◆小ジワ
細かいパールが入っているものを使えば、パールの光効果でシワが目立ちにくくなります。ほうれい線や目元には、明るめのリキッドタイプのコンシーラーをなじませてあげるとさらに◎。
うるおいを与えてきめ細かい肌に

◆赤み
イエロー系の下地を使うと赤みをカバーして自然な肌色に仕上がります。赤みが強い人や肌色を全体的に白く見せたい人はグリーン系がおすすめです。
色むらを瞬時に補正! グリーンの下地

◆くすみ
ピンク系の下地が明るい血色感を演出しトーンアップして、くすみをカバーしてくれます。スキンケア成分が入ったものだと一石二鳥に。
美透白肌をアップする薬用化粧下地

今まで肌質や肌悩みと違うタイプの化粧下地を使っていたかも...! なんて人は今が替え時かもしれません。少し意識して選ぶだけで、キレイな仕上がりのベースメイクが叶いますよ♪

photo : Shutterstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webを通してお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。お肌の悩みや商品の使い方から今さら聞けない悩みまで、LINEを通じて気軽にご相談いただけます。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/lc/index.html

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > その化粧崩れ、下地が問題かも!?肌悩み別化粧下地の選び方