食べる

RECIPE

人気料理家×栄養士監修 ヘルシーコラボレシピ リフレッシュ&パワーチャージを!パイナップルと豚ヒレ肉のジンジャーソース

彩りのよいレシピが女子に人気の料理家・黄川田としえさんに考えていただいたのは、フルーツを使ったおかずレシピ。甘味と酸味のバランスがよく、香り豊かなパイナップルには、ビタミン群をはじめ食物繊維や消化を促すたんぱく質分解酵素が含まれています。高たんぱくで低カロリーな豚ヒレ肉と合わせることで、便通改善への期待も。豚ヒレ肉に豊富に含まれているビタミンB1は、疲労感やだるさを取り除くのに効果的なので、積極的に取り入れて。

料理家 栗原心平さん 料理家・フードスタイリスト
食育インストラクター

黄川田としえさん

大学卒業後、プロサッカー選手と結婚したことで毎日の食事のサポートをはじめる。メイクアップアーティストとして働いたのち、料理番組のディレクターを経て料理家として活動を開始。身体のことを考えながらも華やかで手軽なレシピは、女性誌をはじめとしたメディアで定評がある。現在ではスポーツをする子どもたちの身体のことを考えたアスリートフードについて研究している。著書に『毎日のごはんと心地よい暮らし』(宝島社)、9月には新刊『ホットプレートひとつでごちそうごはんができちゃった』が発売予定。

https://toshiekikawada.com/

黄川田としえさんのInstagramはこちら
@tottokikawada

調理時間:30分

材料(2人分)

  • パイナップル…200g
  • 豚ヒレ肉…220g
  • 玉ねぎ…1/4個
  • 塩…少々
  • こしょう…少々
  • 片栗粉…大さじ1と1/2
  • 落花生…20粒
  • 枝豆…30さや
  • Ⓐ生姜(すりおろし)…大さじ1
  • Ⓐ酒…大さじ1/2
  • Ⓐみりん…大さじ1
  • Ⓐてんさい糖…小さじ2
  • Ⓐ醤油…大さじ1と1/2
  • オリーブオイル…大さじ1
  • ごま油…小さじ2
  • ベビーリーフ…適量

つくりかた

  1. まずは下準備。

    • パイナップルは皮と芯を取り、一口大に切る。
    • 豚ヒレ肉は1cm幅のそぎ切りにし、塩・こしょうを振って片栗粉をまぶす。
    • 玉ねぎは1cmの厚さにスライスする。
    • 落花生は包丁で粗く刻む。
    • 枝豆は茹で、さやから出す。
    • Ⓐの調味料を合わせておく。
  2. フライパンにオリーブオイルをひき、豚ヒレ肉が色づくまで焼く。裏返すタイミングで玉ねぎを加える。
  3. パイナップルと枝豆を加えサッと炒めたら、Ⓐを加えて炒め合わせる。
  4. 火を止めて、仕上げにごま油をまわしかける。
  5. 器に盛り、ベビーリーフを添え、落花生をかける。

疲労回復に役立つ食材

パイナップル
ビタミンCを豊富に含み、ハリのある肌へと導いてくれます。りんごの1.5倍も含まれている不溶性食物繊維によって、善玉菌を増やして腸内の環境を整える効果も期待できます。たんぱく質分解酵素・ブロメラインの働きを守るため、加熱時間は短くするのがおすすめ。
豚ヒレ肉
100gでわずか115kcalしかない低カロリー食材。疲労回復や手足のむくみ改善に働いてくれるビタミンB1が特に豊富です。脂肪をエネルギーに変えるときに必要なカルニチンや、カリウム、亜鉛などのミネラルもたっぷり。赤身なのに柔らかくて食べやすいのも◎。