オプチューン ジャーナル Optune Journal

Lifestyle column心も身体も肌も元気になる食事法

  • Lifestyle
  • Food

本物の美しさは、身体の内側からのケアがあってこそ。
「食べ物や飲み物には、自分自身を美しく変えていく力がある」と言うのは、女優であり、アーユルヴェーダ料理講師としても活躍する高瀬媛子さん。
とはいえ仕事などで忙しいと、毎日手の込んだ料理をつくったり栄養バランスをあれこれ考えたりするのは大変なこと。そこで高瀬さんに、毎日の暮らしに取り入れやすく、簡単にできる食事法を教えてもらいました。

アーユルヴェーダに学んだ、元気な毎日に欠かせないこと

アーユルヴェーダは、世界で1番古いといわれている古代インド発祥の医学。
「その人がその人らしく、幸せに生きられるようにケアしていく」理念があるのだそう。

「アーユルヴェーダでは、『個性』をとても重視します。人に得意不得意があるのは当然で、体質や性格の違いもそれぞれの資質。その個性を活かす生き方を幸福と捉え、その術として健康を大切にしようという考え方です。なかでも重要とされている一つが、元気の源『オージャス』の存在。オージャスとは、美しく魅力的に生きるために必要なエネルギー。心身の健康と肌の美しさを保つためにはオージャスを増やす意識が大切なんです」。

「私が日頃からおこなっているのは、ご飯の質にこだわること。特に、できたての料理からはたくさんのオージャスが摂れます。買ったものやレトルトではなく、シンプルでつくりたてのものを食べるようにするのがおすすめです。もし、忙しくて出来合いのお惣菜に頼るときも、お米だけは炊きたてのものを。炊きたてご飯には、オージャスがたっぷり含まれていますから。頑張り過ぎず、続けられることを大切にしましょう。」

毎日しっかり料理するのはハードルが高くても、ご飯だけなら無理せずできそうですね。

ほかにも、ローハニー、ナッツ、ドライフルーツ、完熟フルーツ、ギー(バターオイル)などにもオージャスはたっぷり含まれているとのこと。
「毎日を元気でパワフルに過ごせるのはもちろん、肌のツヤや透明感も高めてくれる」と高瀬さん。ちょっとしたおやつとして、意識して口にしたいですね。

日常の不調は白湯やスパイスでケア

少し風邪っぽい、疲れが溜まっている、肌の調子が悪い…そんな日常のちょっとした不調も、食べ物や飲み物を使ってケアができるそう。

「アーユルヴェーダで浄化の飲み物とされている白湯は、朝と寝る前、食事中や食後にも必ず飲んでいます。身体を温めるだけでなく、老廃物を流してくれるので、風邪っぽいと感じたときや胃腸の調子を整えるのにもおすすめなんです」

白湯はつくり方も大事。やかんや鍋にお水を入れて換気扇を回しながら火にかけ、沸騰したら蓋を取って10分くらい沸かし続けます。しっかり煮詰めることで浄化力が生まれ、味も甘くまろやかになるのだとか。

「疲れたり忙しかったりするときは、クミンを取り入れます。パウダーなら炒め物にパラっと足してもいいし、粒状のクミンなら小鍋やフライパンでしっかり炒ってからお湯を入れて煮だすクミンティーもいい。ターメリックには抗菌作用があるので、風邪の季節は積極的に使います。ご飯を炊くときに少し混ぜたり、温めた牛乳やアーモンドミルクにターメリックを少量溶かしたターメリックラテもおすすめ。また、上質なオイルは肌のうるおいに繋がるので、料理をするときは質や鮮度のいい油を使うことも大切です」。

クミンにもターメリックにも効能があり、体調を整える薬膳として使える、と高瀬さん。スーパーで売られているスパイスの小瓶を選べばお手軽です。いつもの食事や飲み物に混ぜるだけでいいから簡単に実践できますね。

食事は身体も心も人生も変えてくれる

アーユルヴェーダ料理という自分が整う食事法を見つけて10年。身体や肌がキレイになったのはもちろん、心の持ちようも以前とは変わったと言います。

「女優という仕事の中で、以前は自分を置き去りのまま役に合わせようとしたり、とにかく頑張らなければと空回りしたことも。でも、立ち行かなくなって疲れてしまい、アーユルヴェーダによる整えを始めました。自分が整ったことで、今の自分にできることを確実にこなしていけばいいんだという自信と勇気が生まれ、余裕を持てたんです。日々気持ちが楽になって、仕事だけでなくプライベートも昔よりずっと楽しめるようになりました」。

身体も肌も心も、個性があって日々変わるもの。高瀬さんが実践する食事法は、そのゆらぎを自分らしい美しさへ磨いていく方法ともいえます。毎日をイキイキと過ごし、豊かで楽しい人生を送るために必要不可欠なこと。食事は大切にしたい営みです。

高瀬媛子

女優・マハリシ アーユルヴェーダ ケアアテンダント・アーユルヴェーダ料理講師

1997年にTVCCMでデビュー。多くのCMやドラマ、映画などで活躍。近年では、身体のバランスをとる美しい食をテーマにアーユルヴェーダ料理教室を主催。DVD「高瀬媛子お家で出来るはじめてのアーユルヴェーダ」をリリースし、アーユルヴェーダ式ライフスタイルを追求している。

RECOMMEND

FAQ