美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2015/05/09

5月10日は「コットンの日」!スキンケア効果倍増の使い方を伝授!

5月10日は「コットンの日」!スキンケア効果倍増の使い方を伝授!

5月10日は「コットンの日」。コットンは、化粧水や乳液をつけたり、メイクを落としたりと、毎日のお手入れに欠かせない存在です。そこで今回は、化粧効果を高めるコットンの使い方について、資生堂広報部の吉村智恵子さんにお話を伺いました。

実は手よりもしっかりなじむってホント?

コットンを使って化粧水や乳液などを顔になじませると、実は手を使った時よりも、肌へのなじみが良いことがわかっています。乾燥が特に気になる目元や口元などの細かい部分にも十分になじむから、乾燥やなじみ不足のベタつき感が気になる方にもぴったりなんですよ。

ムダを生まないために、コットンを正しく持とう!

せっかくの化粧水や乳液を肌にきちんと届けるためにも、正しいコットンの持ち方となじませ方をマスターしましょう。

正しいコットンの持ち方

1. 手のひらにコットンをのせ、化粧水や乳液などを含ませます。
2. イラストのようにコットンを横長に中指と薬指にのせ、人差し指と小指で両端をはさみます。

POINT!

乳液などがしみ込みにくい場合は、たれ落ちしないようにコットンを二つに折って、軽く含ませてから使うのがおすすめです。

顔の中心から外へなじませて!

1. 洗顔後、化粧水は500円硬貨大、乳液は10円硬貨大よりそれぞれやや大きめを目安にとります。
2. 最初に、ほおや額などの広い部分にコットンをあて、顔の中心から外側に向かってゆっくりと顔のすみずみまでていねいになじませます。首は下から上に向かってなじませます。

コットンを使って、気持ちよいケアを行うことで、きちんとうるおいを与え肌が育まれますよ! ぜひ試してくださいね。

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 5月10日は「コットンの日」!スキンケア効果倍増の使い方を伝授!