uno WAX SERIES

スタイルの幅を広げたラインナップへ

髪の“質感”が
あなたの印象を変える

服を着替えてファッションを楽しむように、ヘアスタイルだってもっと自在に。ヘアから自分の理想を手に入れてみてはどうだろう。
髪の質感で印象を変え、その場によって異なる顔を見せられる男は誰からみてもかっこいい。
フォーマル、カジュアル、スポーツなどシーンに合わせて硬さや艶、空気感といった髪の質感を操ることができたら、その場にマッチした評価を得られるのだ。ウーノワックスシリーズは髪の質感を変化させ、新しいあなたを後押しする。
資生堂トップヘア&メーキャップアーティストの原田忠氏も、髪の質感を使い分け、自分の印象をコントロールすることが大事と語る。

ヘアスタイリングの
プロフェッショナルが考える
髪の質感の使い分けとは?

− 髪の質感の使い分けは必要だと思いますか?

原田氏(以下敬称略):やはり大人になると、ファッションとヘアのバランスを気にしたほうが素敵じゃないかな。その場に合った自分を楽しむという意味でもね。そういったニーズに応えるため、ウーノは仕上がりで髪の質感に差のでるアイテムを揃えているんです。

− 具体的にはどのように使い分けたら?

原田:ツヤ感があるとグッと大人な雰囲気を出せるので、フォーマルなスーツスタイルなど洗練されたファッションやイメージによく合いますね。逆にマットはラフでドライな仕上がりになるので、飾らない男らしさやソリッドなイメージをもたせたい場面、スポーツティを印象づけたいシーンに役立つ。
あと、スタイリング剤を選ぶ時は自分の髪の硬さ・クセ・悩みを気にして欲しいですね。例えば、ボリュームがあっておさえたい人は硬めのワックスを選ぶと良いし、髪が細い人はウェットタイプだとペタっとなりやすいので、自然に空気感を出せるような柔らかいタイプを選ぶと良い。髪の悩みをワックスの力をかりて改善すると考えてもらうと分かりやすいかな。

− 原田氏はどのように使い分けているんですか?

原田:仕事の時はウェットタイプでちょっと気分をパリっとさせる感じが多いけど、自宅でくつろぐ時には、多少乱れてもそれはそれでかっこいい、という感じになるラフなスタイルが気分かな。頑張っていない雰囲気でリラックス感もありますしね。

ALL TIME

HAIR WAXHYBRID HARD

仕事にもカジュアルな遊びにも対応でき、
着飾らないナチュラルな雰囲気に仕上がります。
幅広い髪質・長さにマッチし普段使いしやすいので、
髪の質感に迷った時はハイブリッドハードを。

ホールド力
ハード
ノーマル
ソフト
質感
マット
ナチュラル
ウェット
おすすめシーン

ON / OFFを選ばす、持続力が高いので日常の様々なシーンに幅広く使えます。

 商品紹介

ONLINE SHOP

ACTIVE

HAIR WAXMATTE EFFECTOR

力強く男らしい質感に仕上がるので、
アウトドアやレジャー、スポーツの際でも
使えます。キープ力も高いので、
体を動かすのが好きな人には特にオススメです。

ホールド力
ハード
ノーマル
ソフト
質感
マット
ナチュラル
ウェット
おすすめシーン

アウトドアやフェスなど、野外でも長持ちします。汗をかく場面にも使えます

 商品紹介

ONLINE SHOP

DRESSY

HAIR WAXWET EFFECTOR

ツヤのある質感で知的な印象をプラスできます。
ビジネスシーンはもちろん、
ディナーなど洗練されたフォーマルな
ファッションでキメたい場面でも活躍します。

ホールド力
ハード
ノーマル
ソフト
質感
マット
ナチュラル
ウェット
おすすめシーン

プレゼンなど、スマートさを印象づけたいビジネスシーンや、フォーマルな会食の場に使えます。

 商品紹介

ONLINE SHOP

RELAX

HAIR WAXNUANCE CREATOR

気持ちをリラックスしたい時は、
髪の質感にも抜け感を。休日の読書や買い物、
ちょっとしたお出かけにも、
力まない質感がナチュラルな自分らしさを演出します。

ホールド力
ハード
ノーマル
ソフト
質感
マット
ナチュラル
ウェット
おすすめシーン

カフェでくつろいだり、街で散歩したり、一人の時間を楽しむ場面で気楽に使用できます。

 商品紹介

ONLINE SHOP

様々な髪の質感を実現する
テクノロジー

− 質感の違いを出せるのは何故でしょうか?

原田:やはりウーノ独自の「スタイルパウダー」と「調湿成分」が配合されている面が重要なポイントですね。髪の水分量とスタイリングの関係に着目した点は、他のスタイリング剤にはない発想なので、ウーノの強みでもある。調湿成分は普段よりもアクティブに動く日や、汗・皮脂を感じやすい場面でより効果を発揮してくれるはずです。

− 開発時、特に留意した点とは?

原田:スタイリングの瞬間はキマっていても…問題はその後ですからね(笑)キープ力はもちろん、多少崩れた際にも自然なかっこ良さが出るかという点は気にしましたね。
あとはやはり“時間”でしょうか。一般の方が朝のスタイリング時にどのくらいの時間を費やせるかということを考えて開発しました。スタイリング剤をつけてから乾くまでの時間が早いと、あっという間にホールドしてしまって指が通しにくいし、遅すぎると完成のタイミングが掴みにくいし時短という面でもNG。多くの人に“ちょうどいい”と感じてもらえる時間の調整に苦戦しましたね…。

− だからウーノはスタイリング初心者でも使い易いんですね?

原田:使い勝手の良さにはこだわっていますから!(笑)ただ、やはり一回の使用量が少ない方が多いようですね。スタイリング剤の量が少ないと、その分特徴を発揮しにくくなってしまいます。髪になじませる前にしっかりと手の平~指まで伸ばしてもらえたら、つけムラが出る心配もなくなるので、是非適量を手にとって欲しいです。それだけでもスタイリングの完成度は格段に上がると思いますよ。

  • スタイルパウダー配合*

    不定形でギザギザした微粒子シリカでできたスタイルパウダー。このギザギザが毛髪同士に引っ掛かりをつくるから、セット力はあるのに固まらず、スタイルチェンジが可能に。

    失敗を恐れず何度でもトライできる、
    柔軟なスタイリング力を実現

    *スタイルパウダーの配合は、
    ワックス4品とデザインハードジェリー2品になります。

  • 調湿成分配合

    環境に合わせて髪の水分量をコントロールし、湿気で髪がペタッとするのを防ぎ、同時にパサツキを抑えてスタイルを保ちます。

    湿気の影響をシャットダウンして、
    デザインしたスタイルをきちんとキープ

髪の質感を楽しみ、
違う自分を演出しよう

一つのスタイルだけでなく、
様々なスタイルと質感を楽しめるのが
ウーノワックスの特長。
仕事とプライベートはもちろん、
行く場所によって質感を変えることで、
違う自分を見つけることを
楽しみましょう。

原田 忠[資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト]

資生堂unoの宣伝広告やNY・パリコレクションでのヘア&メーキャップをはじめ、ヘアスタイリング剤商品開発や美容師向けのセミナーなどその活動は多岐にわたる。人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』『テラフォーマーズ』(集英社)のキャラクターをヘア&メークとファッションで3次元化するなど、ヘア&メーキャップ表現による無限の可能性に挑戦、発信し、国内外から高く評価される。著書に「一流の男のボディケア」(PHP研究所)がある。

スタイリスト詳細

ページトップへ