ビューティーブック

BEAUTY BOOK

Column

櫻井真也さんに聞く、身体を温めるお茶の飲み方

家で過ごす時間に欠かせないお茶。美味しい淹れ方、新しい楽しみ方をお茶のプロ・櫻井真也さんに教えていただきました。

櫻井真也さん 櫻井真也さん

お茶を淹れる時に重要なのは〝茶葉の量〟と〝抽出時間〟、〝湯の量〟、〝湯の温度〟、この4つです。茶葉の量によって抽出時間は変わりますし、湯の量や温度によっても変わる。お互いが影響し合っているので、まずは、購入された茶葉のパッケージに書かれている量や時間を目安にして、少し濃いめが好きな方は量や時間を増やしたり、好みの量や時間、温度を調整していくといいでしょう

寒い時期になると、あたたかい飲み物を飲みたくなります。東京・青山でお茶の可能性を日々研究し、「ブレンド」と「焙煎」によってお茶の新しい提案をしている櫻井焙茶研究所の櫻井真也さんに、身体をあたためるお茶の飲み方をうかがいました。
今回教えていただいたのは、「ほうじ茶」と「ブレンド茶」、「大福(王服)茶」の3種類です。まずは、どんなお茶にも共通する4つのポイントについてお話いただきました。

ほうじ茶は地方によっては番茶とも呼ばれますが、2番茶や茎茶を焙煎して香り高く仕上げたものを指します。煎茶などの緑茶にはカフェインが多く含まれていますが、焙煎することによりカフェイン量は少なくなります。また、焙煎により香りと味わいも優しくなり、リラックス効果も得られます。ほうじ茶を淹れる時のポイントは、高温(90℃)のお湯(80cc)で抽出時間は30秒程度。熱々を楽しむとよいでしょう。また、お家で古くなった緑茶があったら、ぜひご自身で焙煎をしてみてください。焙烙がなければフライパンでも構いません。熱した焙烙に茶葉を入れると水分が蒸発して、いい香りが部屋中に漂います。炒りたてのほうじ茶は、香りも高く格別です

秋から冬にかけて、気温がだんだん下がってくる時期には、ほうじ茶がおすすめだそう。

ほうじ茶を丁寧に淹れる

  • 1

    1焙煎

    焙烙をコンロで熱し、茶葉を入れて炒る。香りが立ってきたら火から下ろす。

  • 2

    2湯を注ぐ

    ほうじ茶の場合は、沸騰した高温(90℃)の湯(80cc)を急須に一気に注ぐ。

  • 3

    3蒸らす

    約30秒ほど蒸して、茶器に注ぐ。最後の一滴まで注ぎ切りフタを開けておく。

  • 4

    4茶菓子

    香り高いほうじ茶に合わせるのは、季節の甘い栗羊羹と塩気のある香の物。

茶葉の中でも優しい味わいの茎茶を焙煎したものに、フリーズドライにしたミント、ショウガ、シナモンをブレンドしました。シナモンとショウガは身体を温め、ミントにはリラックス効果がありますので、一日をリセットするのにおすすめです

また、いつものほうじ茶に変化をもたらす方法として「ブレンド」を試してみるといい、と櫻井さんは言います。今回は、心地よい眠りを誘うブレンド茶を紹介していただきました。
お正月など、人が集まる時には縁起物の「大福(王服)茶」を楽しむのも一興。梅干しと結び昆布に好みのお茶を注いでいただきます。
お茶は茶葉の選び方、抽出時間、焙煎、ブレンドで新しい可能性がどんどん広がります。まずは、家にある素材で気軽に、身体をあたためるブレンド茶を楽しんでみてはどうでしょうか。

冬のおすすめ茶

家にあるお茶や食材を使って、季節を感じるお茶を淹れてみましょう。

自宅で簡単ブレンド茶

自宅で簡単ブレンド茶

ブレンド茶は購入することもできますが、手に入りやすいハーブを使って、ご自宅で簡単にブレンドすることもできます。身体をあたためる素材としては、ドライのシナモンや陳皮、カルダモンやクローブ、ショウガなどがほうじ茶によく合います。

大福(王服)茶

大福(王服)茶

一年の邪気を払い、新年を祝うために元旦に飲む梅干しと昆布に湯を注いだものを「大福茶」、別名「王服茶」と言います。平安時代に都に疫病が流行した際、ある僧侶が病気の人たちにお茶を施し疫病が沈静化。その後、当時の天皇が元旦にお茶を服用するようになったという逸話に由来した縁起物です。

紹介したほうじ茶や季節のブレンド茶は「櫻井焙茶研究所」のオンラインショップにて購入可能です。

オンラインショップはこちら

櫻井 直也

櫻井焙茶研究所所長。
2014 年に開設した東京・南青山にある日本茶専⾨店「櫻井焙茶研究所」を拠点に国内外に日本茶の美味しさを伝え、
その楽しみ方を提案している。

https://www.sakurai-tea.jp/