美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2017/01/17

【肌荒れ・乾燥肌・敏感肌 対策レシピ】マーボーこんにゃく

【肌荒れ・乾燥肌・敏感肌 対策レシピ】マーボーこんにゃく

食は毎日のことだから、ちょっとしたアイデアやコツで、肌や身体にうれしい変化が♪ 美しくおいしい情報を求めて、資生堂ビューティー&ヘルスケアアドバイザーの中野三津子さんに、肌荒れや乾燥肌、敏感肌が気になる方向けの「美肌レシピ」を教わってきました!

<材料>2人分

1人分222kcal/調理時間30分

  • 生芋こんにゃく 240g
  • 豚ひき肉 100g
  • なす 2本
  • ほうれん草(茹でたもの) 40g
  • にんにく 1/2かけ
  • 生姜 1/2かけ
  • 万能ねぎ 5cm
  • 豆板醤 大さじ1/2
  • サラダ油 大さじ1
  • A
  • 水 200ml
  • 鶏がらスープの素(または、チキンコンソメの素) 小さじ1
  • オイスターソース 大さじ3/4
  • 醤油 大さじ1/2
  • 酒 大さじ1
  • 片栗粉 小さじ1と1/2
  • 水 大さじ1

<つくり方>

1.こんにゃくは臭みを取るために下茹でする。味がしみ込みやすいようにフォークで何ヵ所か刺して、スプーンで一口大に切り取る。
2.なすは一口大の乱切りにして、水に漬けてアクを抜く。ほうれん草は粗いみじん切りにする。にんにくと生姜はみじん切り、ねぎは小口切りにする。
3.フライパンに油を熱して、にんにく・生姜・ねぎ・豆板醤を炒めて、ひき肉を加える。ひき肉がポロポロになったら、こんにゃく・水けを拭いたなす・ほうれん草を加えて炒め合わせる。
4.Aを加えて煮立ったら火を弱め、2~3分煮る。水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。

POINT!

生芋こんにゃくは肌のバリア機能を高め、肌荒れやかさつきの予防・改善効果が高いセラミド。こんにゃくの中でも、こんにゃく芋の汚れや不用な部分を取り除いて、ミキサーにかけた後、煮詰めて作っていく"生芋こんにゃく"に多く含まれています。

POINT!

ほうれん草に含まれるカロテンは、必要に応じて体内で、肌の生まれ変わりをスムーズにするビタミンAに変わります。

美容の情報ページでは「かさつき」が気になる、肌荒れ・乾燥肌対策や、ゆらぎがちな「敏感肌」対策も紹介しています。プロの美容テクニック集も参考にしてみてくださいね!

お話を伺ったのは...
資生堂ビューティー&ヘルスアドバイザー・中野 三津子さん
栄養・美容・食物に関するビューティー&ヘルスアドバイザーとして講演や雑誌などの取材の対応や、内面美容の情報開発や美肌レシピの開発を担当している。

●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【肌荒れ・乾燥肌・敏感肌 対策レシピ】マーボーこんにゃく