CLOSE

10th Anniversary CM公開中

五島列島のどこかにある洋館で暮らす謎の男性。髪から女性を美しくしあわせにしたいと願っている。島で咲く椿の種子を使ったシャンプーに秘密があるらしい。

仕事もプライベートもそれなりに充実しているが、いつもあと一歩満たされない気がする悩めるアラサー女子。最近忙しくて髪に時間をかけていないことが原因だとにらみ、自信をなくしたときや笑顔になりたいとき館を訪れている。

いろんな自分を試してみたいけど失敗はしたくない若手OL。10代の頃とは違い、最近髪のダメージが気になりはじめた。もっとなめらかな髪になる方法を探すのがマイブーム。館へは髪の悩みだけでなく人生相談にも訪れている。

人生の酸いも甘いも噛み分けた品格漂う大人の女性。余裕のある外見とは裏腹に、人知れず髪の悩みを抱えている。ゴワついた手触りやコシのなさを解消して、女性としての自信を取り戻したいと館を訪れる。

五島列島のどこかにある洋館で暮らす謎の男性。

髪から女性を美しく
しあわせにしたいと願っている。
島で咲く椿の種子を使った
シャンプーに秘密があるらしい。

仕事もプライベートもそれなりに充実しているが、いつもあと一歩満たされない気がする悩めるアラサー女子。

最近忙しくて髪に時間をかけていないことが原因だとにらみ、
自信をなくしたときや笑顔になりたいとき館を訪れている。

いろんな自分を試してみたいけど失敗はしたくない若手OL。

10代の頃とは違い、最近髪の
ダメージが気になりはじめた。
もっとなめらかな髪になる方法を探すのが
マイブーム。館へは髪の悩みだけでなく
人生相談にも訪れている。

人生の酸いも甘いも噛み分けた品格漂う大人の女性。

余裕のある外見とは裏腹に、
人知れず髪の悩みを抱えている。
ゴワついた手触りやコシのなさを解消して、
女性としての自信を取り戻したいと館を訪れる。

TSUBAKI STORY
TSUBAKI STORY
春
夏
秋
女性を髪から幸せにしたい、と男は思った。

長崎県、五島列島。およそ140の島々のどこかに、
一軒の古い洋館がひっそりと建っている。

ある日、椿の長い小道を通り、館へひとりの男がやってきた。
凛とした佇まいとミステリアスな瞳。
男は一輪の椿を手にとると、
何かを決意したように館の中へ入っていった。

やがて、不思議な噂話が流れはじめた。
島の椿を使った秘密のシャンプーで、
男に髪を洗ってもらうと幸せになれるらしい。

「いいことありそう」
そんな予感で、髪だけでなく
こころまでうるおうというのだ。
早速、ウワサを聞いた3人の女性が館を訪れた。
違う人生を生きる彼女たちには、ひとつ共通点があった。
それは、長い髪。美しい髪を手に入れて、
もっと自信をもちたい。人生を楽しみたい。
それぞれの髪にそれぞれの願いを秘めて、
今日も館の扉が叩かれる…。

一新、TSUBAKI 「福山雅治」篇一新、TSUBAKI 「福山雅治」篇
一新、TSUBAKI 「福山雅治」篇
一新、TSUBAKI 「杏」篇一新、TSUBAKI 「杏」篇
一新、TSUBAKI 「杏」篇
一新、TSUBAKI 「三吉彩花」篇一新、TSUBAKI 「三吉彩花」篇
一新、TSUBAKI 「三吉彩花」篇
一新、TSUBAKI 「鈴木京香」篇一新、TSUBAKI 「鈴木京香」篇
一新、TSUBAKI 「鈴木京香」篇
夏は出会いの季節だ。湿気との。

一年のうちで空がいちばん意地悪になる季節。
それが梅雨。

毛の傷ついた部分が湿気を吸って膨らみ、髪全体が広がる。
その女性も、髪を後ろでひとつに束ねていた。
心なしか、椅子に座る姿まで窮屈そうに見える。
そのままのあなたが何よりも美しいのに。

半ば強引にバレッタを外して言った。
「もったいない」
解放された彼女の髪が、
息を吹き返すようにほどけた。

椿麹つけこみ美容。洗うだけで、
髪と地肌が本来のやわらかさを取り戻していく。


夏こそ、髪はもっと自由であるべきだ。
湿気なんてさらりとかわし、軽やかにまとまればいい。
「キモチいいね!」
雨上がりの帰り道、自転車を停めて振り返ると、
彼女は大きく手を振った。
晴れ間からのぞく太陽に負けないくらい、
その笑顔はまぶしかった。

TSUBAKI「夏の髪まとまる(赤)」篇 30秒TSUBAKI「夏の髪まとまる(赤)」篇 30秒
TSUBAKI「夏の髪まとまる(赤)」篇 30秒
TSUBAKI「夏の髪まとまる(赤)」篇 15秒TSUBAKI「夏の髪まとまる(赤)」篇 15秒
TSUBAKI「夏の髪まとまる(赤)」篇 15秒
杏さんの涼しい笑顔の理由はコチラ
もういちど、夏を好きになろう。

いつから人は夏の訪れが憂鬱になるのだろう。

ある梅雨の日、館を訪れたその女性は、
大きな白い帽子をかぶっていた。
コシのない髪は湿気を吸うと平たくつぶれる。
ボリュームのなさを隠す帽子のつばが、
まるで空から身を守る大きな盾に見えた。
彼女はまだ気づいていない。
そのままの自分が何よりも美しいことに。

帽子を脱がせ、
「もったいない」とつぶやく。
思わぬひと言に、
彼女の頑なな扉が少しだけ開いた。

椿麹つけこみ美容が、洗うだけで髪と地肌だけでなく、
こころまでやわらかく解きほぐす。


やがて芯からうるおった髪が、
ふんわりと美しい花を咲かせた。
「夏もいいわね」
晴れた空を見上げて無邪気に笑う彼女。
少女のような笑顔を見ながら、
いくつになっても人は夏の子だと思った。

TSUBAKI「夏の髪ふんわり(紫)」篇 30秒TSUBAKI「夏の髪ふんわり(紫)」篇 30秒
TSUBAKI「夏の髪ふんわり(紫)」篇 30秒
TSUBAKI「夏の髪ふんわり(紫)」篇 15秒TSUBAKI「夏の髪ふんわり(紫)」篇 15秒
TSUBAKI「夏の髪ふんわり(紫)」篇 15秒
京香さんが夏を好きになった理由はコチラ
夏色の私、ください。

「また傷つくのがこわいんです」
ある真夏の昼下がり、
館を訪れたその女性は言った。

白いワンピースと対照的な漆黒の髪に、
部屋の気温が数℃上がる気がした。
高一の夏、彼女は初めて髪を染めた。
やっちゃった…髪、ゴメン!
手に入れたのは少し大人びた自分と、
その代償の髪と地肌へのダメージ。
もう二度とカラーリングなんてしない。

当時を思い返して
苦笑いする彼女に言った。
「もったいない」

椿麹つけこみ美容が、
洗うだけでカラーやパーマによる
髪と地肌へのダメージを簡単補修。


夏には夏の髪がある。
自分のカラーを決めつけず、何色にでも染まればいい。
傷なんてなかったことにして、もっと自由に楽しもう。
3日後、彼女から封筒に入った一枚の写真が届いた。
見違えるような明るい髪と爽やかな笑顔。
彼女らしい夏がいま始まった。

三吉さんが自分らしさを取りもどした理由はコチラ
こころまでうるおう、冬にしよう。

寒空の下、満開に咲く椿を見るたび思った。

よりによってなぜ冬に?咲くのが楽しい季節は他にもある。
でも、今ならわかる。
椿は冬の寒さに耐えてるんじゃない。楽しんでいるんだ。
上気した頬を赤く染め、澄んだ空気に輝く自らの晴れ姿を、
きっとどんな花より楽しんでいる。


椿麹つけこみ美容。
洗うだけでうるおってまとまる髪がくれる満足感を、
どんな冷たい風も奪うことはできない。

髪、切ります。
本当は今日、あの人に言うつもりだった。

都会の乾いた風に、
これ以上大事なものを奪われたくなかった。
でも髪を洗い終えるとあの人は言った。
「こころまでうるおうあなたは美しい」
乾いたらまたうるおえばいい。
冬に咲く椿の凛とした自信を私もいつか手に入れてみせる。
髪、切るのやめた。
あの人のまなざしを背中に感じながら、強く前を向いた。

TSUBAKI 「髪切るのやめた」篇 30秒TSUBAKI 「髪切るのやめた」篇 30秒
TSUBAKI 「髪切るのやめた」篇 30秒
TSUBAKI 「髪切るのやめた」篇 15秒TSUBAKI 「髪切るのやめた」篇 15秒
TSUBAKI 「髪切るのやめた」篇 15秒
杏さんの決意の理由はコチラ
PAGE TOP