美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/06/11

「美眉を描くたったひとつのコツ」は○○の位置!プロが徹底解説

「美眉を描くたったひとつのコツ」は○○の位置!プロが徹底解説

女性らしく見せたい時は細めアーチ、キリっとした雰囲気を演出したい時は太めストレートなど、なりたいイメージに合わせて、眉の形を描き分けるのが今のトレンド。ただ、どんな形の眉を描くにしろ、忘れてはいけないのが「眉山」の存在です。そこで、ヘアメイクアップアーティストの松本聖子さんに、知っているようで意外と知らない、眉山の正しい決め方を教えてもらいました。

眉山が重要な理由をプロが解説

山の位置を間違えて眉を描いてしまうと、眉山付近にある骨や筋肉にフィットしないため、眉だけが顔から浮いてしまうことに...。洗練された美眉を描くためには、骨格にフィットさせるように山を意識して描くことが重要。それでは、プロが解説する眉山の決め方をチェックしましょう。

どんなトレンド眉も自然に♪ 眉山の決め方

眉山は、目尻の白目の終わりの真上にくるのが理想です。慣れるまでは、ブラシの柄などを目尻に当てて山の位置を決めると、分かりやすくてGOOD。また、山の頂点にペンシルアイブロウなどで小さく印をつけ、そこを起点に眉を描いていくと、山の位置がブレずにきれいな形の眉が描けます。
さらに、眉山と同様、どんな形の眉を描く時でも、眉尻は眉頭より下がらないのが基本。眉が完成したら、眉尻の位置が眉頭より上にあるかをチェックし、もし眉頭より下がっている場合は調整するのもポイントです。

つい眉頭から描き始めてしまうという人も多いと思いますが、まずは山の位置を決めて、眉山から描き始めることが、美眉メイクの最大のコツ。この法則を知っていれば、もう眉メイクを失敗しなくて済みそうですね!

photo:鈴木花美 model:山岡葵

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
松本聖子

松本聖子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

8年間のサロンワークを経たあと、資生堂の宣伝広告のヘアメイクを中心に、各地のコレクションやヘアメイクアップセミナー講師、トレンドや季節に合わせた美容情報の発信など多岐にわたり活動中。資生堂「&FACE」の商品開発、ソフト情報の作成にも携わる。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 「美眉を描くたったひとつのコツ」は○○の位置!プロが徹底解説