REVITAL

REVITAL Interview

リバイタル
インタビュー

リバイタルのミューズ、
女優りょうさんのスペシャルインタビュー。

SCROLL

りょうさんにとって、
美しさを生み出す
原動力は?

好奇心とチャレンジ精神が、
生命力の強い美しさを生み出す

美容や健康のため心がけていること

りょうさんの、透明感があって凛とした美しさは憧れなのですが、美容や健康のため心がけていることはありますか?

毎日のことで言うと、食生活ですね。野菜中心に、色々なものをバランスよく食べるように心がけています。もともと、体に良いといわれているものが好きなんです。納豆とか。あとは体を動かすことも、若い頃から大好きです。今、定期的にやっているのは体幹トレーニングで、時々筋トレやキックボクシングも。

気分転換もお上手そうです。

何となく気分が乗らなかったり、落ち込むことはもちろんありますが、結構いつもやりたいことをやっているからストレスを溜めることは少ないかもしれないですね。あと、気分転換という意味ではよくお花を買います。

お花、いいですね。

お花屋さんに行ってその時の気分で買うんですが、家に帰ってその花の花言葉を調べるんですよ。そうすると、花言葉がその時の自分の気分にぴったり合っていたりするんです。

すごいですね! やってみたくなりました。

ぜひ、やってみて下さい! 私ね、自分を知ることって、大人になればなるほど大事だと思うんです。花言葉を調べて、「私は今こんな気分なんだ」とか「実はこんな想いでいたのね」というように、心のかすかな動きに気づくことで、自分のことも周りも広い目で見られるようになる気がします。

年齢を重ねた大人の女性が
纏う
特別な美しさを
表現できたら

今回、リバイタルの新たなミューズになっていただきました。

本当に嬉しくて、感動です! リバイタルは私にとって、上質で洗練された大人のブランドというイメージでした。子どもの頃からそう思っていて、スキンケアに興味を持ち始める歳になってからもずっとそうです。大人にならないと使っちゃいけない、みたいな(笑)。そう思い続けていたので、今回のお話をいただいて「私もようやくそういう歳になったのかな」と。

憧れていた大人に追いついた?

まさに、そんな感じです。もともと、化粧品というものに興味を持ったきっかけが資生堂さんだったので、若い頃からの憧れでした。モデルの仕事を始めて、10代から20代と資生堂さんのお仕事をさせていただいた時も嬉しかったのですが、歳を重ねて今回また声をかけていただいたときに「ああ、私が今までやってきたことは間違っていなかったんだ」って思えて、とても自信になりました。

自分の歩んできた道が良かったと思えることは、大きな自信になりますよね。撮影では、強さとしなやかさを併せ持った、りょうさんの魅力を見せていただきました。

今回の撮影は、私にとって本当に特別で、一般的な美しさとは違う、年齢を重ねた大人の女性が纏う特別な美しさを表現できたらと思いました。その中で、自分が今まで生きてきた中での経験に自信を持ち、自分を信じること。そんな、色々な想いがリバイタルを手にする方に少しでも伝わると嬉しいです。

好奇心、何かにワクワク
する気持ちが美しさを
アップしてくれる

りょうさんの、美しさの基準になっていることは何ですか

単純に見た目だけではなく、官能的だったり色気があったり、その人から匂い立つものを持っている人に美しさを感じます。セクシャルなものというよりは、生命感があって、生き生きとしている感じというのかな。それって、色々な経験を積んで年齢を重ねた人でないと出せないものだったりしますよね。

内側から醸し出す美しさなのでしょうね。
りょうさんにとって、そんな美しさをアップするための原動力は何でしょう?

いくつになっても、好奇心とか何かにワクワクする気持ちは、持ち続けたいなと思っています。色々なことにチャレンジしたり、経験したり。例えば、私の好奇心ってちょっと変わっているかもしれないですが、お花の中心を見るのが好きなんです。たくさんの色が混ざっていて、乾いた感じと湿った感じがミックスしていたり。自然の美しさや凄みのようなものも感じます。そういうところから、色々なイマジネーションを広げるのが楽しいです。人と違う視点でものを見るというのが、新鮮で刺激になったりするのかもしれません。

OFFとPLUSで欠かせないもの

生活の中で、色々な美しさを探すのがお上手なんですね。
リバイタルでは、美しさを生み出すためのOFFとPLUSがテーマですが、りょうさんのOFFとPLUSで欠かせないものは何ですか?

私は、家庭と仕事という二つの大きな世界を持っています。そのどちらも、OFFになりPLUSになるもの。それぞれの世界が、少しずつ影響しあって居心地の良いものになっています。家庭だけならもっと家族のことに集中できるかもしれないし、芝居だけやっていればもっとストイックになっていたかもしれない。でも、今持っている世界は両方私にとって譲れないもので、その中で上手にバランスはとれているのじゃないかと。そういう意味でも、バランスってすごく大事だと思っています。

年齢に合った良いものを
選んだり、
集中ケアを
するようになりました

新しいリバイタル、お使いになっていかがでしたか?

子どもの頃のイメージが強かったので、今回パッケージを見たときに「わ、カッコよくなってる!」というのが第一印象。ボトルを置いておくだけで気分が上がるスタイリッシュなデザインは嬉しいです。使い心地もよかったです。

若い頃とのスキンケアで、違ってきたなと思う部分は?

若い頃、「今はいいけどね、りょうちゃん。今からやっとかないと」って先輩たちに言われていたことを、何でスルーしていたんだろうって(笑)。歳を重ねると、急に変化が出てきたりしますものね。そういうわけで、最近は年齢に合った良いものを選んだり、集中ケアをするようになりました。リバイタルもその一つです。

同世代の皆さんに向けて
メッセージ

同世代の皆さんに向けて、メッセージをお願いします。

40代、50代になると、若い頃とは違う忙しさやお肌の悩みがあったりしますよね。でも、それを乗り越えた人の美しさは尊いと思うんです。そして、リバイタルのOFFとPLUSは、私たち世代のこれからの美しさにつながるものじゃないかなと。私ね、マスク生活が必要なくなったらやりたいことの1つが、真っ赤な口紅をつけて颯爽と街を歩くことなんです。そのためにも、今がチャンス!(笑)と思ってスキンケアをしています。自信を持ってマスクをはずせる日が来るまで、一緒にケアしてみませんか?