資生堂ライフクオリティー事業

ライフクオリティー事業の理念

資生堂では、1949年、高校卒業予定者を対象に社会人の「身だしなみ」としての化粧法を知っていただくため、「整容講座」をスタートしました。
この「整容講座」は、すべてのお客さまに美しくなっていただきたいという想いのもと、時代の変遷とともに、高齢者や障がいのある方など、参加者や目的に応じて内容を変え、発展してきました。

資生堂の最新研究では、とりわけ高齢者が化粧をすることによって表情が明るくなるだけでなく、「認知症の周辺症状が緩和される」「要介護者のADL (日常生活動作)が向上する」といった効果が期待でき、高齢者のQOL(クオリティーオブライフ=生活の質)の向上に役立つこともわかってきました。

このように、化粧には自分の個性を演出・表現するという「外に働きかける効果」と、化粧をすることで自分に自信がもてたり、癒したりするという「内面に働きかける効果」があります。
こうした「化粧のちから」をより多くの方々に体験いただくため、2013年より「資生堂ライフクオリティービューティーセミナー」として体系化しました。

これらのセミナーの多くは社会貢献活動として進めてまいりましたが、近年、高齢者施設や学校などからの開催要望が拡大する中、継続的かつ発展的に活動していくため、「ソーシャルビジネス」の考え方を一部取り入れて、ライフクオリティー事業として推進していくこととしました。

資生堂では、今後も化粧・美容を通じて、すべての方々が美しくすこやかに過ごせるよう、取り組んでまいります。

※ADL(Activities of Daily Living : 日常生活動作):食事、排泄、着脱衣、入浴、移動など、日常の生活を送るために必要な基本動作

美しくなるための整容講座写真

化粧の効果

相関関係図
PAGE TOP