美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2015/08/05

「湯上り感」がお手本。大人の色香を演出する浴衣メイク

「湯上り感」がお手本。大人の色香を演出する浴衣メイク

夏にしか着られない浴衣だからこそ、着る時はちょっぴり気合が入るもの。せっかくの浴衣だしいつもと違うメイクを! と思いがちですが、あまりにもキメ過ぎてしまうのは逆効果かも...。浴衣を着る時のメイクは、血色感と抜け感をブレンドした「湯上りのような雰囲気」が理想です。あえてのすっぴんっぽさで、大人の色香を演出しましょう。

ほんのり桃色肌で湯上り感を強調

湯上りのような肌をつくるため、血色感とツヤの出るCCクリームなどを使用します。肌にのばすとほんのり桃色になるような、ピンクベースのものがおすすめ。くすみをきれいにカバーするだけでなく、血色感を高めてファンデーションのつきの良さ・仕上がりをアップしてくれてますよ。パーツメイクを控えめにする分、ベースメイクは丁寧につくりこみ、美しい肌仕上げを目指しましょう。

ほおと唇には同系色で血色をプラス

・チーク

チークにもリップにも使えるようなクリームタイプのものを使用。ほおの高い位置に、指でポンポンとのせます。

・リップ

チークに使用したものと同じものを指に取り、唇の中央から外側に向かってトントンとのせます。

チークとリップを指でラフに塗ることで、内側からにじみ出るような血色感を演出でき、やり過ぎ感を抑えられるんです。色味は、透明感のあるレッド系がおすすめ。みずみずしい印象に仕上がりますよ。

あえての繊維入り透明マスカラで抜け感を

アイメイクも極力控えめに。ビューラーでまつ毛を軽く上げてから、繊維入りの透明マスカラで仕上げます。まつ毛を頑張りすぎず自然な印象にして、ハリとツヤをプラス。さり気ない目力を与えましょう。下まつ毛にも同じようにオン。これだけで抜け感がぐっと増します。

ツヤと血色感のあるほわんとした雰囲気が、浴衣のもつ色っぽさをさらに強調してくれます。あえて控えめにすることで出せるしっとりとした大人の色香を楽しんでくださいね。

photo:鈴木花美

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

2003年資生堂入社。HAKUの木村文乃さん、インテグレートの森星さんなど資生堂の広告・CMでメイクを担当。ほどよくトレンドを落とし込んだフレッシュなメイクアップ提案に定評がある。2児の母でもあり、ビューティーでママを応援するプロジェクトのリーダー。LINEアカウント「らしく for mommy」(LINEID:@rashiku)で美容情報配信中。LINE@のお友達登録はこちら
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 「湯上り感」がお手本。大人の色香を演出する浴衣メイク