美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/05/07

子どもの肌は拭いたら保湿!肌あれを防ぐ日中のスキンケア

子どもの肌は拭いたら保湿!肌あれを防ぐ日中のスキンケア

何もしなくても、うるおいたっぷりに見える子どもの肌。「子どもにスキンケアは必要ない」と思い込んでいませんか?そんな誤解が招くのが子どもの肌トラブルです。特に忘れがちなのが、お出かけ中のスキンケア。さっと手軽にできるポイントを押さえましょう!

汗と食べこぼしの放置は肌トラブルの原因に

子どもの顔を拭くママ

家族みんなでのお出かけは、リフレッシュできる楽しい時間。でも、子連れならではの苦労もありますよね。オムツはもちろん、びっしょり汗をかいたときや食べこぼしたときの着替え、タオル、ウェットティッシュ…。外出時の荷物がパンパン!というママは多いのではないでしょうか。

とくに子どもは汗っかきで、あせもができやすいので要注意です。また顔についた食べこぼしやよだれは、肌を刺激して湿疹・肌荒れの原因に。汗をかいたり汚れたりしたら、すばやくこまめに拭くことが大切です。

肌を拭いた後は保湿して乾燥を防ぐ

すこやかなつるつる肌の子ども

汚れた肌を拭いて清潔に保つのは大事なこと。ただし、肌を拭きっぱしにするのはNGです。

その理由は、子どもの肌の未熟さ。肌表面の角層の厚さは、大人の半分ほどしかありません。角層の水分や、水分を保持するセラミド、NMF(天然保湿因子)の量も少なめです。また皮脂も十分に分泌されていないため、子どもの肌は大人より乾燥しやすくデリケートなのです。

肌を拭くということは、肌を保護する皮脂も拭き取っているということ。そのため、肌を拭いた後はうるおいが蒸発しやすくなってます。乾燥がさらに進み、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまうことも…。

子どもの肌を拭いた後は、保湿剤などで保湿し、うるおいを守ってあげましょう。外出先で使うなら、シューッとひとふきするだけのミスト化粧水が便利です!

ミスト化粧水で日中保湿するときの注意点

日中のお出かけを楽しんでいるママと子ども

ミスト化粧水を選ぶとき、スプレーが勢いよく強めなものは避けましょう。子どもが怖がったり、肌が濡れることを嫌がったりします。なじませる手間もかかるので、ママもついおっくうになりがち。

スプレーがキメ細かく、ふんわりやさしい霧状の、肌あたりのよいものがおすすめです。メイクの上からでも使えるタイプなら、日中の乾燥が気になるママの保湿にも使えますね。

この条件を満たし、繊細な肌もやさしくうるおしてくれる、ドゥーエの保湿ミストに注目です。

いつでもどこでも、温泉水のミストで保湿ケア

乾燥や刺激に弱い繊細な肌の人も、毎日使い続けられるスキンケアを…。ドゥーエは、そんな思いからつくられた低刺激性スキンケア製品です。さまざまなテストを積み重ね、徹底して品質を追求。病院や調剤薬局でも取り扱っています。

2e(ドゥーエ) 保湿ミスト

2e(ドゥーエ) 保湿ミスト

乾燥した肌にしっとりうるおいを与えてくれる、スプレータイプの化粧水。顔はもちろん、全身の肌に使えます。

肌に必要なミネラルを、バランスよく豊富に含む「霧島・関平温泉水」を100%使用。厳選した成分でつくられた低刺激処方です。

<化粧水・ローション>
180g 1,944円(税込)
50g 756円(税込)
資生堂オンラインショップ販売価格

2e(ドゥーエ) 保湿ミスト

180g

2e(ドゥーエ) 保湿ミスト

50g

元気いっぱい動き回る子にもササッとスプレーできるから、外出先での使用にもとても便利!乾燥が気になるママの日中の保湿ケア、メイクの仕上げやメイク直しにもぴったりです。

「肌を拭いたらしっかり保湿!」を習慣にして、デリケートな子どもの肌をすこやかに保ちましょう。

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
スキンケア大学

スキンケア大学

スキンケア大学では、ドクターやビューティーアドバイザー、管理栄養士の協力のもと、
信頼・安心できる情報をお届けすることで、健康な肌・美しい肌を保つ「お肌のための暮らし」を提案します。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 子どもの肌は拭いたら保湿!肌あれを防ぐ日中のスキンケア