ビューティージャーナル

Help Me! | プロが教えるお悩み相談
その1ミリで印象チェンジ!
“目力上向き”
アイライン講座

Beauty Journal読者のみなさまから寄せられたさまざまなお悩みに
美容のプロがアドバイスします。

  • SHISEIDO HAIR & MAKE UP ARTIST
    山田 暢子NOBUKO YAMADA

    「BENEFIQUE」「MAQuillAGE」などメイクアップアイテムの商品開発や広告撮影のヘアメイクを担当。人柄のよさと、国内外のコレクション活動を通じて培ったセンスが高評で、女優、タレントからの指名による仕事が多いメイクアップアーティストの一人。イベントやメイクセミナーでは、トレンド感のあるナチュラルメイクがお客さまやビューティーコンサルタントに人気でひそかなファンも多く存在する。

Q
目力をアップさせたいけれど、
アイラインがなかなか上手に描けません…
(まゆみさん/36歳)
A
目尻をほんの少し上げた“上向きライン”なら、
初心者さんでも簡単。
女らしさもアップするのでおすすめです。
2020年、トライしたいのはさり気ないのに印象的な眼差し。たった1ミリ意識するだけで、驚くほど生きいきとした表情に生まれ変わる “上向きライン”なら、目力だけじゃなく女らしさアップも叶います。目が合った瞬間、思わず「ドキッ」としてしまいそうな、目もと美人を目指しましょう。
目のフレームを際立たせ目もとをキリッと見せるアイラインは、目力を強め、表情を印象的に見せる大切なプロセス。今季のトレンドは、目尻のラインをやや上向きに引いた“上向きライン”。色はブラック、細すぎない適度な太さがおすすめです。
液体状のアイライナー。繊細なラインから太いラインまでコントロールしやすく目尻のラインも描きやすい筆タイプ。しっかりと色づくため上級者さんにおすすめ。
失敗してもぼかして修正ができるので初心者さんでも安心。軸先が丸いので華奢なラインを描くよりも、まつ毛の間を埋めたり目のキワに引くなど、ナチュラルに仕上げたいときに最適。
  • “上向き”とはいえ、目尻を跳ね上げるようなアイラインはNG。
    • まず、目尻のラインは下まぶたのカーブの延長線上に
      “小さな点”でガイドを入れます。
    • 目頭からガイドに向かってラインを引き、
      目尻をほんの少しだけ上げ気味に。
    慣れるまでは、ペンシルタイプで下描きをしてからリキッドでなぞると◎。
    コンシーラーかファンデーションで、下まぶたのキワのくすみを消しておくと、ラインが際立ちくっきり!
  • 極細の軸先で、リキッドのような
    繊細ラインも自在に描ける
    SHISEIDO メーキャップ
    マイクロライナーインク 販売名:SHISEIDO マイクロライナーインク
    <アイライナー>
    01 Black (0.08g)
    3,850 (税込)
  • 繊細にも大胆にも描ける
    コントロール自在のリキッドタイプ
    SHISEIDO メーキャップ
    アーチライナーインク 販売名:SHISEIDO アーチライナーインク
    <アイライナー>
    1種 (0.4mL)
    3,850 (税込)
アイラインが下まぶたににじむ方は、目の下をパウダーなどでサラサラの状態にしておくと、アイラインがついても落としやすいので安心です。ペンシルはもちろん、肌に触れた瞬間にとろけるジェルタイプも描きやすくておすすめです。ダークカラーのアイシャドウをアイライン代わりに使う手もあり!
  • まぶたに密着してよれにくい
    ニュアンスカラーをアイライン代わりに
    ローラ メルシエ
    キャビアスティック アイカラー <アイシャドウ>
    16 カブルストーン (1.64g)
    3,300 (税込)
  • 奥行きのある目もとを演出できるカラーは
    アイラインとしても活躍
    SHISEIDO メーキャップ
    エッセンシャリスト アイパレット 販売名:SHISEIDO エッセンシャリスト アイパレット
    <アイシャドウ>
    05 Kotto Street Vintage (5.2g)
    4,400 (税込)

正面はもちろん、ふと視線を落とした横顔も
美しく見せる“上向きライン”。なんとなく引いていたアイラインを
たった1ミリ見直すだけで、2020年、
誰かの記憶に残る印象美人オーラをお約束。

  • Help Me!プロが教えるお悩み相談
    眉毛を変えるとメイクが
    上手くいく!プロが教える
    眉メイク、幸せの法則

 

 

資生堂ホーム > ワタシプラストップ > Beauty Journal > 巻頭特集