シミ予防辞典 TOPへ戻る

シミに関する用語

メラニン色素【めらにんしきそ】

肌や毛髪、瞳の色を作る色素で、単にメラニンとも呼ばれる。黒あるいは褐色のユウメラニンと、赤毛などに含まれる黄色ないし赤色のフェオメラニンに分けられるが、一般的にはメラニンというと黒~褐色のユウメラニンを指す。皮ふ内のメラニンの量が多いと、肌は黒く見える。メラニンは紫外線を吸収して細胞を守る働きがあり、日やけによって皮ふが黒くなるのは、紫外線を浴びた皮ふがメラニンによって一時的に細胞を守る反応といえる。しかし、シミなどの部位では必要以上にメラニンが増加していることから、美容の観点からも、正常な皮ふ色程度に戻してあげることが必要である。

成分に関する用語

PAGE TOP