幸せ」
90%は
からやってくる

リラックスのセロトニン

脳内にはたくさんの情報を運ぶ神経伝達物質が存在しています。その代表格のひとつがセロトニン。リラックス、安心感、幸福感などをもたらし、別名「幸せホルモン※」とも呼ばれています。体内にあるセロトニンの割合は、約90%が腸、約8%が血液中、そして脳内に存在するのはわずか約2%。この約2%の脳のセロトニンのモトから吸収されます。

※正確にはセロトニンはホルモンではなく神経伝達物質ですが、
一般的な愛称として「幸せホルモン」と呼ばれています。

体内にあるセロトニンの割合

体内にあるセロトニンの割合

出典 : 滋賀医科大学「痛みと鎮痛の基礎知識ーPain Relief 神経伝達物質」

腸で製造し脳へと出荷

食事から摂取した必須アミノ酸から、腸内細菌のはたらきでセロトニンのモトがつくられます。それが脳に届くとセロトニンとなり、リラックスや幸福感などの感情を発生させます。腸内環境が良いと十分な量のモトが脳へ送られるため、セロトニンが増えて精神状態が安定する一方、腸内環境が悪いとセロトニンが足りずにイライラや不安感の原因になります。

腸で製造し脳へと出荷

太陽でスイッチオン

明日からすぐに実践したいのが、起床後に朝日を浴びること。太陽の光が網膜に入るとそれがスイッチとなりセロトニンの分泌がスタートします。セロトニンには、身体を活動モードにして心のバランスを整える効果も。太陽を浴びるとなんとなく気分がいいのは、セロトニンのそんな性質とはたらきが関係していたのです。

太陽でスイッチオン