日中のHAKU、誕生。
光を浴びる時間も味方に。

薬用 日中美白美容液
(医薬部外品)
HAKU メラノフォーカスUV

これ1本で、
日中の美白ケア・紫外線防御ができ、
下地としても使える。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ。

美白美容液と日中美白美容液でもっと攻めの美白ケア

成分・処方のメカニズム

光を浴びている時間を味方にして、
日中だからできる美白ケアのアプローチ。
メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ。
明るく透明感のある肌へ。

  • Wデイエフェクター×
    2種の美白有効成分を配合

    日中の肌環境に着目し、Wデイエフェクター*1(保湿)と美白美容液と同じ4MSK*2・m-トラネキサム酸*3を配合。日中だからできる美白ケア。

    1. *1 エクトイン、サンショウエキス、グリセリン
    2. *2 4 - メトキシサリチル酸カリウム塩
    3. *3 トラネキサム酸
  • SPF50+・PA++++

  • トーンアップ効果で、
    明るく透明感のある仕上がり

    ファインレッドパールαが効果的に光を放ち、シミや色ムラを目立たせない。化粧下地としても使えます。

    After
    Before

    ファインレッドパールα配合。※仕上がりには、個人差があります。

  • みずみずしく、べたつかない使用性

    ・アレルギーテスト済み*
    ・ニキビのもとになりにくい処方*
    ・無香料

    • * すべての方にアレルギーが起きない、ニキビができないというわけではありません。

先行モニターからも大好評!

美白美容液と日中美白美容液でもっと攻めの美白ケア

ダブルで使用すると、1日中、隙のない美白ケアができる:99% ダブルで使い続けたい!:96%

資生堂調べ。2021年8月7日(土)~2021年9月4日(土) 35歳~69歳の女性のHAKU美白美容液ユーザー100名がHAKU 薬用 日中美白美容液を併用し、「そう思う」「ややそう思う」とWebアンケートにて回答した割合。

使い方ひとつで変わる!
美白ケアのコツ

正しい使用法でお使いいただくことが
美白ケアの重要ポイントです。
さらに気になる部分への
ケアについても伝授します。

ご使用方法

  1. STEP.1

    手のひらに1円硬貨大よりやや小さめの量をとります。

    • ※トーンアップしながらカバーして明るさと白さを与える仕上がりの商品ですが、白さが気になる場合は量を加減してください。
  2. STEP.2

    右図のように広げます。

  3. STEP.3

    指全体を使って、中心から外側へ横に広くのばすようにしてなじませます。

  4. STEP.4

    最後に手のひら全体で顔を包み込むようにフィットさせます。化粧下地としても使えます。

  5. 気になる部分には?

    紫外線の影響をうけやすくシミのできやすい目の下のほおや鼻には、さらに少量とり、とんとんと密着させるようにやさしくなじませます。

ご使用順序

朝 化粧水→美白美容液→乳液→日中美白美容液

※朝のスキンケアの最後にご使用ください。