美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/04/16

男性のための美容辞典 眉の整え方 徹底解説

男性のための美容辞典 眉の整え方 徹底解説

眉は、顔の中で自由に形を変化させることのできる部分。眉の長さや、眉山の位置によって、顔のイメージは大きく左右されることを認識しているだろうか? そして眉の正しいカット方法は知っているだろうか? カット方法だけでなく、眉の形から生え方、描き足すテクニックまで網羅した「男のための眉ケア」読本を公開。
読んで実践すれば、第一印象まで変わってくる資生堂が提案する眉のケア手法を早速チェックしてみよう。

<目次>

標準的な眉と生え方・眉が与えるイメージとは

標準の眉のプロポーションとは?

まずは、自分の眉と標準的な眉のプロポーションとの違いをチェックしてみましょう。標準的な眉のプロポーションは以下の通り;
1. 眉頭は目頭の真上
2. 眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長線上
3. 眉山は眉頭から約2/3のところ
4. 眉頭と眉尻は一直線上

一般的な眉の生え方

一般的な眉の毛流れや生え方は眉頭から眉山にかけては眉尻方向に斜め上へ、眉山から眉尻にかけては斜め下眉尻に向かっている。また眉頭と眉山の中央部分に最も眉毛が密生している。

眉の形によるイメージ

眉は顔の印象を、最も大きく変化させるパーツ。形や太さによる印象の違いを参考に、自分に似合う・なりたい眉の形を考えてみよう。

濃く太い直線的な眉
ワイルドで男らしくはっきりした印象

薄く太い直線的な眉
おだやかな印象

濃く細い長めの眉
すっきりとシャープではっきりした印象

上がり眉
男らしくりりしい印象

下がり眉
穏やかだがやや貧弱な印象

眉カット方法

<準備するもの>

アイブローシザーズ
眉の余分なムダ毛を取り除くための眉専用のハサミ。細く柔らかい毛を取り除くのに適している。 広範囲のムダ毛を素早く処理できるが、毛管のみカットされるため眉が伸びるのは早い。

アイブローニッパーズ
眉の余分なムダ毛を取り除くための毛抜き。太くしっかりした毛を取り除くのに適している。毛根から処理できるため、整えた形が長もちする。

ブローブラシ&コーム
コーム側:眉の毛流れを整えるための眉専用のくし。
ブラシ側:眉を描く前に毛流れを整えたり、眉を描いた後ぼかしたりするための眉専用ブラシ。

ブロー&アイラッシュブラシ
眉の毛流れを簡単に整えられるスクリュータイプのブラシ。眉をぼかす場合には、眉頭・眉尻はブラシの先端を、眉の中央はブラシ全体を使い、回転させながら、すくいとるようにぼかす。

アイブローペンシル
眉用鉛筆のこと。眉を描き足したい場合に用いる。形を整える時に使うと便利。

<ブローブラシ&コームの使い方>

コーム側
コームの先端を肌にフィットさせ、眉の下側から毛をすくい上げるようにとかす。また、眉毛の長さをカットする場合は、コームの先端で毛をすくいあげ、コームの先端から出ている毛先を眉用ハサミでカットする。

ブラシ側
ブラシの毛先を肌にフィットさせ、眉の毛流れにそってブラッシングする。眉尻の細い部分は、ブラシを上下に動かさず横に動かすように使う。

POINT!

毛が動きにくい眉の場合は、最初に下向きにブラッシングし、その後毛流れにそってブラッシングするととかしやすい!

<アイブローシザーズ(眉用はさみ)を使ったカット手順>

1. 眉の形を決める
・アイブローブラシまたはアイブローコームで眉の毛流れを整える
・アイブローペンシルで好みの形を描く。

POINT!

もともと生えている位置と違いすぎないように、注意しよう!

2. アウトラインを整える(根元からカットする)

アイブローペンシルで描いた線からはみ出している毛を取り除く。取り除きたい部位の肌を、もう片方の人差し指で顔の外側に引っ張り、アイブローシザーズを肌に平行にあて、すべらせるように1本ずつカットしていく。外刃のカーブを肌にフィットさせてカットしよう。

3. 眉の濃さを整える
濃い部分は、毛流れにそってアイブローコームで眉毛をおこし、アイブローシザーズで毛先をカット。
・眉頭から眉山までは、上向きにとかして、上のラインからはみ出した毛先をカット。
・眉山から眉尻までは、下向きにとかして、下のラインからはみ出した毛先をカット。

<アイブローニッパーズ(毛抜き)を用いる場合>

抜きたい部分付近の皮ふを指先でピンとはらせ、アイブローニッパーズで眉毛を1本ずつはさみ、毛流れに沿って抜く。

POINT!

抜きやすさを重視するなら、入浴後がおすすめ。皮ふが柔らかく毛穴が開いているので抜きやすい。

眉型タイプ別 手入れ方法

Type1 濃く太い直線的な眉

●印象 男性的ではあるが、ボサボサで野暮ったく見えがち
Before

●手入れ
1. よくブラッシングして、毛の流れを整える。
2. 眉山の下にカーブをつけるように、以下のイラストの赤のラインから下の部分を抜く、もしくはカットする。

●仕上がり 部分的に整えることで、自然な感じを生かしながらすっきりとした印象
After

Type2 眉山がとがっている三角眉

●印象 眉山の太い部分が目立ち、目が離れているように見える
Before

●手入れ(2カ所)
<眉山の下を整える>
1. 下のイラストの赤のラインから下のムダ毛を抜く、もしくはカットする。
2. アイブローペンシルで、イラストの縁の部分を1本1本描き足し、眉山の高さを目立たなくする。

3. ブラシで描いた部分をぼかす。

●仕上がり
After

<眉山を整える>
赤のラインから上にはみ出ている部分をカットする。

POINT!

失敗しそうで怖い場合は、アイブローペンシルで赤のラインをしっかり描き、描いたラインを目印にカットする。

●仕上がり 眉山が目立たなくなり、すっきりと見える
After

Type3 眉尻が太い下がり眉

●印象 穏やかな感じだが、頼りなく見えがち
Before

●手入れ
1. よくブラッシングして、毛の流れを整える。
2. 以下のイラストの赤のラインから下のムダ毛を抜く、もしくはカットする。

POINT!

眉尻の毛が下向きに生えている場合は、毛の長さをカットするよりも、内側の毛を取り除くほうが自然に仕上がる。ブラシで毛をしっかり持ち上げて、整えたい形の内側の根元から毛を抜くかカットしよう。

3. 眉尻の下がった印象をカバーするために、アイブローペンシルで眉頭を描き足す。
4. ブラシで描いた部分をぼかす。

●仕上がり 部分的に整えることで、自然な感じを生かしながらすっきりとした印象
After

Type4 部分的に薄い眉

●印象 眉尻が薄いため短く見えて、貧弱な印象を与えがち
Before

●手入れ
1. なりたい眉の形からはみ出す、下のイラストの赤のラインの外側を抜く、もしくはカットする。

2. アイブローペンシルで、薄い部分だけを描きたす。
3. ブラシで描いた部分をぼかす。

●仕上がり 眉がはっきりして、キリッとひきしまった印象
※全体的に眉が薄い人は、「眉を整える」の「眉の描き方」を参考に
After

Type5 左右の眉の形が違う

●手入れ
1. 理想の眉の形を見極めよう。
2. タイプ1~4の手入れ方法を参考に、右側・左側それぞれに相応しい方法で理想の眉の形に整える。

眉の描き方

1. 眉ブラシで毛流れを揃える
2. 自分の眉や頭髪の色に近いアイブローペンシルを選び、くり出しタイプなら芯を2~3mm出す。
3. 眉毛の足りない部分を、毛の流れにそって、1本1本軽いタッチで描き足す。
※眉全体を描き足す場合、以下の1→2→3の順番に矢印の方向に描く

4. 描き終わったら、眉の流れにそって、アイブローブラシでぼかす。
5. 眉を描き終わったら眉頭の入り方、眉山の高さ、濃さ、太さなど左右のバランスを確認しよう。

POINT!

左右対称に描きやすくするには、描きにくい方の眉から描き、反対側をそれに合わせるのがコツ。

第一印象まで変わってくる資生堂の眉スタイリング。1度試してみてもいいかもしれない。

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 男性のための美容辞典 眉の整え方 徹底解説