食事でもっと きれいに! 肌がよろこぶお料理レシピ

楽しむ

食は毎日のことだから、ちょっとした知恵やコツで肌やカラダにうれしい変化が!
毎日の食事の中で、おいしくて肌がよろこぶレシピをご紹介します。

資生堂ビューティー&ヘルスアドバイザー栄養士
日本健康指導支援機構(JHISS)認定 健康アドバイザー
中野 三津子

コラーゲンを含むレシピ

コラーゲンを生み出すための大事な原料になるので、毎日の食事で、日ごろから良質なコラーゲンやたんぱく質の摂取が大切です。
鶏や鮭などの皮の部分には、良質なコラーゲンがたくさん含まれおり皮ごと食べることで、たんぱく質とともにコラーゲンも摂ることができます。
コラーゲンは、煮込むと煮汁に溶け出しますので、味つけを薄くして煮汁も飲むといいですね。

良質な細胞をつくるレシピ

肌は、ターンオーバーを繰り返して、どんどん生まれ変わっています。
でも、栄養が足りず細胞が未熟な状態だと、その生まれ変わりがうまく行われません。
さらに、コラーゲンは線維芽細胞という細胞から生み出されますが、年齢とともに細胞の働きも低下するために、コラーゲンが生み出される量も減少します。
良質なたんぱく質をはじめ、バランスの良い栄養の摂取で細胞を元気にして良質なコラーゲンを生み出す環境を整えましょう。

ビタミンCを含むレシピ

食べ物から摂ったコラーゲンは、消化・分解された後、身体の中で再合成されますが、この時に必要なのがビタミンC。不足すると、合成がうまくいきません。
ビタミンCはその他にも、メラニンがつくられるのを抑え、濃くなったメラニンを薄くする働きがあります。また、抗酸化作用もあり、メラニンがつくられるメラノサイトに、悪影響を与える活性酸素を消去する働きもあります。
摂取してから1~2時間後に血中濃度がピークになり、時間とともに下がってしまうので、毎食ビタミンCを摂ることを心がけましょう

監修 中野 三津子 資生堂ビューティー&ヘルスアドバイザー栄養士
日本健康指導支援機構(JHISS)認定 健康アドバイザー

大学の栄養学研究室勤務の後、大阪府立の専門学校で食品衛生学などの講師を務める。同時に、企業の食品アドバイザーとしても活動。その後、(株)資生堂に入社。栄養・美容・食物に関するビューティー&ヘルスアドバイザーとして「美容のための栄養学」を全国の支店で講演。現在はインナーケアや美肌レシピの情報開発にとどまらず、美容業界での栄養学のテキスト執筆も手掛ける。

TOP