美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/04/16

男性のための美容辞典 スキンケア 徹底解説

男性のための美容辞典 スキンケア 徹底解説

男だって肌で勝負する時代。ひげをそる方法や普段のスキンケアを正しく知っているだろうか? テカリなど男性特有の皮脂量についての解説ケア方法から、アクティブなアウトドア派なら理解しておくべき紫外線についての情報まで網羅した「スキンケア」読本を公開。読んで実践すれば、第一印象まで変わってくる資生堂のスキンケア内容を早速チェックしてみよう。

<目次>

ひげをそる時【そりやすくするHOWTO】

自分の「ひげそり」タイプを再確認

男性は、それぞれの習慣によって、朝にひげをそる「朝型」と、夜にひげをそる「夜型」、朝・夜の両方に行う「朝夜型」の3つのタイプにおおよそ分かれている。また、同じ「朝型」の人でも、かみそりを使う人と電気シェーバーを使う人も。「ひげそり」習慣の3つのタイプや、使用するかみそりの種類によって、スキンケア方法や化粧品も異なってくる。ひげそりの習慣や、どんなかみそりを使っているかを確認したうえで、かみそり負けしないようにひげをそる方法と、ひげそり後のスキンケアを取り入れてみよう。

POINT!

ひげそり前に注意! かみそりを使うひげそりと、電気シェーバーを使うひげそり、どちらの場合も切れ味のよいものを使うことが大切。また電気シェーバーは、中に残ったひげのカスなどで不潔になりやすいもの。定期的に専用クリーナーを使う、こまめに掃除する、などいつも清潔に。

すべりをなめらかにする「シェービングフォーム」

ひげを柔軟にしてかみそりのすべりをなめらかにするのが目的の「シェービングフォーム」。ひげそり用化粧品としての使い方がこちら。

【シェービングフォームの使い方】
1. 洗顔
2. シェービングフォームをつける部分をぬるま湯で濡らしてからつける
  ※ひげが濃く、硬い場合は、蒸しタオルを使ってあらかじめひげを柔らかくするのがコツ
3. シェービングフォームの量は、ゴルフボール大が適量の目安。ぬるま湯で濡らしておいたひげの部分につける

POINT!

シェービングフォームをつけてから30秒ほど、そのまま我慢するのがおすすめ。この30秒の間にひげが柔らかくなり、かみそりのすべりもグンと向上する。きめ細かな泡立ちで、シェービングフォームと洗顔フォームを兼ね備えたものもあるので、チェックしてみよう。
>>シェービングフォーム一覧

ひげそりはヒゲの流れに合わせるのが基本

ひげには一定の流れがある。この流れと同じ方向にかみそりを当てる(順ぞり)のが、ひげそりの基本。逆ぞりは肌を傷めるので厳禁! 深ぞりをしたい場合は、下のイラストのように、かみそりをひげの流れに対して45度から直角ぐらいの角度に当てるとしっかりそれる。

ひげそり後の肌状態

ひげをそった肌は、かみそりによって皮ふ表面に小さな傷がついてしまう。また、ひげそり前と比較すると肌が白く乾燥した状態に。これはかみそり負けの症状のひとつ。この症状は、ひげをそると同時に、かみそりの刃が皮ふ表面の角層や皮脂膜まで一緒に削り取ってしまうために生じる。このままではカサついたりヒリついたり、そのうえ角層が傷つけられることで雑菌が繁殖したりと、トラブルを起こしやすくなってしまう状態に。

肌のきめを拡大写真で見ると、ひげそり後の皮ふ角層がかみそりで削られてカサついている

肌を整える「化粧水・アフターシェーブローション」

上記のような肌を整える「化粧水・アフターシェーブローション」や、肌をなめらかにする「保湿液」、「美容液」をつけてケアすることが大切だ。
※ただし、かみそり負けや肌荒れがひどい時には、肌の負担になる場合もあるので化粧水などは控えたほうがベター。

ひげと肌を解説

ひげの特徴

男性ホルモンの影響で生えてくるひげは、年齢が高くなるにつれて太くなってくる。ひげは1日に平均0.2~0.5mmのびるといわれているが、冬よりは夏、夜よりも日中のほうがよくのびる傾向が。

ひげと肌

ひげをそる時、皮ふ表面がかみそりの刃先で細かく傷つけられると、それがかみそり負けや肌荒れの原因になってしまう。ひげをそる時は、できるだけ傷つけないようにし、ひげそり後もきちんとアフターケアをして、健康で健やかな皮ふを保つ必要がある。

かみそり負けの主な症状と原因

  • 「ヒリつく」...かみそりで皮ふ表面に細かな傷をつけたため
  • 「出血する」...真皮まで傷つけてしまったため
  • 「赤くなる」...皮ふに刺激を与えたため
  • 「肌荒れする」...肌の乾燥や角層がはがれてしまったため

普段のスキンケア

男性の肌にとって最も基本的なスキンケアといえば、毎日の「洗顔」。女性より皮脂分泌量の多い男性の肌にとっては特に重要スキンケアとなる。毛穴につまった皮脂、肌についた汗やほこりをすっきりと洗い流そう。特に皮脂分泌の多いTゾーンは念入りに洗うように。全体に脂っぽいなら、2度洗いがおすすめ。すすぎは、洗顔料が残らないように十分に行おう。

POINT!

いきなり洗顔料をつけるのはNG!
まずは顔についたほこりを落とすつもりで水かぬるま湯で洗い、肌を十分に濡らすことがポイント。こうすることで洗顔料が肌によくなじみ、毛穴の奥まで行きわたる。
力いっぱいゴシゴシ洗顔していないか?
洗顔料は手で十分に泡立ててから、マッサージするように優しく指先で洗うこと。この泡が肌の汚れをジワジワと浮かびあがらせ、毛穴の中までキレイにしてくれる。

>>肌を清潔に保つ洗顔料はこちら

洗顔後は「肌に水分・油分を補う」

洗顔後の肌には、水分(化粧水)、油分(保湿液・クリーム)を補って、肌のうるおい環境を整えて肌表面のきめがふっくらとした角層に育み保つ必要がある。使用する化粧品は、肌の状態や好みに合わせて使い分けよう。

脂っぽい肌の場合:「化粧水」を手にとり軽くたたくようにつける。
>>男性用化粧水一覧

カサつきがちな肌の場合:カサつきの程度によって「保湿液」か「クリーム」を選び、顔にのばす。特に乾燥している部位には美容液を少量手に取り、うすくなじませるのもおすすめ。
>>男性用保湿液一覧
>>男性用クリーム・美容液一覧

唇の場合:唇は、顔の他の部分の皮ふと異なり、皮脂腺が少ないため、乾燥してカサつきやすい部位。リップクリームでうるおいを与え、乾燥を防ごう。冬場やスキー、ゴルフなど紫外線を浴びる時にはUVカット効果のあるリップクリームがおすすめ。
>>おすすめリップクリーム一覧

POINT!

TゾーンとUラインの違い
額や鼻のTゾーンは、皮脂分泌が多く、脂っぽいところ。あごのUラインは、ひげそりなどで傷つき、水分が失われてカサつきやすいところ。それぞれの部分にあったケアを心がけよう。

たまには「マッサージ」にチャレンジ!

男性でもフェイシャルエステティックに通う人もいる。そこまでしなくても...と思う人も、たまには自分でマッサージにトライしてみよう。

マッサージ効果・方法>
特に、冬の間や日焼けの後など、肌のカサつきが気になる場合におすすめ。マッサージは血液循環をよくし、新陳代謝を促して、肌の働きを良好に保ってくれる。洗顔後、保湿液あるいはクリ一ムを普段より多めにつけ、指の腹、または手のひら全体で、ゆっくりと肌をなでるようにマッサージしてみよう。

スキンケアアイテムとは【種類とその機能・役割】

クレンジングフォーム(洗顔料)

・主な働き
肌の汚れ(皮脂、汗、ほこりなど)をすっきりと洗い流し、清潔にする。
・使い方のポイント
肌を水やぬるま湯で濡らしてから、手のひらに約1cm(約1g)を取り、水を加えて十分泡立て、顔を包むようにして洗う。その後、十分にすすぐ※。脂っぽい肌は二度洗いしよう。洗顔ブラシで洗うとよりすっきりする。
※ブランド毎に容量・使い方が異なることもあるので、詳しくはサイトでチェック

化粧水・アフターシェーブローション

・おもな働き
ひげそり後の肌・洗顔後の肌を引きしめ、健やかに整える。
・使い方のポイント
ひげそりの後や洗顔後、部分的に使う場合は10円硬貨大(約1ml)、全体に使う場合は500円硬貨大(約1.5ml)を手に取り、軽くたたくようにして使う。
※ブランド毎に容量・使い方が異なることもあるので、詳しくはサイトでチェック

保湿液

・おもな働き
肌に適度なうるおいを与え、なめらかに整える。
・使い方のポイント
洗顔や入浴の後に、10円硬貨大(約1ml)を手に取って顔にのばす。ひげそり後、アフターシェーブローションだけでは肌がカサつきやすい時にもおすすめ。
※ブランド毎に容量・使い方が異なることもあるので、詳しくはサイトでチェック

クリーム

・おもな働き
肌にしっとりしたうるおいを与え、肌荒れを防ぐ。
・使い方のポイント
日常の手入れ用としてなら、洗顔や入浴の後に、パール粒1コ分(約0.4g)を手に取って顔にのばす。ひげそり後、アフターシェーブローションだけでは肌がカサついたり、肌荒れしたりする時にもおすすめ。
※ブランド毎に容量・使い方が異なることもあるので、詳しくはサイトでチェック

美容液

・おもな働き
肌にみずみずしいうるおいを与え、肌荒れを防ぐ。
・使い方のポイント
ひげそり後や洗顔後に、パール粒1コ分(約0.4g)を手に取り、特に乾燥の気になる部分を中心に全体になじませる。
※ブランド毎に容量・使い方が異なることもあるので、詳しくはサイトでチェック

「皮脂量と男性の肌」解説

男性の肌は女性の肌に比べ、一般的に皮脂の分泌量が多く、脂っぽくきめが粗くなっている。皮脂腺の働きはホルモンに影響されるものだが、男性ホルモンは、皮脂分泌を活発にする働きがある。女性の場合は20代をピークに年齢を重ねるにつれて皮脂分泌が少なくなるが、男性は年齢による大きな変化はない。

「紫外線と男性の肌」徹底解説

男性は女性に比べてサンケアの意識が低いことが多く、紫外線に対して無防備な傾向が。そのため、アウトドアスポーツやレジャーの時などに、思わぬ日焼けをしがちに。紫外線によるダメージは、肌荒れや肌の老化を早める原因となるので要注意。そこでここからは「紫外線と男性の肌」について徹底解説する。

そもそも紫外線とは?

紫外線とオゾン層

紫外線(A紫外線、B紫外線)が大気圏を通過してくる距離は、太陽と地球の位置、時刻により異なっている。太陽が日本に最も近くなる夏至の頃は紫外線がオゾン層・大気圏を通る距離が短く、強い紫外線が真上から降りそそぐことに。一方、太陽が日本から最も遠くなる冬至の頃は紫外線がオゾン層・大気圏を通る距離が長くなるので、紫外線も弱くなる。
しかし近年話題になっているように、オゾン層の破壊などによりオゾン層自体の厚さも変化している。さらに雲や霧などの気象状況、大気汚染の状況などにも紫外線の強さや波長分布は影響を受けてしまう。

A紫外線(UVA)とB紫外線(UVB)の違い

太陽は波長の異なるガンマ線、X線、紫外線、可視光線、赤外線を放射している。その中で紫外線はA紫外線、B紫外線、C紫外線の3つに分かれる。光線は波長が短いほど強いエネルギーを持ち、人体に大きな影響を与えるのだが、このうち有害であるいちばん波長の短いC紫外線と次に短いB紫外線の1部はオゾン層に吸収されるため地表には届かない。したがって、オゾン層に吸収されずに残ったA紫外線とB紫外線だけが地表に届く。しかし 最近では、このオゾン層の破壊にともなって、今後の紫外線増加が懸念されている。

UVA

波長の長いA紫外線は生活紫外線ともいわれ、窓ガラスや雲を通過して肌の奥まで届き、シワやたるみ、シミなどの「肌の老化」を引きおこす原因に。

UVB

波長の短いB紫外線は、レジャー紫外線ともいわれ、屋外での日焼けの主な原因。肌に強く作用し、たくさん浴びると赤く炎症をおこす。シミ・そばかすや乾燥の原因にも。

メラニン色素

「紫外線が肌に影響を与えようとしている」という指令がメラノサイト(色素形成細胞)に伝わると、メラノサイトはメラニン色素をつくり出す。メラニン色素はメラノサイトから表皮の細胞に受け渡され、皮ふ全体に広がり、紫外線を吸収して肌を守ってくれる。一方、過剰なメラニン色素は、シミやそばかすの原因となる。

免疫力を低下させる紫外線

身体を守ってくれる、大切な免疫機能

人間には自分以外の物質や自分の身体に害をもたらす細菌・ウイルス・アレルギー物質などの異物から守るための機能である自己防衛システムが備わっており、これが「免疫」である。この免疫機能が正常に作動している時、身体は健康で抵抗力がある状態と言える。しかし何らかの影響で免疫機能が低下すると、細菌やウイルスに感染しやすくなったり、体調をくずしやすくなったりする。

紫外線が免疫機能に与えるダメージ

なぜ紫外線を浴びると免疫機能が低下するのか? 肌の表皮には「ランゲルハンス細胞」という免疫機能に欠かせない細胞が点在している。この細胞は、手のひらを広げたような形をした細胞で、いったん異物の侵入を察知すると、それを細胞内に取り込み、その情報をリンパ球に知らせ、情報を受け取ったリンパ球は、身体から異物を排除しようと働く。その、肌の表皮にある「ランゲルハンス細胞」は紫外線の影響を受けやすい状態にある。したがって、紫外線によってダメージを受けたランゲルハンス細胞は、全身の免疫システムへ異物の侵入を知らせることができず、身体はスムーズに防御体制を整えられなくなる。このようなことから海水浴やプールなどで全身を焼いた後は、身体の抵抗力が弱まった状態になる。

免疫システム発動のメカニズム

ランゲルハンス細胞は、異物を発見するとリンパ節に移動して、全身の免疫系に異物の侵入を知らせ、免疫システムを発動させる。

「SPF値」「PA分類」の最適指数

化粧品の紫外線防止効果には、ふたつの表記がある。その効果の大きさを示すのが、「SPF値」と「PA分類」。数値が大きいほうがいいと単純に理解している人が多いのでは? やみくもに数値の高い商品を選ぶことよりまず、きちんとSPF値とPA分類の意味を理解し、ライフシーンに適した商品を選ぼう。

UVBを防ぐ効果を示すSPF表示

SPFとは、Sun Protection Factor(サンケア指数)の略でUVBの防止効果を表す数値。数値が大きいほど、B紫外線を防ぐ効果が高いことを示す。この数値は50+まであり、50+が最もB紫外線を防ぐ効果が高いことを表している。

UVAを防ぐ効果を示すPA表示

A紫外線に対するサンケア指数(PFA)は、PA+,++,+++,++++と表示される。PAとは、Protection Grade of UVAの略で、UVAをどのくらい防止できるかという目安。4段階に区分され、効果の度合いを「+」の数で表示している。

使用シーンと使用性・安全性で選ぶ、日焼け止め

1日の紫外線量を防ぐためにはどれくらいのSPFが必要か? 使用シーンや肌の紫外線に対する敏感さ(紫外線による肌の赤くなりやすさ)によって、必要なSPF・PAは異なるため、サンスクリーンを選ぶ時は、それらに合わせて選ぶことが大切だ。

※SPF50+が日本化粧品工業連合会の統一基準で定められた上限値

>>日焼け止め商品一覧

紫外線対策セルフチェック

あなたの紫外線の意識はどうか?

まずはYESの数をかぞえてみよう。

□ 外出時には、必ず日焼け止めをつけるようにしている
☐ スポーツやレジャーの時は、日焼け止めを定期的につけ直している
☐ SPFやPAという表示のあるものを使っている
☐ 肌は絶対に焼かないと決めている
☐ ガラス越しでも、ブラインドを下ろすなど、日光をさえぎる工夫をしている
☐ 曇りでも晴れの日と同じように日焼け止めをつけている
☐ 外出時には帽子をかぶるなど、直射日光をさける工夫をしている
☐ 顔だけでなく、首すじや腕などにも、日焼け止めをつけている
☐ 毎年3月頃からは、日焼け止めや美白効果のある化粧品を使っている
☐ 夏でも、長袖のシャツや、黒などの濃い色の服を着ている

チェック結果

YESの数が10~8
あなたはきちんと紫外線対策を意識している。そのすばらしさをいつまでも保って健康と肌の美しさに磨きをかけよう。
YESの数が7~4
紫外線対策をちょっと油断ぎみ? 今日から意識を高めてケアしよう。
YESの数が3~0
すでに紫外線の影響を受けているかも...。紫外線対策は毎日の積み重ねが大切。1日も早くYESの数を増やしていこう。

紫外線量と強さの変化

年間の紫外線量と強さの変化

紫外線は1年中、私たちの肌にふりそそいでいるが、3月ごろから徐々に強くなり、4月から9月ごろまでが強いシーズン。年間を通しての紫外線対策はもちろんのこと、特に4月ごろからの紫外線対策をしっかりしておきたいところ。梅雨の合間の晴れた日は、特に注意を。

1日の紫外線量の変化

1日のうちで紫外線が特に強いのは午前10時~午後2時ぐらいの間。この時間帯は特に紫外線からしっかりと肌を守ることがポイントに。また、日差しが弱い朝や夕方でも紫外線は肌に届くので、うっかり日焼けをしないように注意しよう。

※紫外線の強さは天候などの影響を強く受けるため、年度や地域により異なる。測定値横浜

紫外線は「下」からも

海やプールではもちろんのこと、スキー場での紫外線対策も手抜きはできない。

衣服の素材や色でも違う

紫外線を防ぐ効果が高いのは、淡い色より濃い色。薄い素材よりも厚手の素材を選ぼう。

レジャーやスポーツで失敗しない紫外線対策

屋外のレジャーやスポーツでは、特に強烈な日差しを浴びることになり、しかも長時間となると日常の対策ではとても防ぎきれない場合が多くなる。そこで、レジャーやスポーツの時は、それに適した紫外線対策をマスターしておこう。

日差しをダイレクトに浴びる首や肩はしっかりガード

ボディ用の日焼け止めを身体全体にむらなくたっぷりのばそう。首の後ろや肩、手の甲、足の甲などは日差しをダイレクトに受けるところなので忘れずにつけておこう。

日中の外出時は、こんなことに気をつけて!

汗をかいたら、その都度つけ直すことが大切。紫外線の強い時間帯(AM10時~PM2時ぐらい)の外出には、帽子などで紫外線を防ごう。

POINT!

  • 日焼け止めが衣服についた場合は、すぐに洗剤で丁寧に洗う
  • 日焼け止めを1度つけたからと安心せず、日焼け防止効果を保つためには2~3時間おきに塗り直そう。泳いだ後や汗をかいた後は、水気を押さえ、その都度つけることも大切だ。

清潔で健康的な肌は、第一印象まで変わってくるはず。早速、今日から正しいスキンケアを実践してみよう!

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 男性のための美容辞典 スキンケア 徹底解説