シミ予防辞典 TOPへ戻る

成分に関する用語

ビタミンCエチル【びたみんしーえちる】

ビタミンC誘導体の一つ。従来のビタミンC誘導体は皮ふの中で代謝されることでビタミンCを遊離して初めて効果を発揮するタイプであるが、ビタミンCエチルは皮内での代謝を受けなくても効果を発揮することができるのが特長である。そのため、作用自体は従来のビタミンCと同様であるが、皮内に入ってすぐに効果を発揮できる。また、UVAによる皮ふ黒化には、メラニン前駆体(プレメラニン)のDHICA(5,6-dihydroxyindole-2-carboxylic acid)の急激な重合が関与していることが知られているが、この反応を防ぐ作用も確認されている。厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。

シミに関する用語

PAGE TOP