美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/04/16

メイク上手になりたい!動画で「アイシャドウ」の塗り方を詳しくレッスン♪

メイク上手になりたい!動画で「アイシャドウ」の塗り方を詳しくレッスン♪

いつも、いつまでも、キレイに見られたい...女性の願望ですよね。アイシャドウは目元を印象的に見せてくれる強い味方! そこで、アイシャドウで目元に陰影をつけたり、印象的に見せる基本的なテクニック動画を用意しました。アイシャドウをぼかす時の手の動かし方に注目しながら、早速動画をチェック!

<目次>

アイシャドウの塗り方って?(動画再生時間:49秒)

テキストでおさらい
1. アイシャドウをチップの面に適量取り、手の甲で色の調整をする。
2. 上まぶたにつける場合は、目元が自然な印象になるようにまつ毛の生え際に、目尻から目頭に向かってアイシャドウを置き、アイホールを目安にぼかす。
3. 目尻や下まぶたにつける場合は、チップの先端で塗る。
4. 最後に幅・色の濃さなど、左右のバランスを確かめる。

アイシャドウを上手につけるコツ(動画再生時間:29秒)

テキストでおさらい
① 道具選び
アイシャドウを目元全体につける場合...太いチップやブラシがおすすめ。
アイシャドウを目元のキワにつける場合...細いチップやブラシがおすすめ。

② 鏡の持ち方・視線
上まぶたに塗る場合...手鏡を下に持ち、視線を落とすとぼかしやすい。
下まぶたに塗る場合...手鏡を上に持ち、上目遣いにするとつけやすい。

目元のバランスをよく見せるテクニック(動画再生時間:1分34秒)

目元をバランスよく、より一層魅力的に見せるための方法を紹介します。

テキストでおさらい
<目元を大きく見せるコツ>
まずは目の形・まぶたをチェックしてみましょう。

POINT!

  • 目元をバランスよく見せるには...縦:横=1:3の比率
  • まぶたをバランスよく見せるには...目の縦幅:まぶたの広さ=1:1

縦に対して横が短いタイプの目元の場合
アイメイク方法
1. アイラインを1:3のバランスになるよう意識して、目尻に点で印をつけて長めに描く。
*アイラインは2~3mmの太さで目の形に沿って描く。目尻の1/3はやや太めに。
2. ライトカラーのアイシャドウをまぶたの中央に置き、アイホールに向かってぼかす。
*アイラインを描いた部分には、ダークカラーを重ねるのでぼかさないように。
3. 目を開けた時に「目の縦幅:まぶたの広さ=1:1」になるようにダークカラーで調整。
*目のフレームラインより5 mm程度ぼかす。目尻側はやや太めに。
4. マスカラはまつ毛全体につけた後、目の横幅を出すために目尻側に重ねづけする。

いかがでしたか? いつもパパっと自己流に塗っているなら、同じアイシャドウを使っても、メイクの仕上がりが格段にUPした! と実感できるはずですよ。ぜひ試してくださいね!

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > メイク上手になりたい!動画で「アイシャドウ」の塗り方を詳しくレッスン♪