12万人の性格分析データ

SNS分析から見えてきた真実、教えます!

uno SOCIAL BARBER とは?

webサイトからSNSアカウントに接続するだけで、過去の投稿を分析して、あなたの性格傾向を29パターンの中から分類し、エゴグラム分析とディープラーニングを掛け合わせた性格診断に加えて、一歩大人に近づくためのアドバイスとヘアスタイルの提案を行います。

ここでは、12万人が体験したuno SOCIAL BARBERの診断結果を分析して、SNSや男女別の性格傾向を読み解きます。

※「uno SOCIAL BARBER」は終了しました

当ページの分析内容について

当データ分析は、エゴグラム(新版TEGⅡ)での心理分析結果とSNSの投稿(発言)から5つの自我状態のポイントを機械学習(ディープラーニング)によって算出する独自の性格分析アルゴリズムから得られた分析結果を活用したものであり、学術的に正しい統計処理を加えたものではありません。
ご留意の上、SNS利用実態に関する、ひとつの解釈としてお楽しみいただければと思います。

また、体験者を特定できる個人情報は、サーバーに保存しておりません。
当データ分析はサーバーに保存された、個人を特定できない情報(分析結果のポイント、性別、SNSの種別、キーワードなど)から行っています。

1. 体験者の性格傾向

SNSユーザーは、ロジックで考える人が多い!?

エゴグラムで診断される5つの性格要素のうち、「厳しさ」「優しさ」「論理性」「奔放性」の4項目が、一般人の平均ポイントを大きく上回りました。その中でも特に、「論理性」のポイントが高いという結果に。さて、あなたの性格はどうでしたか?

5つの性格要素(体験者の平均)

2. SNSユーザーに多かった診断結果は?

最も多かったのは、論理的思考の勝ち組さん。

5つの性格要素の中で「論理性」のポイントが一番高い「論理的思考の勝ち組(A優位型)」と診断された人が最も多く、次に、全体的にポイントが高くバランスの取れた「リスクヘッジの達人(平坦型Ⅱ)」が多いという結果に。あなたはどの性格タイプになりましたか?

性格タイプ(体験者の分布)

3. Facebook vs Twitter

Facebookはクリエイティブな人が多く、


Twitterは協調性のある人が多い!?

FacebookとTwitterの体験者データを比較したところ、「厳しさ」「優しさ」「論理性」はほぼ同じポイントでしたが、「奔放性(創造的である)」はFacebookの方が高く、「協調性」はTwitterの方が高いことがわかりました。あなたはどちらのSNSをよく使っていますか?

SNS別の性格要素(体験者の平均)

4. 男性と女性の違い

論理的な男性、自由だけど空気を読む女性。

uno SOCIAL BARBERは、女性の方にも多く体験いただけました。男性と女性の性格傾向を比較してみると、男性は「論理性」が高く、女性は「奔放性」や「協調性」が高いという結果に。あなたはどちらに近かったでしょうか?

男女別の性格要素(体験者の平均)

5.「今」のSNSの発言傾向

SNSでの発言と心理傾向は、大きく関係していた!?

SOCIAL BARBERでは独自のアルゴリズムを開発して性格診断を行いましたが、SNSの発言内容が、5つの心理傾向(厳しさ、優しさ、論理性、奔放性、協調性)に大きく影響を及ぼしていることがわかりました。あなたがSNSに投稿した発言をもう一度見直して見ると面白いかもしれません。

  • 自分に厳しい人は「実力」「忙しい」という発言が多い!?

  • 優しい人は「よろしく」「ごめんなさい」という発言が多い!?

  • 知的でデキる人は「割と」「コスパ」という発言が多い!?

  • クリエイティブな人は「サプライズ」「感動」という発言が多い!?

  • 協調性がある人は「ヤバい」「たのしい」という発言が多い!?

調査概要

エゴグラム分析とは?

エゴグラムとは、人の心を5つに分類し、その5つの自我状態(CP、NP、A、FC、AC)が放出する心的エネルギー の数値をグラフ化したものです。 エゴグラムのアンケート調査では、5つの自我状態に関する質問をそれぞれ10問ずつ、合計で50問の質問に回答してもらい、5項目のスコアを集計します。スコアが高い自我状態はその自我状態の傾向が強いということであり、 スコアが低い自我状態はその自我状態の傾向が弱いということになります。そして、集計で得られた各スコアをグラフ化し、その形によって性格タイプを推定します。

※「uno SOCIAL BARBER」は終了しました

たくさんのスタイルを実現するウーノ
商品情報はこちらから

商品詳細

ページトップへ