美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/04/16

理想の肌に仕上げたい!「ベースメイク」徹底解説 基本テクニック編

理想の肌に仕上げたい!「ベースメイク」徹底解説 基本テクニック編

キレイな肌にいつも、いつまでも、見せられたら...女性の願望ですよね。ベースメイクはそんな私たちの強い味方になってくれます。でも毎日何気なく塗っていませんか? ついつい自己流になりがちだからこそ、一緒に画面で確認しながらベースメイクをマスターできる動画を用意しました! 肌色を底上げし、凹凸やノイズとなる色むらをカバーしながら美しい肌のように仕上げてくれるベースメイクテクニックを手に入れて、理想の肌を演出してくださいね。

<目次>

化粧下地について

化粧下地はファンデーションのつきをよくし、フィット感を高め、美しい仕上がりを長持ちさせます。

化粧下地の塗り方(動画再生時間:50秒)

POINT!

優しく丁寧になじませているところに注目ください。

テキストでおさらい
1. 適量(1円硬貨大)を手のひらに取る。
*適量はアイテムごとに違う場合があります。サイトなどでチェックしましょう。
2. 顔の5カ所におき、指の腹を使って顔全体になじませる。

POINT!

  • 目の周りや小鼻、口の周りの細かい部分も丁寧になじませましょう。
  • 化粧下地の量が多すぎても、少なすぎてもファンデーションはキレイにつきません。ファンデーションがむらになったり、多くついて厚ぼったく見えてしまう原因になるので注意しましょう。なじませたら塗り残しがないか確認を。

ファンデーションの塗り方 基本テクニック

スポンジの持ち方

まずはスポンジの持ち方から基本をチェックしていきましょう。
スポンジは3本の指(人差し指・中指・薬指)で支えます。

基本的なファンデーションのつけ方 パウダー・エマルジョンタイプ編(動画再生時間:50秒)

テキストでおさらい
1. パウダーファンデーションの表面をすべらせるように、スポンジ1/2の面積に均一に取る。エマルジョンタイプの場合はスポンジの1/3に取る。これが半顔使用量の目安。

2. 顔の中心から外側に向かって、片方のほおにスポンジをすべらせるようにのばし、続けて額にものばす。もう一度ファンデーションを取り、もう片方も同様に。

POINT!

力を入れずにスーッとのばすのがコツですよ。

3. スポンジに残ったファンデーションで、目、鼻、口の周りへのばす。

POINT!

  • 目の周りは顔の中で皮ふが一番薄くデリケートな部分なので、優しくのばしましょう。
  • 目、鼻、口の周りはスポンジの角を使って押さえるようにつけます。
  • 鼻は上から下に向かってのばします、鼻先も忘れずに。

基本的なファンデーションのつけ方 クリームタイプ編(動画再生時間:1分16秒) 

テキストでおさらい
1. 化粧下地で整えた後、指先にパール粒1コ分(ディスペンサータイプなら1回押し分)を取り、顔の5カ所(両ほお・額・鼻先・あご)におく。
*適量はアイテムごとに違う場合があります。サイトなどでチェックしましょう。

2. 顔の中心から外側に向かって、スポンジまたは中指と薬指の腹を使って丁寧にのばす。

POINT!

力を入れずにスーッとのばすのがコツですよ。

3. スポンジに残ったファンデーションで、目、鼻、口の周りへのばす。

POINT!

  • 目の周りは顔の中で皮ふが一番薄くデリケートな部分なので、優しくのばしましょう。
  • 目、鼻、口の周りはスポンジの角を使って押さえるようにつけます。
  • 鼻は上から下に向かってのばします、鼻先も忘れずに。

基本的なファンデーションのつけ方 リキッドタイプ編(動画再生時間:1分21秒) 

テキストでおさらい
1. リキッドファンデーションを、1円硬貨大もしくはディスペンサー1回押しの量を手のひらに出す。これが顔全体使用量の目安。
*適量はアイテムごとに違う場合があります。サイトなどでチェックしましょう。
*びん口が広い場合は口に指をあて、逆さにして取り出してください。

2. 指もしくはスポンジで顔の5カ所(両ほお・額・鼻先・あご)におく。

3. 顔の中心から外側に向かって指もしくはスポンジでのばす。ほおの部分はスーッとすべらせるように大きくのばす。額も同様に。目・鼻・口周りはスポンジに残ったファンデーションで仕上げる。

POINT!

  • 目の周りは顔の中で皮ふが一番薄くデリケートな部分なので、優しくのばしましょう。
  • 目、鼻、口の周りはスポンジの角を使って押さえるようにつけます。
  • 鼻は上から下に向かってのばします、鼻先も忘れずに。

基本的なファンデーションのつけ方 スティックタイプ編(動画再生時間:1分08秒) 

テキストでおさらい

まずはファンデーションを約1㎝くり出し、両ほお・額・鼻・あごに直接つける。
1. 指もしくはスポンジでむらなく、顔の中心から外側に向かって優しくのばす。
2. ほおの部分はスーッとすべらせるように大きく動かす。額も同様に。目・鼻・口周りは指先に残ったファンデーションで仕上げる。

POINT!

  • 目の周りは顔の中で皮ふが一番薄くデリケートな部分なので、優しくのばしましょう。
  • 目、鼻、口の周りはスポンジの角を使って押さえるようにつけます。
  • 鼻は上から下に向かってのばします、鼻先も忘れずに。

水あり使用のテクニック(動画再生時間:1分) 

スポンジに水を含ませることで、ひんやりとした清涼感や密着感があり、ややツヤのある仕上がりになりますよ。

水の絞り方によってファンデーションの仕上がりが違うので、それぞれ解説します。

<普通のカバー力なら...水を多く含ませる スポンジの絞り方>
1. 水をまんべんなく含ませたスポンジの2/3のところを持って、手の中で水が出ない程度にギュッと絞る。
2. 1/3に残った水をスポンジ全体になじませる。

<カバー力のある仕上がりなら...水を少なく含ませる スポンジの絞り方>
水をまんべんなく含ませたスポンジの全体をもち、ギュッと強く絞る。絞った後は、水なしファンデーションと同様に基本テクニックで仕上げる。
*水使用できるファンデーションか確認してください。

いかがでしたか? いつもパパっと自己流に塗っているなら、同じファンデーションを使っても、仕上がりの違いを実感できるはず! 「あれ? なんか肌キレイ」なんて言ってもらいたい時は、すぐにでも試してくださいね♪

質問に答えれば、あなたにおすすめのファンデーションが見つかる! ビューティーチェックで早速チェック。

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 理想の肌に仕上げたい!「ベースメイク」徹底解説 基本テクニック編