「ときどき敏感肌」研究所

メイク

カサつくのにベタつく!春の敏感肌を乗り切る、救世主ファンデとは!?

更新日:
2020.03.19

化粧のりがイマイチ……春の敏感肌に悩む人は91%以上!

本格的な春を前に、寒い日と暖かい日が繰り返されて体調を崩しやすいこの季節。肌も例外ではなく、乾燥するのにベタつきが出るなど、季節の変わり目特有の不安定さに悩まされている人も多いのではないでしょうか。

とくに困るのが、化粧のりの悪さと化粧くずれ。気温が上昇して皮脂分泌が増えることや、花粉や乾燥による肌荒れから、ファンデーションのつきやもちが悪くなることが原因です。季節の変わり目は肌のバリア機能が弱っており、アンバランスな肌状態になっているので、皮脂くずれ、乾燥くずれの両方が起こりやすくなっているのですね。

実際、春先に「日中の化粧くずれに悩む」という女性は91%(※)にものぼることが分かっています。

※2019年8月調査 敏感肌20~40代女性 n=100

乾燥くずれ&皮脂くずれに!アンバランス肌に最適な薬用ファンデーションとは?

身だしなみとして、ほぼ毎日行うメイク。だからこそ、「化粧のりの悪さをどうにかしたい!」と思うものの、ベタつきも乾燥も感じるアンバランスな春の肌。「パウダータイプのファンデーションだと乾燥するし、リキッドだとベタつきが気になる……」というように、ベースメイクアイテム選びはとても難しいですよね。

さらに、肌荒れを隠そうと厚塗りになって見た目が美しくないなど、どう対策していいか分からずに毎年困っているという人も多いはず。

そんな悩みを解決してくれるのが、薬用タイプのベースメイクアイテムです。薬用タイプのベースメイクアイテムは、文字通り肌荒れやニキビケアといった薬用スキンケア効果があるのが特長。肌荒れが気になるときにも使えるよう、肌にやさしい低刺激設計なので安心して使用することができます。

なかでも皮脂くずれと乾燥くずれの両方が気になる時期におすすめなのは、パウダータイプのファンデーション。ふんわりとしたパウダーは、つけ心地が軽い一方で肌にフィットするので、なめらか肌に見せながら化粧くずれしにくい肌を叶えてくれます。

キレイを長時間キープ!外出先でできる化粧直し方法

メイクが崩れやすい春先、アイテム選びも重要ですが、キレイを長時間キープしたいなら化粧直しの方法も知っておくとベスト!最後は、おでかけ先で簡単にできる化粧直しの方法をご紹介します。

キレイが続く!化粧直しの方法

■皮脂くずれが気になる場合
オイルオフペーパーで、皮脂くずれが気になる部分をおさえる。
★POINT:スポンジのきれいな面でくずれたファンデーションを取り除くと、よりキレイな仕上がりに!

■乾燥くずれが気になる場合
①乾燥くずれが気になる部分に少量の乳液をとり、やさしくなじませた後、おさえてフィットさせる。
★POINT:広範囲にくずれている場合は、乳液や下地などをつけ直してよくなじませましょう

②ごく少量のファンデーションをスポンジにとり、軽くおさえるようにつける。
★POINT:化粧直しは薄めに仕上げるのが、厚塗り肌にならないコツです!

皮脂も乾燥も気になる、アンバランスな春先の肌。
化粧くずれが気になるベースメイクは、
アイテム選びと化粧直しをマスターして、
キレイ肌を長持ちさせましょう!

(文・大西マリコ)


おすすめ商品

商品画像

薬用パウダリーファンデーション
薬用 スキンケアファンデーション(パウダリー)

ふんわりと軽やかな使い心地で、使うたび肌あれを防ぎ、素肌の美しさまで叶えます。

詳しくはこちら

商品画像

薬用リキッドファンデーション
薬用 スキンケアファンデーション(リキッド)

しっとりとなめらかな使い心地で、使うたび肌あれを防ぎ、素肌の美しさまで叶えます。

詳しくはこちら

関連記事

全記事を見る