美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/04/16

メイク上手になりたい!動画で「眉」の描き方を詳しくレッスン♪

メイク上手になりたい!動画で「眉」の描き方を詳しくレッスン♪

いつも、いつまでも、キレイに見られたい...女性の願望ですよね。特に眉の形は顔のイメージに大きく影響するもの。でも、眉の描き方って難しい...と思っている人、多いですよね。そこでアイブロウで眉毛を補って眉の形を整える基本テクニック動画を用意しました。眉を1本1本描く時などの手の動かし方に注目しながら、早速動画をチェックしてくださいね。

<目次>

ペンシルタイプ(動画再生時間:1分)

テキストでおさらい
1. ブラシで毛流れをまずは整える。
2. 眉山の位置は目尻寄りの白目の終わりの真上(オレンジ)、眉尻の位置は小鼻と目尻を結んだ延長線上(赤)、眉頭の位置は目頭の真上(紫)。
3. くり出しタイプなら芯を2~3mm出し、眉山から眉尻に向けて描く。眉尻の高さは眉頭と水平な一直線になるように、1本1本軽いタッチで描く。

4. 次に眉中央から眉山へ足りない部分を足しながらなだらかに描く。
5. 眉頭はソフトなタッチで眉中央に向かって描く。
6. 最後に全体的なバランスを見ながらブラシなどで毛流れを整える。

パウダータイプ(動画再生時間:1分)

テキストでおさらい
1. ブラシで毛流れをまずは整える。
2. 眉山の位置は目尻寄りの白目の終わりの真上(オレンジ)、眉尻の位置は小鼻と目尻を結んだ延長線上(赤)、眉頭の位置は目頭の真上(紫)。
3. アイブロウブラシにパウダーを適量取り、手の甲で色のつき具合を確認し調節する。
4. 眉山から眉尻に向けて描く。眉尻の高さは眉頭と水平な一直線になるように、ブラシを立て気味にしてスーっと力を抜きながら描く。

4. 次に眉中央から眉山へソフトなタッチで描く。
5. 眉頭もソフトなタッチで眉中央に向かって描く。
6. 最後に全体的なバランスを見ながらブラシなどで毛流れを整える。

マスカラタイプ(動画再生時間:25秒)

テキストでおさらい
1. ブラシに液をふくませる。
2. たっぷり液を乗せたい時は眉頭に向かって眉に液を絡ませるようにつける。
3. 眉頭から眉尻に向かって、眉の根元から毛先方向にブラシでとかすようにつける。

選び方・描き方のコツ(動画再生時間:52秒)

アイブロウのタイプ別の仕上がりや、眉をキレイに描くコツを紹介します。

テキストでおさらい
<アイブロウの選び方>
ペンシルタイプ:手軽に眉を1本1本描く場合
パウダータイプ:肌にぼかし込んだような自然な眉を描く場合
マスカラタイプ:毛流れを美しく整える場合

POINT!

  • 眉によってアイテムを組み合わせて使うものも◎。
  • アイブロウの色は髪の色に合わせて選ぶと自然な仕上がりに。

<アイブロウの描き方のコツ>
眉を描く前に:顔全体が見える鏡を準備する。
眉を描く時の力加減:ティッシュにアイブロウで線を描いてみて、破れない程度の力で。

POINT!

顔全体が見える鏡だと、バランスをチェックできてキレイな眉が描けますよ♪ 

いかがでしたか? いつもパパっと自己流で眉を描いているなら、同じアイブロウを使っても、眉の仕上がりが格段にUPした! と実感できるはずですよ。ぜひ試してみてくださいね!

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > メイク上手になりたい!動画で「眉」の描き方を詳しくレッスン♪