疲れた印象を与えているのは肌の暗さだった!?肌の明るさと印象
レポート

メンズスキンケアをテーマに、20~50代のビジネスマン600人を対象に
アンケート調査を実施し、
“疲れた見た目”がビジネスに及ぼす影響などを分析しました。

肌の明るさが
“疲れた見た目”に影響する
ことが明らかに!

アンケート結果1

ビジネスマンが疲れていないのに
“疲れてる?”と
言われた経験は、
約8割にも及びます

職場の人や家族など周りの人から
「疲れてる?」と言われた経験

計76.5%

アンケート結果2

疲れて見えるかどうかは、
肌で判断されている!

相手が疲れているかどうかを
判断するポイント(複数回答)

顔79.9%

「肌の状態」のなかで「疲れている」
と判断するポイント(複数回答)

明るさ59.2%

アンケート結果3

肌が明るくなるにつれ
「信頼感」「憧れる」「魅力」の
評価が向上。

肌が暗いほど疲れて見える

グラフ:肌が暗いほど疲れて見える

肌が明るいほど信頼感を感じる

グラフ:肌が明るいほど信頼感を感じる

【アンケート調査概要】

  • ● 対象者条件および割付:首都圏在住の20~50代のビジネスマン 600名(各年代150人)
  • ● 調査手法:インターネット調査
  • ● 調査実施時期:2018年10月31日(水)~11月1日(木)

調査 1

事実、
肌には明るさが存在します

肌が明るいほど健康的に見られ、
暗くなるほど疲れて見られる
ことが明らかに。

試験にて提示した肌画像の例※1

暗い疲れて見える
信頼感を感じない

写真:肌が暗い

明るい疲れて見えない
信頼感を感じる

写真:肌が明るい

※ 写真は、試験に用いた肌画像から作成したイメージ
(CGにて合成)

※1 肌の明るさと印象との関係調査概要 ● 対象者:資生堂グローバルイノベーションセンター内の25~34才の男性12人 ● 調査手法:パネル調査 ● 調査実施時期:2018年5月30日(水)~6月1日(金)

調査 2

肌がくすんで暗く見える原因

それは、乾燥して
キメが乱れているから。

肌表層のイメージ図

肌表面に凸凹があり、
光が乱反射するためくすんで暗く見える

顔79.9%
乾燥してキメが乱れている肌

肌表面が滑らかで、
光が正反射するため明るく見える

明るさ59.2%
うるおってキメが整っている肌

ページトップへ