かさかさ肌のこと

寒い季節ははだがちょっとかさかさしない?どうしてかさかさするのかなあ…。気になるはだのことについて調べてみるね。

肌はからだを守るバリア

はだは、私たちのいちばん表面にあるもの。
からだの中から大事な水分などが、にげないようにたもってくれます。
また、からだの外の紫外線しがいせん乾燥かんそうなどからも守ってくれます。
そう、ふだん気づかないけれど毎日、はだは大かつやく!
だからちゃんとはだのこと、大切にしなくっちゃね。

肌のしくみ

あとにでてくる図を見てね。
これははだの中がどうなっているのかを表わしたものだよ。
はだの表面は、あつさ0.2ミリほどの表皮ひょうひでおおわれています。
そして、その外側をおおっているのが角層かくそう
わずか0.02ミリ、ラップ1枚くらいのあつさだよ。

角層かくそうは、表皮ひょうひのいちばん下のそうで生まれて、だんだんはだのいちばん上のそうまでおし上げられたもの。
はだの表面にしばらくの間とどまり、やがてアカやフケとなってはがれ落ちます。
このはだのしくみのことを「ターンオーバー」といいます。
生まれ変わるまでの時間は、約6週間。
ターンオーバーは、いつもはだを健康にたもつための大事なしくみなのです。

ターンオーバーのしくみ図

冬の肌は要注意!

表皮ひょうひの生まれ変わるターンオーバーがスムーズに行われることで、よい状態じょうたい角層かくそうがつくられます。
でも、ターンオーバーがうまくいかなくなると、ちゃんとした角層かくそうができなくなってしまうのです。

これでは、水分などがにげないようにたもったり、
紫外線しがいせん乾燥かんそうから守ったりする角層かくそうのはたらきが弱くなってしまいます。
はだがかさかさしたり、はだあれになったりするのは、こうした状態じょうたいのときです。
ターンオーバーがうまくいかなくなる原因げんいんのひとつは、気温や湿度しつどの季節による変化。
冬になって気温(室温)が下がると、はだのあぶら分(皮脂ひし)をたもつはたらきが弱くなってしまいます。

また、冬は湿度しつども下がり乾燥かんそうしているので、はだからうばわれる水分の量(水分蒸散量じょうさんりょう)が多くなります。
そうなると、はやくはだのダメージを直そうと、大急ぎでターンオーバーが行われるので、
不完全な角層かくそうがつくられてしまうというわけ。

季節による水分蒸散量:夏しっとり、冬カサカサ。季節による皮脂量:夏ベタベタ、冬さらさら。

こうした状態じょうたいをそのままにしておくと、はだを守るしくみがますますこわれてしまい、
はだのかさかさやはだあれがもっと悪くなることも……。
それを食い止めて、すこやかなはだたもつためには、ちゃんとお手入れをすることが大切ですね。

お手入れの方法

お手入れしなくちゃいけないのは、なにも顔のはだだけではないよ。
冬は、からだやくちびる、それにかみだって乾燥かんそうなどにこまっています。
ひとつひとつ、冬のお手入れの方法について紹介しょうかいするね。

あらうときには、ぬるま湯で。あまり熱いお湯を使うと、
はだのあぶら分をとりすぎて、かえって乾燥かんそうしてしまいます。
ぎゃくに、冷たいと毛穴けあながひきしまってしまいよごれが落ちにくくなります。
顔をあらったら、すぐに化粧水けしょうすいやクリームではだのうるおいを保つようにしましょう。
スキーなど外で遊ぶときは、日やけ止めをわすれずに。
冬でも紫外線しがいせんは強く、はだあれをひきおこす原因げんいんになります。

からだ

熱すぎるお風呂ふろは、顔と同じく乾燥かんそうをまねくので注意を。
ぬるめのお湯(38~39度くらい)に10~15分(あせばむくらいが目安)、
ゆっくり入ってからだを温めると血行がよくなり、
全身の新陳代謝しんちんたいしゃ(新しいものが古いものと次々に入れかわるしくみ)もよくなって、
ふや筋肉きんにくへの栄養補給ほきゅうを高めてくれますよ。

風呂ふろあがりには、ボディーローションなどでうるおいをたもつお手入れを。
特に、ひじやひざ、かかとはかさかさしやすいので、しっかりケアしてくださいね。
手足は、うるおいをつくるあぶらのせんがほかの部分より少なく、
洋服からでていることも多いので、紫外線しがいせん暖房だんぼう影響えいきょうなどを受けやすく、
外気が乾燥かんそうする冬は、うるおいが失われて乾燥かんそうしがち。
手をあらったら、ハンドクリームをつけるのも乾燥かんそうから守る方法だよ。

くちびる

くちびるは、特にうすく、水分をたもつ力が十分でなく、
うるおいをつくるあぶらのせんやあせをだすせんがないので、乾燥かんそうしやすい部分です。
リップクリームをこまめにぬって、うるおいをたもつことが大切。
したでペロッとなめてぬらしても、効果こうかはないゾッ!

冬は室内の空気も、暖房だんぼうで思った以上に乾燥かんそうしているもの。
長い時間、暖房だんぼうのきいた室内にいるとかみの毛の水分は、
どんどん失われていたんでいくので注意が必要ですね。

シャンプーをするときは、まずよくかみをぬらしてからあらうとよごれも落ちてよくあわ立ちます。
かみ全体にあわがゆきわたるように、シャンプーは数ヶ所に分けてなじませます。
そして、ゴシゴシらんぼうにシャンプーしないこと。

さらさらタイプのシャンプーを使っていてかみがパサパサしたら、
しっとりタイプのものにかえてみましょう。
かみいたみがひどければ、リンス(コンディショナー)のかわりに
トリートメントを使ってかみにうるおいをあたえてみるのもよいかも。

おすすめの食べ物

はだのしくみやお手入れの方法、ちゃんとわかったかな?
良質りょうしつなたんばくしつやビタミンC、はだ回復かいふくを助けるビタミンA、血液けつえきの流れをよくするビタミンEなどを、
ふだんの食事できちんととるようにすることも大切です。

だいず、にんじん、キャベツ、うなぎ、牛肉、みかん、たまご、あさり、かぼちゃ、パセリ、いちご、ほうれんそう

これからもわたしたちを守ってくれるはだ
どうかずっと大事にしてくださいね!!