ペンシルを最後まで気持ちよくお使いいただくために

アイライナーやアイブローのような鉛筆タイプの製品を削る際、「芯が折れる」「きれいに削れない」といったご相談をいただくことがあります。
鉛筆タイプの製品を、最後まで気持ちよくお使いいただくために、下記の点にご留意ください。

資生堂の鉛筆タイプの製品を削る際は、「資生堂シャープナーN 231」をお使いください。

資生堂の鉛筆タイプの製品を「資生堂シャープナーN 231」で削った場合、刃と木軸や樹脂軸の角度が合っているため芯や軸に負担をかけることなくきれいに削れます。
角度の合わないシャープナーやカミソリ・カッターなどで削ると、芯折れにつながる場合があります。
また、ささくれのように削れると目もとに使うため危険です。

資生堂シャープナーN 231と資生堂の鉛筆タイプの製品

*製品によっては、ブランド専用のシャープナーをお使いください。

角度の合っていないシャープナーと資生堂の鉛筆タイプの製品

シャープナーと軸の直径や角度が合わず 真直ぐ入れることができず きれいに削れず芯なども折れることがある

Page Top



ホーム > ワタシプラストップ > お客さまサポート > ペンシルを最後まで気持ちよくお使いいただくために