ビューティージャーナル

Beauty Journal Plus

今の気分に似合う 大人のメイクレッスン Vol.2『お悩み解決編:明るい印象になりたい』

大人世代の読者の皆さんに向けた、大人世代のメイクアップアーティストによる新連載。
今回は皆さんのよくあるお悩みを解決しながら、
今っぽいメイクへと仕上げるプロの技をご紹介します。

前回の記事はコチラ

Vol.1 midi世代の上品トレンドメイク

SHISEIDO HAIR & MAKE UP ARTIST

鈴木節子Suzuki Setsuko

資生堂の宣伝・PR撮影でのヘアメイクを中心に、NY・パリ・東京コレクションなどで多岐に渡り活動。さまざまなメイクブランドを担当し商品開発・施策等への参画活動を経ながら、同時に資生堂美容理論などソフト研究開発、メイクトレンドである「化粧の変遷」研究・発信を手掛け、midi世代に向けた美容情報開発・発信でも活躍中。

SHISEIDO HAIR & MAKE UP ARTIST

黒木久美子Kurogi Kumiko

資生堂の宣伝・広報活動における撮影でのメイクを中心に、NY・パリ・東京コレクションなどでも多岐にわたり活動。midi世代のリアルメイクからトレンドメイク、エレガントメイクなど領域は幅広く、ビューティーコンサルタントの教育やヘアメーキャップスクールSABFA講師としても活躍。

いつものメイクで、どこが気になりますか?

  • 目まわりや口まわりのくすみ
  • 頬や目もとの影
  • ちょっと地味な印象

普段のメイクもきれいに仕上がっているのですが、 自身の良さが十分に発揮できていないかもしれません。ちょっとしたコツをおさえるだけで、くすみや影などの悩みがむしろ魅力につながりますよ。

Kurogi Kumiko SHISEIDO HAIR & MAKE UP ARTIST

お疲れ顔に見えがちな方は、カラーバランスで柔らかムードに くすみカラーで洗練 Feminine

年齢とともにパーツの印象は徐々に弱まり、メイクでカバーしたいのに化粧感が出てしまう。かといって、あまりメイクしないと疲れて見える・・・。
そこで、意外にもトレンドのくすみカラーは、柔らかく優しいムードにするのに相性◎。ソフトなメリハリ感で女性らしい洗練メイクになれます。

BASE MAKEUP

point

下地の部分重ね使いで、目まわりの影をコントロール
やわらかい印象の肌づくりを

下地を部分的に重ね使い ヨレやすいのは、つけ過ぎのサイン

howto
  1. トーンアップタイプの化粧下地(1)は、まぶたのくぼみなど影が出やすいところを、自然に明るくしてくれる。影が気になる部分のみに少量重ねづけを。
  2. ファンデーション(2)は、薄くトントン塗る。
  3. 目の下の影(くま)は、厚くならないように必要な部分だけにリキッドコンシーラー(3)を使うのが◎。

specialAdvice

目の下の影は、少量かつピンポイントで
くまのカバーは、暗い部分だけにリキッドコンシーラーをピンポイントにON。はみ出さないように細い筆先などで少量ずつ塗って、境目は周りの肌に自然になじませて。

Kurogi Kumiko SHISEIDO HAIR & MAKE UP ARTIST

Use Item

透明感のあるワントーン明るい肌へ
くずれ防止下地限定セット

マキアージュ
ドラマティックスキンセンサーベース EX UV+ 限定セット L1 トーンアップ

<化粧下地> SPF50+ ・ PA++++

2,860円(税込)

軽い着け心地ながらカバー力も◎
うるおい溢れるツヤ肌が続く

SHISEIDO メーキャップ
シンクロスキン グロー クッションコンパクト (レフィル)

<ファンデーション> 13g SPF23 ・ PA++ 全6色

販売名:SHISEIDO シンクロスキン グロー クッションコンパクト(レフィル)

4,950円(税込)

色を選ぶ

くまやくすみを自然にカバー
筆タイプのコンシーラー

マキアージュ
コンシーラーリキッド EX

<コンシーラー> 2.5g SPF18 ・ PA++ 全2色

2,750円(税込)

色を選ぶ

EYE MAKEUP

point

はっきり二重のアイラインは、繊細に!
ソフトにフレームを起こして、頑張りすぎないのが◎

肌を張らせて、目尻に水平アイライン マスカラは、まつ毛を下側から押し上げて塗布

howto
  1. 肌なじみの良いベージュのアイシャドウ(1)を、アイホールにぼかして明るい印象に。
  2. ゆるんだまぶたにはアイライン(2)が描きにくいので、やさしく引っ張り、肌を張らせてテンションをかけながら、まつ毛の生え際を繋ぐように描く。
  3. 目尻のラインは水平に溶け込むように描いていき、描き終わりが二重幅におさまると自然な仕上がりに。
  4. マスカラ(3)はまつ毛の根元を押し上げるようにつけ、カールをしっかりキープ。

specialAdvice

アイラインは、こまめにチェックして描くのが◎
目を開けた時にスムーズに見えるアイラインにするコツは、「①伏目でラインを描いたら→②目を開けてラインを確認」をこまめに繰り返して、なめらかに繋ぐように描くこと。いっきに描こうとすると太さが出て、目尻が下がってしまいます。

Kurogi Kumiko SHISEIDO HAIR & MAKE UP ARTIST

Use Item

肌なじみのいいブラウンが揃う
自然な立体感を演出するアイシャドウ

マキアージュ
ドラマティックスタイリングアイズ

<アイシャドウ> 4g BE303 リッチカフェラテ

3,080円(税込)

極細の軸先で繊細ラインが描ける
アイライナー

SHISEIDO メーキャップ
マイクロライナーインク

<アイライナー> 0.08g 02 Brown

販売名:SHISEIDO マイクロライナーインク

3,850円(税込)

上向きカール×横長ロングで
美シルエットを叶えるマスカラ

マキアージュ
ビューティーシルエットマスカラ

<マスカラ> 6g BK999 艶ブラック

3,080円(税込)

LIP・CHEEK MAKEUP

point

肌に溶け込むくすみカラーで、
                     一体感とやわらかムードを演出

なじみやすいカラーで軽い口もとにチークで血色感を足す

howto
  1. まずはリップトリートメント(1)でリップケア。しっかり保湿をしてうるおいを与えることで唇をふっくらに見せる。
  2. 唇色に近いリップライナー(2)で輪郭を整え、唇中央部分まで埋めるように塗り広げる。何もついていないブラシや指先でなじませると、素の唇がバランス良く整ったように。
  3. リップ(3)は、唇の中央から塗り広げ、輪郭を軽やかになじませるとごく自然な仕上がりに。
  4. 頬の高いところにふんわりとチーク(4)をなじませる。メイクの仕上がりは、鏡を離してチェック。

specialAdvice

繊細なくすみカラーでやわらかい印象に
肌から浮かない繊細なくすみカラーをチークに選べば、目もと・口もとと一体感を醸し出せます。おしゃれな雰囲気が出て、ソフトにぼかすことで軽やかさのあるやわらかいムードに。

Kurogi Kumiko SHISEIDO HAIR & MAKE UP ARTIST

Use Item

口紅の下地としても◎
しなやかでうるおいに満ちた唇に

SHISEIDO ベネフィアンス
フルコレクション リップトリートメント

<リップクリーム ・ 唇ケア> 14g

販売名:資生堂 ベネフィアンス フルコレクション リップトリートメント

3,850円(税込)

望み通りのカラーとフォルムが続く
リップライナー

ローラ メルシエ
ロングウェア リップ ライナー

<リップライナー> 1.49g 13 プラムベリー

2,970円(税込)

保湿成分配合でやわらかなマット感
思い通りのリップラインに

ローラ メルシエ
ヴェロア エクストリーム マット リップスティック

<口紅 ・ リップグロス> 1.4g 03 バイブ

3,410円(税込)

まるで本物の血色感のように溶け込む
洗練された大人のチークカラー

ローラ メルシエ
ブラッシュ カラー インフュージョン

<チーク> 6g 02(マット) ローズ

3,850円(税込)

Message ほどよいトレンド感で、一気にシャレ顔になれる。

ベースメイクを見直すと、メイク全体がアカ抜ける

はっきりと整った顔立ちの人は、きちんと仕上げすぎると、コンサバに見えやすいですよね。軽やかさ今どき感が出しにくいというか…。

BASE

そうですよね。そんな時はトレンドのくすみカラーなどをうまく使うとおしゃれ感がアップします。今回のリップのようなくすみカラーは、マットな質感もおしゃれ洗練感がでるのでおすすめ。マットなリップの前にはリップクリームで整えてこともお忘れなく。

BASE

Recommend

ホーム > オンラインショップ > 大人のメイクレッスン Vol.2『お悩み解決編:明るい印象になりたい』