「ときどき敏感肌」研究所

敏感肌

敏感肌でもOK!理想に近付くスキンケアとは?

更新日:
2021.09.21

赤み、色ムラ、暗さ……肌の透明感を邪魔する敏感肌症状

すっかり日常となったマスク生活ですが、肌トラブルを起こす人が増加中。特に敏感肌の人は、よりデリケートになりやすいという傾向があるのです。

実際に資生堂の調査でも、健康な肌の人に比べて敏感肌の人は赤みや暗さ、透明感のなさといった「色悩み」を抱えている人が多いということが分かっています。

ではなぜ、敏感肌の人が肌の赤みや暗さが気になりやすいかというと、くり返す肌トラブルによってバリア機能が低下しているからです。

肌を守るバリア機能が低下した状態で炎症と改善が繰り返されると、血流が盛んになったまま戻らなくなり、肌内部は常に“ほてった”状態に!赤みの原因になります。また、通常なら肌のターンオーバー(=肌の生まれ変わり)によって皮膚の外側に押し出され、次第に消えるメラニン色素ですが、敏感肌はターンオーバーが正常に行われにくいためそのまま色素沈着してしまい、肌のくすみやシミの原因になるのです。

くり返す肌荒れ・・実は私も敏感肌かも!?肌の健やかさを左右する「美肌菌」の存在

ここまで読んで、「私は敏感肌じゃないから大丈夫!」と思った人も、他人事ではありません。

普段は問題なくても、季節の変わり目や長引くマスク生活などで「なんとなく肌の調子が悪い」「肌荒れを繰り返している……」といった症状がある場合は、肌が敏感に傾いている証拠。もしかすると、肌本来がもつ「美肌菌」が減っているかもしれません!

美肌菌とは、肌のうるおいを生み出したりバリア機能を高めたりと、健康な肌をつくるために24時間、365日休みなく働いている善玉菌のこと。健康でみずみずしい肌にはこの美肌菌の割合が高く、反対に水分量が低く赤みが強い敏感肌には少ないことがわかっているのです。

肌荒れ予防と美白を同時に叶えるなら!敏感肌でもOKな薬用美白ケア

つまり、敏感肌症状を改善するためには、美肌菌を増やして肌を土台から健康にすることが大事!そして、敏感肌特有の赤みや暗さを改善し、透明感のある肌を目指すためには美白ケアも欠かせません。

しかし、「美白ケアアイテムは刺激が強いイメージがあるから使用を諦めている……」という敏感肌の人も多いはず。そんな人におすすめなのが、敏感肌用の薬用美白ケアアイテムです。薬用美白ケアができる商品を使えば、敏感肌でも美白ケアが可能に!肌荒れを予防しながら、 ニキビ跡や肌荒れ跡などの赤みと、シミ・そばかす、乾燥などで肌が暗くなるのを防ぐ美白ケアが同時に行うことができます。

洗顔と紫外線予防でアップ!スキンケアと同時に行うべき美白ケア

スキンケアを最大限効果的にするためには、洗顔も大事なポイント!洗顔で日中や寝ている間に毛穴に詰まった空気中の汚れや皮脂や汗を取り除き、肌を清潔にしてからスキンケアを行うようにしましょう。

洗顔で肌に負担がかかるのが心配……という敏感肌の人は、肌に合ったクレンジングや洗顔料を選ぶのがコツ。低刺激設計で、美容成分や肌荒れ予防有効成分が配合された、薬用美容洗顔料を選ぶと良いでしょう。

とはいえ、洗顔とスキンケアアイテムで美白ケアをいくら頑張っても、紫外線をたくさん浴びてしまっては意味がありません。日焼け止めや帽子などでしっかりと紫外線対策を行ったうえで、朝晩の美白ケアをしましょう!

透明感溢れる、みずみずしい肌は印象アップ間違いなし。
薬用洗顔とスキンケアアイテムを使って、
敏感肌でもOKな美白ケアを取り入れてみてくださいね。

(文・大西マリコ)


おすすめ商品

商品画像

薬用化粧水
ホワイトニングクリア ローション MB(医薬部外品)

シミも赤みも残したくない。みずみずしい透明美肌に導く薬用化粧水

詳しくはこちら

商品画像

薬用乳液
ホワイトニングクリア エマルジョン MB(医薬部外品)

シミも赤みも残したくない。みずみずしい透明美肌に導く薬用乳液

詳しくはこちら

商品画像

洗顔フォーム
エッセンスイン クレンジングフォーム(医薬部外品)

クッション泡でやさしく落とし、肌あれまで防ぐ

詳しくはこちら

関連記事

全記事を見る