オプチューン ジャーナル Optune Journal

Lifestyle column自分の好きな空間をつくる、
手段としての整理収納

  • Lifestyle

家のなかは、最高にリラックスできる特別な場所。だからこそ、すっきりと片づいた心地いい空間にしておきたいものです。でも、何かと忙しいと、部屋をきれいに保つことって意外と難易度が高いもの。
「自分の大好きな空間をつくりあげる作業と考えたら、片づけって実はとても楽しいものなんです。」と語るのは、整理収納アドバイザーとして活躍する梶ヶ谷陽子さん。
そんな梶ヶ谷さんに、整理収納に欠かせない考え方を教えてもらいました。

ものを「整理」する

「片づけ」を上手に行うには、何よりも順番を理解することが大切なのだとか。
「まずは家のなかにあるものを『整理』することが大事。整理は不要なものを取り除くことで、自分にとって本当に必要なものか、大好きなものかって、1つ1つ丁寧に向き合っていくこと。しっかり整理して必要なものだけになった状態で、それを収めていく作業が『収納』。どうやっても部屋が散らかってしまうのは、整理をせずに収納をしてしまうからなんですよ」。

なるほど、見えない場所に無理にしまっても、根本的な解決にはならないんですね。とはいえ、吟味するって難しい。あれもこれもとっておきたいと考えてしまうタイプの人は、どうやって整理をしたらいいのでしょうか。

「1年で一度も使わなかったもの、思い出や思い入れがないもの、この先必ず使うとは言い切れないもの。この3拍子が揃っているものは、必要ないものだと考えるんです。これを基準に整理していくだけで、かなりすっきりします。」

「整理」は、片づけで最も難しいところだと言う梶ヶ谷さん。だからこそ、自分のペースで少しずつ行うことが大切だと説きます。

「整理のクセをつけるためには、お財布の中身や冷蔵庫の中など、範囲が小さくて、必要か不要かの判断がつきやすいところからはじめるのがおすすめ。肩の力を抜いて、まず身近なところからやってみることが大切。」

「分かりやすさ」を大切にする

きれいに整理しても、それをキープすることができず、気づくとまた家の中が乱雑になってしまう。そんな人、きっと多いと思います。

「行動と収納を合わせることも大切です。例えば私の家では、家族全員がソファに座ってお菓子を食べたり、TVを見たりするんです。つまり、ソファ周りにいる時間が長い。だから、ゴミ箱やティッシュ、リモコンなどよく使うアイテムをまとめてカゴに入れ、ソファの下に収納しています」。

習慣に合わせて収納すれば、出したものもすぐにしまえ、片づけしやすくなるんですね。

「引き出しのなかもすべてラベリングして、何がどこにあるのか、どこにしまえばいいのかをひと目でわかるようにしています。こうすることで探す手間も省けますし、子どもたちから『〇〇どこ?』『〇〇取って』と言われたりすることもなくなるんです。」

「何でも見えないところに収納してしまえば、一見すっきりした部屋になるかもしれません。でも、それっていちいち出したりしまったり、暮らしにくいですよね。だから私自身、よく使うものはあえて見えるところにしまっています。『分かりやすさ』を優先して収納すると、家族も自分でものをしまってくれるようになり、自分の時間も作りやすくなりますよ。」

最初に仕組みをつくってしまえば、あとがラクになる。確かにこの方法を取り入れれば、心地よい暮らしに繋がりそうですね。

片づけは、「好き」や「大切」を見極めること

「自分にとって大切なものや大好きなものだけを置く、という整理の方法論は、片づけだけでなく生き方にも応用できるんです。今本当に必要な人間関係ってなんだろう? とか、私にとってこれは大好きな仕事なんだろうか? とか、1つ1つをしっかり見極められるようになる。そうすると、家のなかも、付き合う人たちも、仕事も、自分に必要なものだけを残せるようになって、毎日がもっと心地よくなると思います」。

片づけは、自分を知る作業でもあり、心地よく生きるためのベースづくり。
自分の大好きな空間をつくりあげる作業として、楽しみながら取り組むのが大切ですね。

梶ヶ谷陽子

整理収納アドバイザー・Bloom Your Smile 代表

2013年10月より整理収納アドバイザーとしての活動を本格的に開始。Amebaブログ「整理収納レシピ」が話題を呼び、2015年6月よりトップブロガーとして活動。間取りプランナーなど暮らしに関わる資格を多く保有し、講演、商品プロデュース、テレビ出演、書籍執筆など活動は多岐に渡る。

RECOMMEND

FAQ