「ときどき敏感肌」研究所

花粉・大気汚染対策

肌荒れも花粉症の一種!?敏感肌がなりやすい「花粉皮膚炎」とは?

更新日:
2017.12.21

少しずつ暖かくなると、春はもうすぐそこ。新しい出会いやイベントも多く、おでかけも楽しくなる季節ですよね。そんな春先のお悩みといえば、「花粉」という人も多いのではないでしょうか。実はこの花粉、肌にも大きな影響を及ぼしていて、花粉症でない人でも春先は肌の調子が悪くなったり肌が敏感になったりすることがあるのです。そこで今回は、肌荒れを引き起こす花粉と、その対策についてご紹介します。

くしゃみや鼻水だけじゃない!肌荒れも花粉症の症状!?

今や国民病とも言われている、花粉症。症状としては、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどがよく知られていますが、実は肌荒れによる肌の赤みやかゆみといった症状もそのひとつだということは意外と知られていません。

資生堂が敏感肌意識のある人を対象に行った「敏感肌と花粉に関する意識調査」によると、肌トラブルの症状として最も回答が多かったのは、「春のかゆみ」でした。しかし、かゆみを感じている人たちのうち、「花粉症である」と回答した人は41.5%。つまり、半数以上の人は花粉症を自覚していないけれども、春先に肌荒れ症状を感じていました。

このことから、くしゃみや鼻水といった一般的な症状がないため、自分は花粉症ではないと思っている人も、実は花粉の影響を受けているということがわかります。

敏感肌さんはとくに注意!「花粉皮膚炎」とは?

花粉の影響を受けて起きる肌トラブルは「花粉皮膚炎」と呼ばれており、主に2月〜4月のスギ花粉の飛散量が多い時期に症状が出る人が多いです。ここでは具体的な症状と、気をつけるべき肌タイプをお伝えします。

花粉皮膚炎の症状

肌の乾燥、ほのかな赤み、チリチリとくすぐったいようなかゆみが主な症状。ジクジクしたような重い症状はなく、上まぶた、頬骨、あご、首など、露出が多い部分に発症しやすいのが特徴です。

敏感肌タイプはとくに注意を!

花粉皮膚炎は肌のバリア機能低下により、花粉やアレルゲンが皮膚に侵入するのを防げなくなることが原因。乾燥した状態の肌は、肌表面のきめの乱れや角層のめくれあがりなどが起こっており、 外からの刺激を受けやすくなっている状態なので、花粉皮膚炎にかかりやすくなっています。また、普段敏感肌でない人も、春先は乾燥の厳しい冬を過ごした春先の肌はデリケートな状態になので、注意が必要です。

春先の肌荒れを防ぐ!花粉皮膚炎の予防と対策

敏感肌の人はもちろん、美肌キープのためには誰しも気をつけたい、花粉皮膚炎。花粉から肌を守るための方法を知って、次の春はすこやか肌で快適に過ごしましょう!

花粉から肌を守る予防策

花粉を肌に直接触れさせない

最も重要なことは、花粉を肌に触れさせないこと。外出から帰宅したら肌に付いた花粉を洗い流したり、外出中もできるだけ花粉が肌に触れないようにメガネやマスクで肌を覆うと効果的です。また、見逃しがちなのが髪の毛。花粉が付いた髪の毛が顔にかかって肌荒れの原因になるので、まとめ髪にしたり帽子を被ったりするようにしましょう。

バリア機能を低下させない

肌のバリア機能が低下すると、少しの刺激にも反応する敏感肌の状態になり、かゆみやヒリヒリ感といった肌トラブルが起きやすくなります。朝晩、しっかりと保湿し、日頃からスキンケアで肌をすこやかに整えておくことが大事です。

花粉皮膚炎?と思った時の対策

肌をいたわりながら洗顔&保湿を

花粉を落とそうと思って肌を擦ったりゴシゴシ洗ったりするのはNG。肌がデリケートになっている時は、低刺激の洗顔料・クレンジングを使って余分な皮脂や汚れをやさしく洗い流しましょう。肌にとって、必要な保湿成分まで失われないようぬるめのお湯を使い、十分泡立てて洗顔するのがポイントです。洗顔後は、乾燥を防ぐため、すみやかに保湿をしましょう。

毎年訪れる、花粉の季節。スキンケアと
徹底した花粉対策で美肌をキープして、
春を思いっきり楽しみましょう!

(文・大西マリコ)


おすすめ商品

商品画像

日中用保護美容液・化粧下地
アレルバリア エッセンス BB

花粉・ちりなどの微粒子汚れから肌を守り、色ムラもカバー

詳しくはこちら

関連記事

全記事を見る